FC2ブログ

飛んだ!? (利根川 バス釣り)

2019.06.16

週末の天気予報では、土日共に大荒れの予報だったので

日曜日は、嫁の免許証更新の付き添いで、流山まで連れて行く約束でした。

しかし、朝起きてみると何て事はない、強風なものの久しぶりの快晴。

週末の天気予報はなんだったのか?

そしてネットで利根川の状況をチェックしてみると、

昨日の豪雨の割には、濁りも水位も水温も思ったほど悪く無さそう。

そうなると、もう行くしかありません。

午前中にシッカリ免許証の更新を終え、午後から利根川に行って来ました。





行先は、前回の反省を踏まえ実績のある、中流域の下流にある新テトラ帯です。 (14:00)

水位:+20cm 水質:濁りあり 流れ:? 天気:快晴 風:爆風


写真だと、そうでもないですが思っている以上に爆風です。

荒れた時は、テトラの中に避難しているかも? と期待を膨らませて

スワンプクローラーのショート・スプリットショット・ワッキーをテトラの穴に落とし

シェイクしたり、ロングステイしたりして粘りますが

まったく反応なし、ギルバイトすらなし。

でも、ベイトは風と波に追いやられ、沢山漂っているんですよね。


ただ不思議な事に、これだけ波風が強ければテトラのインサイドに

避難しそうなものなんですが

なぜか、今日はテトラのアウトサイドで波に揉まれながら漂っていました。

インサイドを流してから、ベイトの居るアウトサイドをチェックしようと思い、

ひたすらインサイドの穴打ちを繰り返して結局、根がかり。(笑)



回収不可能な時はマナーとして、なるべくルアーの近くでラインが切れるように、

スプールを抑えロッドごと引張り切ります。

(この方法、ベイトフィネススプールはシャフトが曲がるとの噂があります、注意です。)

「ぬ~~ん」 と限界までラインが伸びるのを感じ、

ラインの伸びが止まった瞬間、

「バッン!!」 と弾ける音と共にラインが切れました。

さすが巻き直したばかりの新品ラインなだけ合って、良い切れかた。

さて、気を取り直して、ガイドにラインを通していると???

何か変???

とても違和感を感じる・・・・・ 

半端ない違和感・・・・・・ ( ̄Д ̄;;



・・・・・・・・・・・

Σ(゚д゚lll)

トップガイドが・・・・・・ 飛んだ!?  (笑)

実釣時間 1時間30分 アウトサイドをチェックする事なく、終了です。(15:30)





実は、ガイドが折れて飛ぶ事に付いて、ある程度予想がついていました。

特に最近トップガイドが曲がる事が多くて、曲げ直しての修正を繰り返していたので

そろそろ金属疲労で逝くかもと思ってました。

そもそも、私のReビルディングした、このロッドのトップガイドは性能優先で

重量のあるトップガイド専用のパイプの付いたガイドではなく、

普通のKガイドを付けていたので強度的に弱いのです。

もちろん、強度不足は承知済みで、それでも性能優先にしたかったのです。

そうゆう訳で、決して「富士工業」さんのガイドが悪い訳ではありません。

私の使い方がオカシイだけです。 (ここ重要です)

普通の使い方をしていれば、何も問題は起こりません。


こんな感じで普通のKガイドをトップガイトとして取り付けてました。

これにより、トップガイド専用品のパイプ分、重量を軽くしました。

この程度で違いがあるのか、知りたいですか?

違いはあるはずなんですが、同時にいろいろ改造したので

これがトップガイドの効果だ、と厳密に言えるものは解りませんでした。

そして今度また、釣行中に飛ぶと面倒なので

次回はトップガイド専用品にしておきます。





今日の「落とし物」です。

魚は釣れなくとも、ルアーだけは拾います。(笑)


【デュエル】 ハードコアXX(ダブル-X) クランク3+ (BCLブルーバックチャート)

現在販売されているハードコアシリーズの一世代前のモデルです。

当時、各ジャンルの最高を目指して作られたルアーのようです。

14lbsフロロで3.2m潜るディープクランクです。

ボートだとディープクランク使ってる人、多いんですね。










関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ぽとぽんさん、お疲れ様です。
爆風凄かったですね!
私も攻略出来ませんでした。
いや、ぽとぽんさんはトップガイドが飛ばなければ攻略出来たかも知れませんね?

それよりも驚いたのはガイドのカスタム化です。
確か、セミマイクロ仕様にしてあると記事で読んだ記憶はあるのですが、ここまでこだわっているとは…
脱帽です。(笑)

No title

>>yossie さん
コメントありがとうございます。

トップガイド飛ばなくても、あのコンディションじゃ
私には釣れなかったと思いますよ。
風があまりにも強すぎて、釣れる気が全くしなかったですし。

ロッドカスタムを折角やるならメーカーでは出来ない事を
試してみようと思ってやってみました。
メーカーであのトップガイドだったら絶対クレームものですからね(笑)
でも、メーカーにしか出来ない事の方が多いのも実情ですね。
そんな中でも尖ったメーカーが、UFMウエダのPro4EXと
モーリスのグラファイトワークスで、思いっきりその影響を受けてます(笑)
訪問者数
現在の訪問者数
現在の閲覧者数:
プロフィール

ぽとぽん

Author:ぽとぽん
「ぽとぽん」のブログに
お越し頂き、
ありがとうございます。

利根川本流を中心に
岸から狙うバス釣りに
ついて書いてます。

一匹必釣を目標に
上流は栄橋から
下流は小見川大橋まで
走り回ってます。

決して釣りが上手い
わけではありません。
連続ボーズも当たり前ですが
利根川でバス釣りする方に
少しでもヒントになればと
思っています。

宜しくお願い致します。

メモ
上流域
(栄橋-長豊橋)
中流域
(長豊橋-水郷大橋)
下流域
(水郷大橋-小見川大橋)

カテゴリ
リンク
最新コメント
RSSリンクの表示
月別アーカイブ