FC2ブログ

夏が近づいて来た (利根川 バス釣り)

2019.07.21

今日の午前中は晴れるって、言ってたのに・・・・

天気予報に騙されました。(笑)

今にも雨が降りだしそうな曇天の中、一ヶ月ぶりに利根川へ行って来ました。





久しぶりの釣行なので事前準備の為、ネットで下調べをしていると、

先週は皆一様に魚の死骸が浮いていて水が悪いと言っている。

一週間たって少しは回復したかな?



最初の場所は、下流域の上流部にあるディープを直接狙えるテトラから。

5:00スタートです。

水位:+100cm 水質:クリア 風:なし 流れ:逆流 天気:曇り 

確かに、魚の死骸が沢山浮いている。

しかし、その割には水質がクリア、一週間の間に水が入れ替わったのかな?

そして、やけに水位が高い。

上から水が落ちて来ている証拠ですね。

そして流れは、まだ逆流しているので、もっと水位が上がりそう。

魚の活性は、たまに大型魚がジャンプするぐらい、そんなに良く無さそうです。



まずは、ペンシルベイトからスタートです。

テトラのアウトサイドまで投げ、エッヂに浮いている魚を狙います。

今日は魚の活性が低そうなので、ポーズを多めに入れてアクションさせます。

1アクション&1ポーズ

直ぐに「こぽっ!」とバイトが出ますが、乗らず。

この反応なら今日は楽勝? (⌒-⌒)ニコニコ

その後も、「バシャ!」と派手に出てみたり

「ちゅぽっ!」と出てみたり。

結構トップに反応が良いですが、全て乗らず・・・・


そん中、私の心の中では

「ここは確実に釣る為、ノーシンカーに変えるか?」

「いやいや、どうせならトップで釣りたい。」

「でも、ブログに写真必要だし・・・ ここはコダワリを捨てて」

「でも、トップで釣りたい。」

そんな葛藤の中、「バシュ!」と言う音と共にルアーが消え、釣れたのは


可愛い、30cmクラスの子バスでした。

これじゃ、いくらトップに出てもフッキングしない訳だ。

だって


ラージマウスとは言っても、これじゃ上手く吸い込めないよね。

やはり、この後もトップに出るものの、ミスバイトの連続。

結局、逆流の流れが止まると同時にバイトもストップしたので

場所移動(2ヶ所)するも、魚の活性も低くノーバイト。

10:00に終了しました。





結局反応が良かったのは、朝一の1時間ぐらいだけでした。

あの時、コダワリを捨てノーシンカーを投げていれば、もう一匹ぐらいは釣れてたかも?

兎に角、朝一は反応が良かったです。 子バスの(笑)

子バスの反応が良くなって来たて事は、夏が近づいて来た証拠ですね。





ロッド
[ufmウエダ] Pro4 PB-60B(パーフェクション)
(スパイラル&セミマイクロガイド仕様等々、いろいろ改造)

リール
[シマノ] '01カルカッタ コンクエスト100
(Avail(CNQ1034)等々、いろいろ改造)

ライン
[クレハ] シーガー フロロマイスター
フロロカーボン14lbs

ルアー
[ズイール]
Bチマ・テラーⅡ 
(キャンディー系)








スポンサーサイト



修理ついでにアップデート?

2019.07.07

先日、改造したトップガイドが飛んだ、ufmウエダPro4 PB-60B(改)


トップガイドが見事に折れて無くなってる。

詳細は、過去記事で
http://potoponnoblog.blog.fc2.com/blog-entry-366.html





注文していたトップガイド(T-KGTT4.5F-1.8)が届いたので、修理してみました。

修理と言ってもエポキシでガイドを接着して、段差部分を処理するだけ。

あっと言う間に終了です。


今回、段差処理のスレッドは極少量にしました。

これは、もちろん感度を良くする為、少しでも軽くしたいからね。

それだけ、ティップ側の軽量化は効果が大きいのです。

その割には、フレックスコート(エポキシ)を盛り過ぎてしまいました。 (ー_ーゞ

それと、取り付け前にちょっと小技を追加


ノーマルのトップガイドです。


小技を入れたトップガイドです。

解りますか?

ブランクを差し込むパイプを1mm程カットしてます。

ロッドビルディングする人にとっては定番の技なんで、今さらですが。

私は道具を持っていないので、ここまでですが

更にこだわる人は、フレームも削ったりします。





ついでに、このロッドのガイドも交換。


スピニングロッドのガイド。

いえ、違うんです。


先ほどのベイトロッドPB-60B(改)のバットガイドなんです。(笑)

スピニング用のYガイドをラインの流れと、軽量化優先でバットガイドとして採用しました。

もちろん、「耐久性なんて知るかっ!」て感じで


ガイドが歪んで、ここのラッピングだけクラックが入ってます。

とにかく、「軽いのが正義」て考えでしたので。

我ながらに、アホですね~(笑)

しかし耐久性より、もっと大きなデメリットが出てたので交換します。

そのデメリットとは、

荷重が加わっても、ガイドが歪んでロッドパワーが上手く伝わってない・・・・・

これ致命的です。

魚をリフティングさせたり、フッキングするときに大きなロスになってます。

もちろん、このガイドをスピニングで使う分には、全く問題ないんですが、

ベイトだと力のかかる方向が逆になるので、簡単に歪んでしまうんです。


見るからに簡単に歪みそうですよね。

そもそもスピニング用で設計されているので、当たり前ですよね。

その為、ダブルフットのガイドに交換します。





ついでに、ブランクとガイドの点検をしていると


バットガイドと次のガイドの中間点のブランクが削れてるのを見つけました。


約0.1-0.2mmぐらい凹んでる?!

本気!?・・・  ( ̄_ ̄|||) どよ~ん

ブランク、あと何年持つかな・・・・ その内、応力集中で折れるんだろうな。

そして原因を探すべくラインを通して、あっちに、こっちに曲げたりして確認したんだけど

どうやってもラインが擦れる事が無い。

そうなると、キャスティング時にラインが暴れて接触しているとしか考えられない。

しかたないので在庫のガイドを使ってセッティングの見直しです。


現在は90°ピッチでスパイラルさせています。

それを定番の60°ピッチに変更してラインの暴れを制御する事にします。

ただし、0°⇒180°までのガイド間距離が「425mm」でガイド数「3個」だったのを


同じ0°⇒180°「425mm」で「4個」にしてみました。

バット部のガイド密度が高くなり、詰まった感じになってしまいましたが

これを採用した事にも理由があるのです。

ブランクに対し捻じれる力はできるだけ、丈夫なバット部で終わらせたいのです。

ロッドに負荷(魚が釣れた時)が掛かった際、スパイラル部分のガイドには、

0°と180°のガイドがロッドを曲げる方向(リフティング力)に、

60°と120°のガイドがロッドを「ねじる」方向に対し主に力が掛かります。

その為、ティップやベリー部でスパイラルすると、ロッドがぶれやすくなるのと、

破損しやすくなるからです。

そして、全体的にバランスよく配置してしまうと、相対的にティップ部の

重量が増えてしまうから。

そして、ここに取り付けるガイドにも小技を入れます。


ノーマル状態の「T-KWSG10M」です。


両方のフット先端をカット。

勿論これだけでなく、全てのガイドフットをカットしてあります。

このような細かいチューニングて、ロッドメーカーではやれない部分で

自作だからできる部分。

でも、モーリスグラファイトワークス(安達さんのロッド)は、普通にガイドカットしてて

更に、それ以上の事を採用してるんですよね。

恐るべし。





最終的には、下記のガイドセッティングになりました。

さて、上手くいくと良いんですが。

左から、ガイド間距離、リングサイズ、回転角度、型番、リング種類

テップ側から

0   4.5  0° T-KGTT-4.5-1.8 TOR
120 4.5  0° T-KTTG-4.5    TOR
120 4.5  0° T-KTTG-4.5    TOR
135 4.5  0° T-KTTG-4.5    TOR
155 4.5  0° T-KTTG-4.5    TOR
170 5.5  0° T-KTTG-5.5    Sic
190 7.0  0° T-LNSG-7      Sic
140 8.0 60°  T-LNSG-8      Sic
140 8.0 120° T-KNSG-8     Sic
145 10  180° T-KWTG-10M   Sic
425 (リールシートセンター)






結局、トップガイドを取り付けるだけの予定でしたが、

ロッドコンセプトを変更して、修理ついでにアップデート?する羽目に。

因みに元々のロッドコンセプトは

「超軽量=超高感度=正義」でした。

それを今回は、「バランス=正義」にコンセプト変更です。


それにしてもガイドコーティングの腕が落ちました。

スレッドからコーディングが、かなりはみ出してます。 ( ´△`)アァ-

しかもコーティングの乾燥の為、一晩ロッドドライヤーを使って乾燥させてたんですが

朝起きたら、ロッドドライヤーからロッドが外れ落ちて、

コーティング偏ってるし。 ∑( ̄[] ̄;)!ホエー!!

今回のセッティングで上手くいったら、やり直したいですね。





それにしてもガイドて高いですよね。

日本のロッドは、ほぼ富士工業の独占状態なので、とにかくガイド代が高い。

今回のトップガイド(チタンフレーム&トルザイトのフランジリング)1つで1,900円もする。

ロッド1本分(チタンフレーム&トルザイトリング)で8,000円ぐらいになります。

もっと安く供給してもらいたいです。  










最後まで読んで頂きありがとうございました。








2019.08.24

ガイドセッティング変更して少し使用したのでインプレッションです。

変化を感じられた点としては、


リグを操作している時の剛性感が上がった感じです。

何を言っているの? と思われるかもしれませんが、

ダイレクトにリグを操作できている感じがします。

剛性の高いトップガイドに変更したのが影響しているのかな?

そもそも、今まで使っていたトップガイドは何度も曲げ直して修正していたので

最後の頃は「ふにゃふにゃ」だったんだと思います。


若干ラインの抜けが悪くなりました。

軽いルアーをソフトプレゼンテーションしたときに感じます。

今までのスパイラルセッティングでは感じれれなかった違和感で、

たぶん、スパイラル部にあるガイドの影響だと思います。

等配でセットしただけと言う、安直な考えのガイドセッティングなので(笑)

ここは、要Reセッティングですね。


以上。








訪問者数
現在の訪問者数
現在の閲覧者数:
プロフィール

ぽとぽん

Author:ぽとぽん
「ぽとぽん」のブログに
お越し頂き、
ありがとうございます。

利根川本流を中心に
岸から狙うバス釣りに
ついて書いてます。

一匹必釣を目標に
上流は栄橋から
下流は小見川大橋まで
走り回ってます。

決して釣りが上手い
わけではありません。
連続ボーズも当たり前ですが
利根川でバス釣りする方に
少しでもヒントになればと
思っています。

宜しくお願い致します。

メモ
上流域
(栄橋-長豊橋)
中流域
(長豊橋-水郷大橋)
下流域
(水郷大橋-小見川大橋)

カテゴリ
リンク
最新コメント
RSSリンクの表示
月別アーカイブ