FC2ブログ

バスが幻の魚に (利根川 バス釣り)

2019.09.22

今週末も、また大きな台風17号が来るみたいですね。

今度のは日本海側を通過するみたいなので、

こちらへの影響が少ないと良いのですが。

なにせ前回の台風15号の激風によってか、護岸の草が綺麗に無くなってましたから

お陰で移動が楽になったけど、自然の力て凄いなと改めて思いました。

そして、台風17号によって利根川が荒される前に行って来ました。

ただし今回は10:00までに家に帰る約束での、短時間勝負です。





日の出時刻頃の5:15に到着。

場所は、いつもの下流域の上流部にあるディープを直接狙えるテトラです。

水位:-30cm 流れ:なし 天気:曇り 風:なし

前回同様、風もなく水面は鏡状態。

やっぱり、こうゆう時はトップから。

ペンシルベイトをテトラのアウトサイドに投げます。

すると直ぐに反応が、

「バシャ」

「ボシュ」

「ちゅぽ」

と何度も小さな水飛沫を上げアタックして来るのですが前回同様、乗らない。

よほど小さい子バスなのか?

それとも違う魚がアタックしてきているのか?

今度は、水面直下をシャッドで巻いて来ます。

ストップ&ゴーを繰り返していると、今度もテトラのアウトサイドで

「グッグググ~」と良い感じのバイトが

そのまま、巻合わせ&スイープフッキングしますが

すっぽ抜け・・・・・ ( ˙▿˙ ; )

今のバイトで抜けるとは・・・ 

その後はバイトも無く、移動です。



数ヶ所寄って、最後の場所に到着。

上流域の下流部にある有名な水門群です。

既に時間も迫って来ていたので、スプリット・ショット・ワッキーでテトラを打ちます。

水通しの良さそうなテトラだけを集中的に打ちます。

すると「ゴゴゴッン」とひったくる強烈なバイト。

しかし、一瞬で放されフッキングできず・・・・ oTZ

本当に最近はショートバイトに、体が反応しなくなってきました。(笑)

ここで、10:00になったので今回もノーフィッシュで終了です。

あれっ? 10:00??



状況的には、

アタックしてくるのがバスかは解りませんが、

早朝は魚が浮いているようで、トップで何回も反応するぐらい活性が高いです。

ただ、日が昇ると、どこに行ったのか全く反応が無くなります。

やっぱり、沖のブレイクに沿って回遊しているのかな?


天気も良く、秋晴れの気持ちの良い日だったのに。

それにしても、この時期は本当に苦手だわぁ~。

バスが幻の魚に成りつつあります、こんなにバス釣りて難しかったけ?




さて、今日の「落とし物」です。


【バスデイ】 シュガーディープ 70F (G02 ヤマメ)

ネイティブトラウト用のルアーです。

ネイティブトラウト用のルアーて、早くて重い流れのかなでも安定して泳ぐように

作られているので、バスの超高速巻きに良いかもしれないですね。

そして、このサイズで2mまで潜ります。

会社名に「Bass」て入っているのにバスルアー無かったんですね、知りませんでした。

どうりでバスコーナーで見かけないわけです。

でも、昔は「バスデイ」のバスルアーあったような? 勘違い?




【ジャッカル】 マイクロ ポンパドール (ホネボネブラック)

名作ポンバドールに、こんな小さいサイズ(42mm)あったんですね。

ポンバドールと言うと、大きいイメージしかなかったので以外です。

そして、このカラー・ネーミングセンス、好きです。(笑)

このカラー、「ホネボネブラック」はイマイチですが

カタログに載っている他のカラーリングは結構好きかも。







スポンサーサイト



「伊藤 巧」プロ 2020年エリート昇格決定。 ヽ(^◇^*)/

2019.09.15

ついに、決まりましたね~。

何が決まったかって?

「伊藤 巧」プロ 2020年エリート昇格決定。 ヽ(^◇^*)/

今さら説明するのも何ですが



今年2019年からB.A.S.S.のバスマスター・セントラル・オープンに

プロ(ボーター)としてフル参戦されてます。

オープン戦は、エリート参戦権を手に入れる為の地区予選みたいなもので、

「セントラル・オープン」と「イースタン・オープン」の2地区に分かれており、

それぞれ、ツアー4戦で年間順位が競われ、年間5位以内の選手が

翌年エリート昇格の権利が貰えます。

そして、最後に両地区の選抜でチャンピオンシップが開催される仕組みです。

エリート戦の地区予選とは言ってもレベルは高いはず。

セントラルで291名、イースタンで301名の選手が参加してます。

その参戦1年目にして年間4位の好成績で終了し、バスマスター・エリートに昇格です。

これ、物凄い快挙だと思います。

今年からエリートに日本人選手がいなかったので、来年が楽しみですね。

失礼致しました。 今年からエリートに返り咲いた「宮崎 友輔」プロがいました。

個人的にはTBC(利根川バスクラブ)トーナメントで、越えられない壁だった

利根川最強の「沖田 護」プロを2016年に破ってAOYを取ってから、

一皮剥けて、激変したような気がします。 

たぶん、そんな気がするだけで実際は違うんでしょうけど。



この勢いで、バスマスター・エリートでも暴れ回って、

数年後には、実質トップカテゴリーになるMLFのバスプロツアーに招待され参戦して

トップを取って欲しいですね。

ここまで、勢いがあると大きな夢が見れそうです。





因みに、オープン戦に参戦していた他の日本人選手の年間成績は

セントラル・オープン
4位 伊藤 巧
12位 加藤 誠司
14位 青木 大介
16位 伊豫部 健
17位 木村 健太
27位 北 大祐
30位 北島 一輝
35位 松下 雅幸
41位 片岡 壮士

イースタン・オープン 
25位 加藤 誠司
30位 桐山 孝太郎
105位 並木 敏成
125位 伊豫部 健

何気に、ジャッカルの「加藤 誠司」プロが凄い。

もしB.A.S.S.が参戦者枠を100名+αまで戻すなら

「キムケン」まで昇格行けるかも?








解るかな~? (利根川 バス釣り)

2019.09.07

明日の日曜から月曜に掛けて、台風の直撃予報が出てますね。

被害が出ないと良いのですが。

でも、台風が来ると利根川の水が入れ替わるので

良い方向に向かってくれると嬉しいですね。

とは言っても、台風が来ると2週間は釣りにならないので

利根川へバス釣りに行って来ました。





今日は気合いを入れて、夜明け前の4:40頃に現地に到着です。

場所は前回釣った、下流域の上流部にあるディープを直接狙えるテトラです。

水質:普通 水位:-30cm 風:なし 天気:晴れ 流れ:順流

夜明け前なので周囲は薄暗く、無風の凪状態。

凄く、トップで出そうな雰囲気。

テトラのアウトサイド狙いでチマチマテラーを投げます。

予想通り、「ぽこっ」と可愛いバイト。

でも、乗らない。

時折トップには出るものの、やはり乗らない。

サイズが小さいみたいです。

今度は捕食しやすいように、水面下をフラッシュJのミドストで試すも、ノー感じだったので

場所移動します。





次の場所は、中流域の下流部にある過密テトラ帯です。

ここでもフラッシュJのミドストを投げていると、

フラッシュJより少し大きい子バスが追っかけてきます。

もしかすると、先ほどの場所でトップにバイトして来たのは、このサイズかも?


ここで、「ヨッシー」さんと再会。

「ヨッシー」さんに状況を尋ねると、なんと1匹釣ったそうです。 ( ^-^)/:★*☆オメデト♪
(詳細はリンク集にある「ヨッシー」さんのブログを見て下さいね。)

そこで、釣った状況を教えて頂くと、私の予想を超えた場所で釣ってました。

そして早速マネをして、投げてみるものの

聞きかじった程度で釣れるわけもなく、撃沈。 (ノ_-。)

その後、数ヶ所場所を移動し2バイトを得たものの、

結局ノーフィッシュで終了です。(10:00)


雲を見ると、台風が近づいて来ている感じがしますね。





過去の自分の統計によると、何故か9月は劇的に釣れなくなってます。

早速、その洗礼を受けてしまいました。(笑)

ふと思ったのですが、9月は水田の水を抜いたり、台風が来たり、台風に備え水門を開けたり

昼夜の気温差が大きくなったり、上流でゲリラ豪雨が降ったりで、

以外と利根川が安定していない季節なのかもしれないですね。

今日なんかは、台風に備え水門を開けたみたいで、結構水が減ってましたね。





さて、今日の「落とし物」は


これは何でしょうか? 解るかな~?

この状態で解るのは、基盤リップのフラットサイドクランクと言う事だけ。

この写真で、何のクランクか解った人は相当なマニアですね。(笑)

さて、答えは。




















【OSP】 HPFクランク -フラットサイドクランク- (ゴーストアユ G01)

私は使った事ありませんが、フラットサイドて一時期流行りましたよね。

このクランク、リップが短い割に2mを超える潜航深度を持ってる見たいです。





あっ! 因みにルアーの洗浄は

歯磨き粉(研磨剤入りの安い奴)と歯ブラシでゴシゴシするだけで、ここまで綺麗になります。










訪問者数
現在の訪問者数
現在の閲覧者数:
プロフィール

ぽとぽん

Author:ぽとぽん
「ぽとぽん」のブログに
お越し頂き、
ありがとうございます。

利根川本流を中心に
岸から狙うバス釣りに
ついて書いてます。

一匹必釣を目標に
上流は栄橋から
下流は小見川大橋まで
走り回ってます。

決して釣りが上手い
わけではありません。
連続ボーズも当たり前ですが
利根川でバス釣りする方に
少しでもヒントになればと
思っています。

宜しくお願い致します。

メモ
上流域
(栄橋-長豊橋)
中流域
(長豊橋-水郷大橋)
下流域
(水郷大橋-小見川大橋)

カテゴリ
リンク
最新コメント
RSSリンクの表示
月別アーカイブ