FC2ブログ

ダイナキングのプロフェッショナル

2019.04.27

いよいよ「平成」最後のそして「令和」最初のGW 10連休がスタートしましたが

あいにくGW期間中は天気が悪い、唯一日曜日だけは天気が良さそうなのですが

家族と出かける予定。

う~ん 釣りに行きたい。

そんな時は、釣り具のメンテナンスでもしましょうと言う事で

フックにガードを付けたり、スモラバを巻いたり、ジグスピナーを作ったりする際に

重宝しているバイスのメンテナンス(洗浄&グリスアップ)をする事にしました。





私が使っているバイスは

【ダイナキング】の「プロフェッショナル」と言われるバイスです。

バス釣りの方には、何それ? て感じだと思いますが

フライフィッシングの世界では定番中の定番メーカー。

特に、この「プロフェッショナル」はキング・オブ・スタンダードバイス

と言っても良いのではと思います。



ダイナ2 20190427
アメリカ製で、こんな箱に入ってます。






フックをホールドするだけのバイスで違いなんてあるの?と思う方もいると思いますが

私も初めは同じ考えで、2000円ぐらいのバイスでフライを巻いていました。

しかし、フライを100本以上巻いていると、フックのホールド性に疑問が出てくるんですね。

そこで、名古屋のショップ巡りをして現物を見て回りました。

【ダイナキング】、【レンゼッティー】の海外勢はもちろん、日本の【TMC】、【C&Fデザイン】等々

主だったメーカーは一通り目を通しました。

当時の日本メーカーは、バイスを出し始めた頃で趣向が凝らしてあり精巧なイメージでした。

それに対し海外メーカーは、質実剛健で機能美て感じでした。


「スタンダートタイプ」、「ローターリータイプ」

机に置く「ベディスタルタイプ」、机を挟む「クランプタイプ」

どれにするか、とても悩みました。

なにせ、フックをホールドするだけなのに、真面目なバイスは高価。

上位クラスのバスロッド1本かそれ以上の価格。

そして基本一生ものなので、一度購入したら二度目はないのです。(←自分だけ?)


そして、当時(20年前?)頻繁に出入りしていた名古屋市の「ラストホープ」と言う、

来店するだけで「ブラックコーヒー」を出してくれた、フライショップの店長が

実際に使用しているのを見て、

そのシンプルで機能的なデザイン性と、ロックする際の「コクッ」に惚れ込み購入。

「ラストホープ」懐かしいな~、まだ同じ場所で元気にお店やってるのかな?
 

ダイナキングのプロフェッショナルです。

どうです? 

シンプルで如何にも誰もが想像する、バイスらしいバイスではないですか?

このバイスを付属のレンチで分解できる範囲で分解&洗浄。



この後は、グリスアップ&組み立てして完了です。

これからも、ずっと大事に使って行こうと思います。



因みに、このバイスのホールド性はと言うとバス用のフックは問題なし。

フライ用のフックも当時世界最小のフライフックと言われていた

TMC518#32まで問題なくホールドできました。

もちろん、スタンダードジョウを使ってのことです。





そう言えば、箱に価格が書いてありますね。

当時は、超円高で1ドル100円前後、レギュラーガソリンが90円台だった頃で、

35,760円。

今は、いくらだろうと思い調べたら。

アマゾンで、56,517円。 w( ̄Д ̄;)wワオッ!!













これ以降は、備忘録です。


両サイドのネジ穴には


先端がフラットなネジ




このネジ穴には


先端の尖ったネジ

う~ん、このネジ達はテンション調整用だと思うのだけど、

それにしても、謎が多いネジです。

正しい使い方を知ってる方、コメント頂けると嬉しいです。






スポンサーサイト



春は一段と難しいですね (利根川 バス釣り)

219.04.14

先週の利根川は、TBCのトーナメントが開催されていたんですね。

どうりで、やけにバスボートが多かったわけだ。

行くとこ、行くとこ、全てバスボートとバッティングしてましたから

トップウエイトが5匹で6,869g(1匹あたり1,370g) 凄いウェイト。 w( ̄o ̄)w オオー!

今の時期なら平均43cmぐらいのバスを5匹てとこですかね?

そして49cmも釣れた見たいです、デカいですね。

思っていた通り先週は釣れてたんですね。

と言うわけで、先週の消化不良を消化する為に、ビックバスを求め

利根川へ行って来ました。





最初の場所は、下流域の上流部にある超メジャーなスポーニングエリアからです。

水位:普通 濁り:あり 風:あり 流れ:? 天気:曇り 水温:14℃ 時刻:5:30

状況てきには悪くない感じです。

前回同様、スイングインパクトのスプリットショットを使った、スイミングでチェックです。

リップラップの頭にギリギリ触れるぐらいの速度を維持して、ロッドアクションで泳がせます。

しかし、今回は反応が薄い。

回りの人も反応が無い感じ。

しかし必ずバスは居るはずと根気よく打っていると、リップラップのアウトサイド側で

ルアーが重くなり、ラインが「スッ~~」と走って行きます。

急いで、ラインスラッグを巻き取り。 

(☆_☆)キラリン  渾身のフッキング!!!

ズルッ!!

えっ?   ∑(`□´/)/ ナニィィイイイ!!

ずどっ。 

ゴロゴロゴロ ←(チョコレート護岸を転げ落ちる音)

はい。 物凄い勢いで転倒。

あと一歩で落水寸前のところ、ギリセーフ。

感覚的には、宙を舞ったような(笑)

そして、何事もなかったかのように冷静に立ち上がり、

急いでリールを巻きましたが、バスは待ってくれませんでした。

しかも、転倒した際に大事なロッドにキズが・・・・


不幸中の幸い、セパレート部のキズで済んで良かったです。

これなら問題なく使える。

それより、もっと痛い事が。

対岸で釣りしていた人、間違いなく一部始終全部見てた・・・・

超~恥ずかしい。 (/-\*)

こうゆう時て一人釣行はキツイですね。

恥ずかしいので場所移動です。(笑)





しかし移動するも、どこもかしこもバイトが無い。

先週行った、3ヶ所のポイント&朝一のポイントに入り直したりしたのですが

先週と打って変わって、全く反応がない。

そして、最後のポイント中流域の下流部にあるテトラとリップラップが絡むエリアで

ようやく、ラパラF11の早巻きで2バイト出たもののフッキングできず終了。(12:00)





久しぶりの「落とし物」です。


【ノリーズ】  ショット オーバー 2  ( パールリアルギル)

2mレンジのクランクのようですが、このクラスにしては結構ボリュームあるクランクですね。

魚影の薄い利根川で魚を探すには、丁度いいのかな?




【ダイワ】  バスハンターR SSR  (マットタイガー)

名作バスハンター、バスブームの頃にモデルチェンジしていたんですね。

知らなかったです、もちろん既に廃盤。

全体のシルエットは旧バスハンターのままですが、扇リップや出目金なんて

某メガバス社の某グリホンに似ていますよね。

良い言い方をすれば、インスパイアされたと言う事ですか。

あのバスハンターのデザインにまで影響を与えるなんて

やっぱり、バスブーム当時のメガバスの影響て凄かったんですね。

今頃になって、改めて実感しました。




根がかったラインを回収していたら付いて来ました。

ワームフックにペラが付いてる。

面白いですね。

今度、作ってみようかな。

でも、このままだとスピナーと一緒で糸ヨレが酷そう。





さて今回の反省です。

今週は金曜日まで寒い日が続いた為か、コンディションが冬に戻ってしまったようです。

なにせ、関東山間部では雪が積もってましたからね。

普段でもツンデレの利根川、天候の変わりやすい春は一段と難しいですね。

でも間違い無く魚は、スポーニングに入っているので

ビックバス獲得のチャンスはあるはず。

次回は転ばないように注意して頑張ろう。









う~~~ん。

お尻の「あおなじみ」が痛い (笑)








利根川にも春が来ました。 (利根川 バス釣り)

2019.04.07

私の10年間のデータが正しければ、利根川は4月から

ビックママが釣れだすはず。

そしてN/Aからは、先週利根川支流Aで40UPの春バスを釣ったと連絡が入り。

ネット情報でも、あちら、こちらで釣れ始めてるみたい。

昨日は凄く暖かく、強い風が吹いた一日、これで間違いなく水温が急上昇。

そして今日も好天に恵まれ、絶好のビックママチャンス到来?

気合いを入れて、利根川本流へ日の出から行って来ました。





最初は、本当にバスがスポーニングに入っている事を確かめる為

下流域の上流にあるディープを直接狙えるテトラ帯からチェックスタートです。(5:15)

ここで釣れなければ、今日はシャロー一本に絞るつもりです。

水質:普通 水位:+40cm 風:あり 天気:曇り 流れ:?? 

期待の水温は


約14℃??? 予想外に低い・・・

このエリアを表層からディープまで念入りに、釣れない事をチェックします。(笑)

釣れない事をチェックするなんて、初めてかもしれない。

しかし今日は、これが大事。

1.5時間かけて入念に釣れない事を確認。

テトラのシャロー側もチェックしたけど、こちらも無反応。

これには、少し不安になったけど目的は達成したので、メインエリアに移動します。

これで、安心してシャロー一本に絞れます。





次のエリアは、下流域の上流部にある超メジャーなシャローエリアです。

昨年と同じく、スイングインパクトのスプリットショットのズル引きで

リップラップだけを狙います。

軽くリップラップの感触を感じながらロッドでズル引きします。

足元のリップラップが切れた付近で、「ぬめっ」とした感触が、バイトです。

すかさず、思いっきりフッキングすると

物凄いトルクでバットまでロッドが絞り込まれます。

ロッドのトルクで浮かせようと踏ん張っても、全く浮いてこない。

どうやら50cmクラスの鯉?アメナマ?を掛けてしまったみたいです。

それでも、時間をかけ一瞬浮いて来た魚体を確認すると

真っ黒で太い大きな鯉? 

いえ、スモールマウスです。

これは、デカい。

なるほど、デカくて元気なスモールは無駄にジャンプしないんですね。

そんな事を考えながら、慎重にランディングして無事キャッチ!!


今年の初バスで初スモール&初利根バスです。  ヾ(●⌒∇⌒●)ノ

サイズは40cmジャストで、体高もあってヒレピンのプリップリの春バスです。


見てください、このお腹、パンパンです。

そして、私の予想通りシャローに春バスが上がって来てました。

読み的中も、また嬉しいです。 (⌒-⌒)



そして、まだまだ居るはずと思い、続けてキャストすると、また同じようなバイトが

すかさずフッキングすると、先ほどよりも更に強烈な引き。

時間を掛け、それを耐え魚が浮いてくると、先ほどより確実にデカい!!

45cmオーバー?

しかし、次のダッシュで何故かフックオフ・・・  _| ̄|○



気を取り直してキャストを続けると、今度もリップラップの切れた足元でバイト。

今度は、大げさなぐらいシッカリとフッキング。

これまた、ロッドをバットから綺麗に曲げる良い引きをします。

慎重に対処して、無事キャッチ。


42cmの初ラージです。 \(^▽^)/


腹は大きくないですね。

スポーニングが終わってるのかな?



そして今度は、リップラップのアウトサイド側でバイト。

今度のは引きも軽く、スムーズにキャッチ。


サイズは30cmクラスと小さいですが、これまた真っ黒なスモールです。

こんな、スポーニングに関係ないサイズもシャローに上がって来てるみたいです。



どうやら、この時が時合だったようで、周りでもデカいのが上がってました。

隣で陸っパリをしていた3人組も40UPをキャッチしたようす。

フェンウィックの青いバスボートのプロ?も葦際を狙ったフリップで

デカいのをキャッチしてました。

ほんの1時間ぐらいの間に立て続けに釣れたものの時合が終わったのか

その後は反応が無くなったので移動する事に。

そして、ここから負のスパイラルに突入です。





次の場所は、中流域の下流部にある新テトラ帯です。

ここは、アフターに強いイメージの場所です。

先ほど釣ったラージがアフター?だったので寄ってみました。

今度は、スワンプクローラーのショートスプリットショット・ワッキーで穴打ちをします。

穴に落としたら、1-2回ホップさせてからのステイの繰り返しを1-2回やって次の穴を狙います。

アウトエッジに近い穴で根掛りしたようなバイト。

このエリア特有?のバイトです。

穴の中でのバイトなので、引きずり出すつもりで力強くフッキング。

魚も慌てて、強烈な突っ込みをみせた途端、フックオフ・・・・・   _| ̄|○


気を取り直して、アウトサイドに近い穴だけを打って行きます。

すると、またテトラの底でバイトです。

先ほどの事もあったので、慎重に力強くロングストロークでフッキング。

今度は上手くきまったようで、40UPのナイスサイズのラージが浮いて来ました。

このラージ、浮いて来た勢いで、

大ジャンプ! & テトラに激突!

アホはバスだなと思った瞬間、フックオフ・・・・・・・  _| ̄|○

こんな事て有り???

テトラに激突した衝撃でフックが外れたようです。

アホどころか身を挺した天才バスでした。

どうやら今日は、この場所との相性が悪いようなので移動です。





次の場所は、中流域の中流部にある

インサイドが砂で埋まっているテトラ帯です。

ここも、スワンプクローラーのショートスプリットショット・ワッキーで

テトラのサイドをボトムバンプさせながら誘います。

ここはテトラが砂で埋まっているので、テトラの穴が無い場所ですが

でも、その代わりテトラが良い感じでバラケテ入ってるので、

スポーニングエリアになりそうと、睨んでました。

そして、ここでも予想通りテトラのアウトサイド寄りで

抑え込むような違和感を感じたので

ロングストロークで力強くフッキング & ちょっと距離があったので後ずさりをプラス

これまた、強烈な引きで、この感じだと40UPは堅そうです。

しかし、これまた何故かフックオフ・・・・・・・・・・・・  _| ̄|○

テトラを狙っているので、フックポイントが鈍ったのかな?


フックを交換して、再度テトラを打ち続けます。

すると今度はラインが走り出しました。

ラインスラッグをシッカリと巻き取ってからフッキング。

今度こそ決まった???

今までのフックオフの不安 & 魚も軽かったので急いでリールを巻き

抜き上げると、

何と、ドラグが緩んでいて抜けない・・・・

慌てて、スプールを抑え抜き上げて、無事キャッチです。


30cmクラスの綺麗なスモールです。


このスモールは30cmクラスと小さいのに、腹がパンパンでした。

こんなに小さくてもスポーニングするんですね。

これを釣って本日は終了です。(12:00)





今日は釣果的には満足ですが、内容が超不満です。

フックオフの原因がドラグの締め忘れによってフッキングがあまくなったミス。

締め忘れと言うか、中途半端に緩んでいました。

抜き上げなければ気が付かない程度に緩んでいた。

いつも、締めこんで使って緩めないので、なぜ緩んでいたのか謎です。

皆さんも釣行前には、ドラグの確認を。

はぁ~~~~~。   ε~( ̄、 ̄;)ゞ

フックオフが無ければ40UP、6匹いってたかも。

全ては自分が悪いんですけどね。



そして今日は、やたらとバスボートが浮いてましたが、

皆さん沢山釣ったんじゃないでしょうか?

状況が読めてる時は、バスボートの機動力とカバー力が羨ましくなりますね。


そして、遂に利根川にも春が来ました。

これからゴールデンウィーク明け頃までが、ビックバスのチャンスですよ。

皆さん、楽しんで下さい。







ロッド
[ufmウエダ] Pro4 PB-60B(パーフェクション)
(スパイラル&セミマイクロガイド仕様等々、いろいろ改造)

リール
[シマノ] '01カルカッタ コンクエスト100
(Avail(CNQ1034)等々、いろいろ改造)

ライン
[ワールドスポーツ] SOL TOOL LINE
フロロカーボン14lbs

ルアー
[ケイテック] スイングインパクト3.5” (エレクトリック・シャッド)
ショート・スプリットショット

[レインズ] レインズ スワンプ (スカッパノン)         
ショート・スプリット・ショット・ワッキー







訪問者数
現在の訪問者数
現在の閲覧者数:
プロフィール

ぽとぽん

Author:ぽとぽん
「ぽとぽん」のブログに
お越し頂き、
ありがとうございます。

利根川本流を中心に
岸から狙うバス釣りに
ついて書いてます。

一匹必釣を目標に
上流は栄橋から
下流は小見川大橋まで
走り回ってます。

決して釣りが上手い
わけではありません。
連続ボーズも当たり前ですが
利根川でバス釣りする方に
少しでもヒントになればと
思っています。

宜しくお願い致します。

メモ
上流域
(栄橋-長豊橋)
中流域
(長豊橋-水郷大橋)
下流域
(水郷大橋-小見川大橋)

カテゴリ
リンク
最新コメント
RSSリンクの表示
月別アーカイブ