FC2ブログ

捏造写真? (利根川 バス釣り)

2019.05.19

2日前のニュースで沖縄が梅雨入りしたと言ってました。

関東が梅雨入りするまで、3週間てとこでしょうか?

そう言うわけで、梅雨の始まる前の今のうちに釣っておこうかと

淡い期待を胸に、利根川へ行って来ました。





最初の場所は

下流域の上流部にあるローカルな水門エリア。 (5:00)

天気:曇り 風:無風 流れ:なし 濁り:普通にクリア 水位:普通

昨年も1回だけ来た場所ですが、雰囲気は良い感じ、でもベイトが全くいません。

一流しするも、残念ノーバイト。

雰囲気だけは本当に良いんですが、やはりベイトが居ないとキツイですね。

場所移動します。





次の場所は、下流域の上流部にあるディープを直接狙えるテトラです。

ここは、さっきの場所と違いベイトが「わらわら」泳いでる。

これは期待が持てそう、しかも時々凄まじいライズもあるし、これ釣れるでしょう。

ライズ狙いで、まずはハイパーイングリーを使って水面を引いて来ますが、ノーバイト。

次にフラッシュJのミドストで水面直下を引いて来ますが、これもノーバイト。

ライズしてるのに浮いてない? ライズはバスじゃないの?

そして、ミートヘッドのネコリグに切り替え、ライズ周辺の底に落とし、ロングステイしていると

「すぅ~っ」とラインが走ったので、大きくスィープフッキング!

そのままロッドを溜めて、魚をテトラから浮かせます。

テトラから出たら、こっちのものです。

なかなか元気で「ばん、ばん」ジャンプしますが、全くフックオフする気がしません。

そのまま、キャッチ。


コンディションの良さそうな 36cmのラージマウスバス。

出たし好調です。 (*´∀`*)

しかしライズ狙いだったので、この後が続かない。

場所移動します。





途中、中流域の下流にある過密テトラ帯に寄ってから

中流域の下流にある新テトラ帯に来ました。

あっ、もちろん過密テトラ帯ではノーバイトですよ。(笑)

まずは、テトラのインサイドを

スワンプクローラーJrのショート・スプリットショット・ワッキーで打って行きます。

今回は、インサイト側でも反応があり、優しくスィープフッキング。

しかし、そのままテトラに引っ掛かった。

マズイ ( ° ω ° ; )

そのまま、テンションを掛けてると、やっと出て来てくれてキャッチできました。


釣れたのは、20cmクラスのランカーギルです。(笑)

相変らずギルの反応が良いね。

やっぱり、テトラは不調なのかな?



そこで検証も含め、前回のストレッチをミートヘッドのネコリグで流します。

前回と同様、沖に投げズル引きで岸際まで引いて

逃げ場を失ったベイトをイメージです。

すると、岸際までルアーが来たところで、ラインが沖に向かって走りだしました。

すかさず、ラインスラッグを巻き取りフッキング。

フッキングと同時にジャンプ!!

そのまま走り回ります。

これは間違い無くスモールの動き。

そして引きを楽しみながらキャッチ。


30cmクラスの子スモールマウスですが、引きは一人前です。

やっぱり、スモールの引きは楽しいですね。 (*´︶`*)

まるで、トラウトのように走り回ります。 

しかしと言うか、やはりと言うか、前回と違い、この後の反応が続かない。

このサイズのスモールなら絶対群れていると思うんだけどね。



そこで、似たようなシチエーションの場所をセクシーインパクトのネコリグで

同じように打って行きます。

すると、同じように岸際でラインが走ります。

そして、やっぱり釣れました。


オープンな場所にも居るんですね、ギル。 (笑)



続けて打ち続けていると、今度は少し沖側でラインが走ります

ラインスラッグを巻き取ってシッカリとフッキング。

「あっ、魚が重い。」

今度のは少しサイズが良いかも?ロッドが綺麗に曲がります。

きつめ設定のドラグが、時々「ジッ!ジッ~!」と鳴く。

オープンウォーターのスピニングは、楽し~っ。 (´∀`)

そして、上がって来たのは本日最大の


41cmのラージマウスバスです。

試しに、メジャーを使って写真を取ってみました。

若干メジャーが歪んで42cmぐらいに・・・

捏造写真?になってしまった。 (笑)

なかなか、メジャーを使った写真て難しいですね。

それに、使用後のメジャーの洗浄も面倒で乾かないし。

ちなみに、このバスのお腹は


普通かな? 

もうアフターから回復してるみたいですね。

この後も、次の魚を狙ったのですが

急に風が強く吹き出し爆風になってしまい、リグの操作感がノー感じで釣りにならないので

早めに終了です。 (10:30)





今回の感触としては、回復組の魚はルアーを通せば喰ってくる。

その回復組を探すのが大変な感じです。

結局、私の苦手な「アフタースポーン」シーズン真っ只中て事です。

回復組の溜まる場所を探さないと・・・・

新ポイント開拓を始めようかな?

それと、やっぱりスピニングは釣れてからが凄く楽しいですね。





そして、今日の「落とし物」は。


【ジャッカル】 Dチェリー48 (チャート系)

千鳥アクションのダイビング クランクのようです。

そう言えば一時期、千鳥アクションのクランクが流行りましたが、最近は話題に上がりませんね。

あからさまに千鳥になるのも良くないって事ですかね。

やっぱり、何かとコンタクトした時にチドらないと魚も、見抜いてしまうのかな?




【メガバス】 IXI シャッド Type-R (ゴーストシャッド)

これが噂のIXIシャッドですか。

皆さん、ご存知だとは思いますが

メガバスの「伊東 由樹」の「I」と

トーナメンターの「今江 克隆」の「I」で「IXI」とのこと。

この二人のコラボルアーです。

このビックネームの二人が作ったルアーですから、釣れないハズが無い?

ベアリングを使った重心移動が透けて見えるのが、個人的に好きです。





ロッド
[モーリス]
グラファイトワークス BASS トーナメントフィネスロッド
4S-611S (スーパー スプリット ショット スペシャル) 2019モデル

リール
[シマノ]
2016 ストラディック Cl4+ C2000HGS

ライン
[デュエル]
ハードコアX4 (白)
PE 0.6号
(バイトマーカー仕様にチューニング)

リーダー
[クレハ]
シーガー R18 フロロリミテッド
フロロ 5Lbs

ルアー
[ZOOM] 
4”ミートヘッド
(グリーン ウィニー)
ネコリグ

[ケイテック] 
2.8” セクシーインパクト
(スカッパノン/レッド)
ネコリグ




スポンサーサイト



バスボートの行動 (利根川 バス釣り)

2019.05.06

遂に、この時がやってきてしまいました。

長かったGW最終日。

明日から仕事か~  ε~( ̄、 ̄;)ゞハァ~

そんな事、言っていても始まらないので「N/A」と

GW最後の釣りへ行って来ましたよ。

もちろん行先は利根川です。





最初の場所は、下流域の上流部にある有名なスポーニングエリアです。

一度、良い思いをすると忘れられなくて。

我ながらに、しつこいですね。(笑)

現地到着は5:00

川の状況は

水位:普通 水質:普通 流れ:?? 風:強い 天気:曇り 水温:??

水質は回復したみたいで通常通りの濁り具合、これなら釣れそうです。

しかし当然と言えば、当然。

20分ぐらい攻めてみましたが、完全ノーバイト。

早々に見切りを付けて移動します。



次の場所は、下流域の上流部にあるディープを直撃できるテトラ帯です。

ベイトが群れてて、釣れそうな感じはあったのですが

やはり、ここもノーバイト。

本日のメインエリアへ移動します。



中流域の下流部にある新テトラ帯です。

前回、バスを釣り上げた場所です。

今回は腰を据えてジックリと打って行く事にします。

もちろん、ルアーは

スワンプクローラーのショート・スプリットショット・ワッキーです。

前回同様、インサイドのテトラの穴を丹念に打って行きますが、イマイチ反応がない。

そこで、アウトサイドのテトラを打ちます。

着底したら、しつこくボトムバンプして誘っていると。

「グッ」と抑え込むようなバイトが。

やっぱり居ましたか。  ( ̄ー ̄)ニヤリッ

シッカリとフッキングも決まり、無事キャッチ成功です。









はいっ! ブルーギルです。

お約束ですね。(笑)

ブルーギルが居るなら、バスも居るはず。

そのまま、アウトサイドを順番に打って行きます。

私の推理は大正解でした。   ほっほっほ♪( ̄▽+ ̄*)

釣れる、釣れる。









ブルーギルが釣れる。





更に、もう1匹。

本当に今回はブルーギルが良く釣れます。

しかも、スワンプクローラーのワッキーにシッカリと喰らいついてきてます。

こんな感じで、私がブルーギルと遊んでいる間に

「N/A」が、いつの間にかバスを釣り上げてるし・・・・


35cmのラージマウスバスです。

前回と違い、このバスは如何にもアフターの魚て感じで、激ヤセしていました。

このサイズにもミッドとアフターが入り混じってきたみたいですね。

しかし、この後が続かない。

バスの反応はむろん、ギルの反応も無くなって来ました。



そんな時は、情報収集です。

情報収集と言っても岸には私たち以外、人が居ない為、聞くに聞けず。

居たとしても釣れる方法を詳しく教えてくれる人は、そうそういないと思います。

そこで私が使う方法は、バスボートの行動をチェックします。

今回が特別というわけでなく、釣りしてる最中は常にチェックしています。

なにせ、バスボートを所有するような方達は、超コアな達人ばかりのはず

しかも、魚探で地形やベイトも追いかける事ができます。

よく鳥の動きを見ろと言いますが、

私はバスボートの行動もチェックした方が良いと思ってます。

チェックするポイントとしては

どこにボートポジションを取り、何を狙っているのか(岸際?沖の沈み物?)。

そして何を投げ(打ち物?巻物?)ているか。

怪しい動きをしていないか。(同じ場所をウロウロしているとか)

魚を釣り上げていないか。(魚種、サイズ、数など)

などをチェックしてます。

そして今回、怪しい動きのバスボートを発見。(笑)

同じ、短いストレッチを永遠行ったり来たり、2-3時間繰り返してる。

しかも運が良い事に岸から届く範囲。

これは、絶好のチャンスです。

必ず何かがあるはず、狙うしかありません。

当然マナーとして、バスボートの方がエンジンで走り去ったのを確認して

見えなくなってから、その場所に入らせてもらいます。

早速バスボートが狙っていた辺りに、ルアーを投げボトムバンプさせ誘います。

そして、岸際までルアーが来たところでラインが走り出しました。 

予想的中です。 (‐^▽^‐) オーホッホ

急いでラインスラッグを取ってフッキング!!

スカッ!

えっ?

気を取り直して、再度キャスト。

そして、岸際までルアーが来たところで、またラインが走ります。

急いでラインスラッグを取ってフッキング!!

スカッ!?

えっ? えっ~??

これは、もしかしてスモールマウス?かも

スモールなら群れてるはずなので、チャンスはまだあります。

ルアーをミートヘッドのネコリグに変更してキャストします。

やはり岸際までルアーが来たところで、またラインが走ります。

今度も急いでラインスラッグを取ってフッキング!!

今回は、フッキングも上手く決まって、無事キャッチ。


やっぱり、スモールマウスバスでした。

サイズは33cmと小さいですが、嬉しい1匹です。 (⌒o⌒)


お腹は、少し大きい感じですかね?

この後も、更にバイトは続くものも、スモールらしく上手くフッキングができず。

やっとの事で、もう1匹追加。


36cmのスモールマウスバスです。

これを釣り上げ、時間一杯となり本日は終了です。(12:45)




今回のスモールは、沖を回遊?してベイト待ちをしているところにルアーが通り、

それを追いかけルアーを岸際まで追い込んだと、思い込んでバイトしていた感じがありました。

その証拠に、岸際だけを狙った場合は、ほとんどバイトがなく

沖から引っ張ってきて、岸際まで来た時にバイトが集中しました。





今日の「落とし物」です。


【ラパラ】 オリジナルフローティング F9 (クラウン?)

世界のラパラ、世界で最も売れているルアーメーカーだそうです。

その最初に作ったルアーに近いのが、このオリジナルフローティングシリーズ。




【エバーグリーン】 ワイルドハンチ (ブリーディングクロームブルー)

清水盛三さんの代表ルアーの一つですね。




【ボーマー】 ディープロングA-14A?? (シルバーフラッシュ・ブラックバック)

定番のボーマー、ロングAシリーズですが

この手のルアーは種類が多すぎて良く解りません。

調べた範囲では、ディープロングAの14Aサイズのようですが?




【River 2 Sea】 Goon 68F (02 I Know it)

このメーカーは初めて聞きました。

アメリカンルアーのようです。

カラー名が「I Know it (私は知っている)」だけど

私は知りませんでした。(笑)





最後に

正直バスボートの行動を見ての今回の釣りは、自分で魚を探していないので

微妙なところがあり賛否両論あると思いますが、

自分の引き出しにない新しい発見をする良い機会になると、私は思っています。

魚を見失った時は、こうゆう見つけ方もあるんだなぁ~と

一つの参考として見て頂ければありがたいです。

実際、今回は今まで完全ノーマークのストレッチで、

見た目は特に何も無いような場所です。

そんなところに、なぜ魚が溜まっているの?と不思議に思い、

また、自分の凝り固まった考え方を見直す、良い機会となりました。





ロッド
[ufmウエダ] Pro4 PB-60B(パーフェクション)
(スパイラル&セミマイクロガイド仕様等々、いろいろ改造)

リール
[シマノ] '01カルカッタ コンクエスト100
(Avail(CNQ1034)等々、いろいろ改造)

ライン
[クレハ] シーガー フロロマイスター
フロロカーボン14lbs

ルアー
[ZOOM] 
4”ミートヘッド
(グリーン ウィニー)
ネコリグ







「ブルー」じゃなくて、「ブラック」が釣りたい。 (利根川 バス釣り)

2019.05.03

ゴールデンウィーク後半に来て、やっと釣りに行って来ました。

今回は、「M清」と「しゃくじ」さんと一緒なので心強いです。

集合時間は6:30

集合まで時間に余裕があったので、下見と言う名の釣りの為、利根川へ。


利根川周辺は凄い霧、風に乗って霧の塊が上流から流れて来ます。

霧の塊の中に入ると視界は20m無いぐらい。

幻想的な雰囲気で気分は最高です。





そして、下見の方はと言うと

中流域の中流部にあるリップラップと水門が絡むエリアにきてみました。 (5:00)

水の色を確認すると、先日の雨の影響?か、水が濁っている。

そんなに雨、降ったかな?

もしかして、水田の水じゃないよね?

しかし川の中は賑やかで、ベイトがウジャウジャ、それを狙ってボイルも見られます。

これだけベイトの活性が高ければ、濁りの原因は水田の水ではなさそう。

期待を込めて、ミートヘッドのネコリグをスローにスイミングさせます。

ワームが「プリプリ」震えて良い感じ。 ( ^^)

岸際に接岸したブッシュ脇を通すと、抑え込むバイトあったので、そのままフッキング。

しかし、ノー感じ。

ミスフッキング???

と思ってたら、一応魚が付いてました。


15cm のラージでした。

これじゃ、ノー感じだわ。

この後は、時間になったので「M清」と「しゃくじ」さんと合流するべく、集合場所へ。





さて、最初のエリアは現状が全く分からないので、スポーングの状態を確認する為

下流域の上流部にあるメジャーなスポーニングエリアに行くと

濁りが・・・

そして期待外れの完全ノーバイト。

もしかしてスポーニング終了?

しかもベイト気すらない。

これでは粘る必要もないので、場所移動です。





次の場所は、下流域の上流部にあるディープ直接狙えるテトラ帯です。

先週の寒さの為、スポーニングに上がってた魚がコンタクトエリアに落ちているかも?

と思って、チェックに来たのですが・・・

先ほどのエリアと一緒で濁りが凄いです。

そして、ここも全くのノーバイト。

場所移動です。





今度の場所は、中流域の下流部にある新テトラ帯です。

テトラのインサイドは今までの中で一番水質が良さそうです。

テトラの穴をスワンプクローラーのショート・スプリットショット・ワッキーで打って行きます。

穴の中で、ワームを「ホッピング」させていると、「グッ!」と押さえ込むバイトが

これは、バスか?

フッキングすると、一瞬なかなかテトラから出て来なかったものの

浮いて来た魚は、青かった・・・


ブルーギルです。

サイズはランカーサイズの23cm。



ブルーギルが釣れるって事は、バスも居るはず。

しかし今日は魚の反応が悪い。

と言うのも、「しゃくじ」さんがサイトでバスを狙うも、なかなか口を使わないとのこと。

て、言うかバス全く見えないし「しゃくじ」さん、どんな視力してるんですか?


さて、そんな時はテトラの穴に落としてから、しつこく「ホッピング」させます。

すると、今度も先ほどと同じく「グッ!」と押さえ込むバイトが有ったのですが、

また、ギルかな?と思い軽くフッキングすると、一気にロッドが絞り込まれました。

「ヤバイ!」と思ったのも束の間。

30後半のラージが、体をひるがえすのが見えたと思ったら、

ラインテンションが抜けフックオフ・・・

やってしまった。 ε=( ̄。 ̄;)フゥ



気を取り直して、更にテトラの中を打って行きます。

すると、またまた「ぐっ!」と抑え込むバイトが、

今度は、気を抜かずシッカリとフッキング。

先ほどと同じく、一気にロッドが絞り込まれます。

しかし、そのまま寄せて無事キャッチ。


35cmのラージマウスバスです。


お腹を見ると、「パンパン」です。

このサイズがスポーニングを始めたみたいです。

と言う事は、40UPのスポーニングは終了?

40UPはアフターに入ったてこと?

一歩、遅かった~  ( ̄Д ̄;) ガーン



そして、そのまま打ち続けていると、またまたバイトです。

しかし今度の魚は


あなた様ですか・・・

この後は反応も無くなったので、気分転換に昼食へ行く事に。





午後の部スタートは、中流域の中流部にある、流れの当たるテトラ帯からです。

ここなら多少、水質が良いかもと思い来たのですが、

確かに水質は良かったです。

しかし、魚が居ない。

ベイトすらいない。

はい、場所移動です。





最後の場所として選んだエリアは、

中流域の下流部にある、水門とテトラのあるエリアです。

現地に到着してみると

水門の機場が動いている。

これは、釣れるかも?と期待したのですが

釣れたのは、またしても


スイングインパクト3.5”をに喰らいついた ブルーギルです。

あなたじゃないんですよ、釣りたいのは。

そして、「M清」も


「ブルー」じゃなくて、「ブラック」が釣りたい。

この後、「M清」が30cmクラスのスモールマウスバスを釣るも、

写真撮影する前にリリース。  えっ! ( ̄□ ̄;)!! ブログネタが・・・


そして、今日はこれで終了です。 (17:00)





私が感じた、今の利根川の状況は、

スポーニング絡みの40UP春爆は終了?

そして、濁りの原因は水田の水だと思います。

朝一以外は、ベイトの活性もすこぶる悪い。

その為、今の私のレベルで対応できる術は

兎に角バスが居そうな場所を時間をかけ、しつこく誘うだけしか手がありません。

厳しいシーズンに突入て感じです。 (-"-;A

しかし、こんな状況でも、釣っている人は沢山釣ってるだから、凄いよね。

そう言えば15cmのラージ、令和になって初釣りでの初バスですね。 

これは、幸先良いのか?悪いのか?







今日の「落とし物」です。


【イマカツ】 ジンクス ミニ スーパーブレード TG シェルブレード 1/2oz 
(#ZX-025-S メッキグリーンバックアユ 日本アワビ/ホワイト)

ブレードにシェルシートが貼って合って、マメな事をする人も居るなと思っていたら

イマカツ社のコダワリが詰まった、凄いスピナーベイトだったようです。

そう言う目で見ると、ワイヤー径もやけに細いし、ブレードも極端に薄い。

シェルシートもブレード一杯まで貼ってないのも、立ち上がり重視の為見たいです。

面白い物を拾いました。





ロッド
[モーリス]
グラファイトワークス BASS トーナメントフィネスロッド
4S-611S (スーパー スプリット ショット スペシャル) 2019モデル

リール
[シマノ]
2016 ストラディック Cl4+ C2000HGS

ライン
[デュエル]
ハードコアX4 (白)
PE 0.6号
(バイトマーカー仕様にチューニング)

リーダー
[クレハ]
シーガー R18 フロロリミテッド
フロロ 5Lbs

ルアー
[ZOOM] 
4”ミートヘッド
(グリーン ウィニー)
ネコリグ





ロッド
[ufmウエダ] Pro4 PB-60B(パーフェクション)
(スパイラル&セミマイクロガイド仕様等々、いろいろ改造)

リール
[シマノ] '01カルカッタ コンクエスト100
(Avail(CNQ1034)等々、いろいろ改造)

ライン
[ワールドスポーツ] SOL TOOL LINE
フロロカーボン14lbs

ルアー
[レインズ] レインズ スワンプ (スカッパノン)         
ショート・スプリット・ショット・ワッキー











訪問者数
現在の訪問者数
現在の閲覧者数:
プロフィール

ぽとぽん

Author:ぽとぽん
「ぽとぽん」のブログに
お越し頂き、
ありがとうございます。

利根川本流を中心に
岸から狙うバス釣りに
ついて書いてます。

一匹必釣を目標に
上流は栄橋から
下流は小見川大橋まで
走り回ってます。

決して釣りが上手い
わけではありません。
連続ボーズも当たり前ですが
利根川でバス釣りする方に
少しでもヒントになればと
思っています。

宜しくお願い致します。

メモ
上流域
(栄橋-長豊橋)
中流域
(長豊橋-水郷大橋)
下流域
(水郷大橋-小見川大橋)

カテゴリ
リンク
最新コメント
RSSリンクの表示
月別アーカイブ