FC2ブログ

一生懸命、グリグリ (利根川 バス釣り)

2019.06.22

前日は局所的に集中豪雨があったようで、

成田市のイオンがいつも通り水没してニュースになってましたね。

集中豪雨の影響が少し心配だったのですが、日の出(4:30)スタートで

利根川へ行ってみました。





最初の場所は、例年この時期ハマるはずの中流域の下流部にある新テトラ帯です。

水位:+80cm 濁り:あり 流れ:逆流 風:微風 天気:曇り(蒸し暑い)

この条件だけでも凄く釣れそう、しかもトップで。

そこで、まずはペンシルベイトからスタートです。

しかし、思った通りには行かないもので、ノーバイト。

次はネコリグで、テトラの穴を打って行きますがノーバイト。

例年だったら、これで釣れているはずなのに・・・・

いつかは来るだろうと思っていましたが、遂に、このエリアも終了かな?

今度は、沖の沈み物を狙ってズル引きをしていると

40cmぐらいのバスがワームの後ろを追って来てます。

自分 : どうしよう?

自分 : 取り合えず、ステイ。

バス : ??

バス ; 少し後ずさりして、Uターン。

自分 : ミスった・・・・

その後は、ギルバイトしかなく場所を移動します。





次の場所は、下流域の上流部にあるディープを直接狙えるテトラ帯です。

先ほどのバスの行動から、バスはやる気がないと判断。

沈みテトラの上面をリアクション狙いで、ステイシーを超早巻きで巻きます。

バランスを崩さない限界速度で「グリグリ」巻きます。

兎に角、グリグリ巻きます。

一生懸命、グリグリ巻きます。

40cmぐらいのが追ってきましたが、それでも気にせず巻きます。

ステイなど余計な事をせず、巻きます。

先ほどのバスはバイトしませんでしたが、気にせず巻きます。

巻きます、巻きます。

たまに、水面から飛び出す事もありますが、気にせず巻きます。

精一杯巻きます。

すると、いつの間にか釣れてます。


25cmクラスの子バスです。

あまりにも引きが弱く、近くに来るまで気づきませんでした。(笑)

さっき追ってきた魚は、大きかったのに・・・・

この後は、反応もなく場所移動です。





下流域の主だったポイントを回りましたが、ノーバイト。

結局、朝一に入った中流域の下流にあるテトラ帯に入り直しました。

朝一、バスが追ってきたピンポイントを再度カットテールのネコリグでズル引きします。

すると、足元でラインが「スッ」と横に走ったので、間髪入れずフッキング!

フッキングと共に、一気にロッドが絞り込まれ45UPを確信。

自分 : これでブログネタができたと一安心。(笑)

そして最初のツッコミを耐えると、更にもう一段強烈にツッコんで行きます。

自分 : これバスの引きじゃなくない?

自分 : 絶対違う・・・・・

自分 : この引きの感じ、ヤツに間違い無い。


40cmクラスのアメナマでした。

引きは楽しいんだけどね。引きは・・・

この後も、やはりバイトは無く終了です。(11:00)





今日は雰囲気は最高だったんですけどね。

いかにもトップで釣れそうだったのに、トップには全く反応なし。

しかし、トップ以外のプラグやワームでは、ブログには書いていませんが

何度かルアーを追って来ているのを目撃しました。

サイズ的には35-40cmぐらいでしょうか?

ただ、全て追って来るだけでバイトしないんですよね。

なんでだろう?





ロッド
[ufmウエダ] Pro4 SGB-62B(スーパーグラビング)

リール
[シマノ] '01カルカッタ コンクエスト100
(Avail(CNQ1034)等々、いろいろ改造)

ライン
[クレハ] シーガー フロロマイスター
フロロカーボン14lbs

ルアー
[ラッキークラフト] 
ステイシー60SP
(ワカサギ)
シャロー専用に改造




メインロッドが使えないので久しぶりに、こいつを使いました。

久しぶりだったので、こんなロッドだったけ?と戸惑いながら。(笑)

次回は、どのロッドを使おうかな?






スポンサーサイト



飛んだ!? (利根川 バス釣り)

2019.06.16

週末の天気予報では、土日共に大荒れの予報だったので

日曜日は、嫁の免許証更新の付き添いで、流山まで連れて行く約束でした。

しかし、朝起きてみると何て事はない、強風なものの久しぶりの快晴。

週末の天気予報はなんだったのか?

そしてネットで利根川の状況をチェックしてみると、

昨日の豪雨の割には、濁りも水位も水温も思ったほど悪く無さそう。

そうなると、もう行くしかありません。

午前中にシッカリ免許証の更新を終え、午後から利根川に行って来ました。





行先は、前回の反省を踏まえ実績のある、中流域の下流にある新テトラ帯です。 (14:00)

水位:+20cm 水質:濁りあり 流れ:? 天気:快晴 風:爆風


写真だと、そうでもないですが思っている以上に爆風です。

荒れた時は、テトラの中に避難しているかも? と期待を膨らませて

スワンプクローラーのショート・スプリットショット・ワッキーをテトラの穴に落とし

シェイクしたり、ロングステイしたりして粘りますが

まったく反応なし、ギルバイトすらなし。

でも、ベイトは風と波に追いやられ、沢山漂っているんですよね。


ただ不思議な事に、これだけ波風が強ければテトラのインサイドに

避難しそうなものなんですが

なぜか、今日はテトラのアウトサイドで波に揉まれながら漂っていました。

インサイドを流してから、ベイトの居るアウトサイドをチェックしようと思い、

ひたすらインサイドの穴打ちを繰り返して結局、根がかり。(笑)



回収不可能な時はマナーとして、なるべくルアーの近くでラインが切れるように、

スプールを抑えロッドごと引張り切ります。

(この方法、ベイトフィネススプールはシャフトが曲がるとの噂があります、注意です。)

「ぬ~~ん」 と限界までラインが伸びるのを感じ、

ラインの伸びが止まった瞬間、

「バッン!!」 と弾ける音と共にラインが切れました。

さすが巻き直したばかりの新品ラインなだけ合って、良い切れかた。

さて、気を取り直して、ガイドにラインを通していると???

何か変???

とても違和感を感じる・・・・・ 

半端ない違和感・・・・・・ ( ̄Д ̄;;



・・・・・・・・・・・

Σ(゚д゚lll)

トップガイドが・・・・・・ 飛んだ!?  (笑)

実釣時間 1時間30分 アウトサイドをチェックする事なく、終了です。(15:30)





実は、ガイドが折れて飛ぶ事に付いて、ある程度予想がついていました。

特に最近トップガイドが曲がる事が多くて、曲げ直しての修正を繰り返していたので

そろそろ金属疲労で逝くかもと思ってました。

そもそも、私のReビルディングした、このロッドのトップガイドは性能優先で

重量のあるトップガイド専用のパイプの付いたガイドではなく、

普通のKガイドを付けていたので強度的に弱いのです。

もちろん、強度不足は承知済みで、それでも性能優先にしたかったのです。

そうゆう訳で、決して「富士工業」さんのガイドが悪い訳ではありません。

私の使い方がオカシイだけです。 (ここ重要です)

普通の使い方をしていれば、何も問題は起こりません。


こんな感じで普通のKガイドをトップガイトとして取り付けてました。

これにより、トップガイド専用品のパイプ分、重量を軽くしました。

この程度で違いがあるのか、知りたいですか?

違いはあるはずなんですが、同時にいろいろ改造したので

これがトップガイドの効果だ、と厳密に言えるものは解りませんでした。

そして今度また、釣行中に飛ぶと面倒なので

次回はトップガイド専用品にしておきます。





今日の「落とし物」です。

魚は釣れなくとも、ルアーだけは拾います。(笑)


【デュエル】 ハードコアXX(ダブル-X) クランク3+ (BCLブルーバックチャート)

現在販売されているハードコアシリーズの一世代前のモデルです。

当時、各ジャンルの最高を目指して作られたルアーのようです。

14lbsフロロで3.2m潜るディープクランクです。

ボートだとディープクランク使ってる人、多いんですね。










釣れない場所? (利根川 バス釣り)

2019.06.02

やっと釣りに行く事ができました。

本当は朝一から行きたかったのですが、

なんだかんだありまして、午後スタートしかも短時間のみ。

午後スタート&短時間と言う事もあり、利根川の近い場所

そして普段行かない場所へ行ってみました。



場所は中流域の上流部にあるテトラとリップラップの絡んだエリアです。 

天気:曇り 風:微風 流れ:逆流 濁り:普通 水位:普通

14:00スタートです。

ここは過去に良く通っていた場所ですが、ストラクチャーが追加されてから

行かなくなった場所です。

何故かって?

他の人は釣っているようですが、私とは相性が悪いようで。

釣れないんです。

本当に釣れないんです。

そして恐れていた通り、

今日も、ノーフィッシュ・ノーバイトで終了。(16:00)







今日一日、ローライトで魚が浮いているだろうと

ペンシルベイトと、フローティングミノーでやり切ったのですが

これが仇となったみたいですね。

せめて、ワームのスイミングを入れてれば・・・ 

そもそもルアー選定以前に、午後から短時間勝負と解っていながら

実績の低い場所に行く時点で、自分の判断ミスですね。





しかし、こちらの方は変わらず安定してます。

今日の「落とし物」です。


正体不明のミノーです。

メーカーや名前が印刷されていないので調べようがありませんでした。

ただ、フックがソルト用な感じがするので、もしかするとシーバスルアーかも?

それと、リップが基盤リップを使っているので、最近の日本製ルアーなのかな?

と思っています。




【ラッキークラフト】 トネスプラッシュ SHADEI (CFワカサギ)

名前の通り、利根川発のルアーで初販売から10年たった現在も

販売され続けてる息の長いルアーです。

もしかして、このルアーを投げていれば釣れてたかも?



本当にルアー拾いだけは安定していて、自分でも驚きです。

そもそも、誰でも拾える場所に落ちているのに拾われていないて事は

人が入りずらい場所?

いえいえ、自分普通に苦労せず入ってますし。

そうでなければ、単純に釣れない場所?で人が来ないだけ?







訪問者数
現在の訪問者数
現在の閲覧者数:
プロフィール

ぽとぽん

Author:ぽとぽん
「ぽとぽん」のブログに
お越し頂き、
ありがとうございます。

利根川本流を中心に
岸から狙うバス釣りに
ついて書いてます。

一匹必釣を目標に
上流は栄橋から
下流は小見川大橋まで
走り回ってます。

決して釣りが上手い
わけではありません。
連続ボーズも当たり前ですが
利根川でバス釣りする方に
少しでもヒントになればと
思っています。

宜しくお願い致します。

メモ
上流域
(栄橋-長豊橋)
中流域
(長豊橋-水郷大橋)
下流域
(水郷大橋-小見川大橋)

カテゴリ
リンク
最新コメント
RSSリンクの表示
月別アーカイブ