FC2ブログ

プリスポーンダイナマイト (利根川 バス釣り)

2019.03.31

はぁ~~~~~っ。 ε~( ̄、 ̄;)ゞ

今日は長い溜息からのスタートです。

釣れない日々が続くと、ブログを書くのも辛くなってきますね。

と言う事で、今日も釣れてないです。(笑)

それでも、当ブログは釣れてなくても書くのがモットーなので書きます。



今日初めに選んだ場所は、先週貴重なバイトがあった

利根川支流Aです。(14:00-)

水位:+40cm 濁り:普通 流れ:少しあり 水温:18℃? 風:なし 天気:晴れ

前日の雨の影響か?水位が上昇してます。

水温はと言うと、表面水温なんですかね?18℃もあります。


たぶん赤外線水温計の特性なんでしょう。 

水中は、もっと低いような。

前回と同様、スピンムーブシャッドのプリスポーンダイナマイトでスタートします。

前回の教訓から、怪しいのは全てフッキングして行くつもりです。


対岸に向けキャストして、30cmぐらい動かしてはスティの繰り返しです。

すると、直ぐに「ゴゴッン!」とバイトが、しかしスッポ抜け。


しばらくすると今度は、前回同様ストップ後の動き出しで泥底に刺さった感じになりました、

すると、やっぱり「ブン!ブン!」と言うヘッドシェイクが伝わってきたので

今回は落ち着いて巻き合わせするも、またまたスッポ抜け・・・・・・。

こんな感じで、バイトが計3回あったのですが全て載せる事ができませんでした。

しまいには、対岸に大事なスピンムーブが刺さり、ロスト。  _| ̄|○ ガクッ

気分転換に場所移動します。



久しぶりに利根川本流にやって来ました。

場所は中流域の下流にある、いつものテトラ帯。

水位:+30cm 水温:19℃? 水質:普通 流れ:順流 風:微風 天気:晴れ

今日は、バスボートが多いですね。

バスボートの方と場所をシェアしながら打って行くもノーバイト。

バスボートの方も釣れてなかったので、魚が居ないのでしょう。

そう言う事にしておきます(笑)

結局ノーフィッシュで終了です。 17:00








今回は、とても大事なスピンムーブシャッドのプリスポーンダイナマイトを

ロストしてしまいました。

しかし、こんな時の為に予備があるので大丈夫。

私が同じルアーの予備をストックしてるは、とても珍しい事です。

それだけ、このルアーに絶対の信頼と自信があります。

早く、バスを連れてきて欲しいものです。


【エバーグリーン】 スピンムーブシャッド (プリスポーンダイナマイト)



スポンサーサイト



スピニングタックルで巻物 (利根川 バス釣り)

2019.03.23

前回は春が近づいてきたと書きましたが、今回は寒の戻り。

昨日まで、暖かい日が続き利根川の水温も15℃を超えてきたのに

今日に限り、雨交じりの寒い一日です。

しかし、珍しく「N/A」と休みが合ったので、バス釣りへ行って来ました。





場所は例年春の訪れの早い利根川支流Aからスタートです。

でも、ここ数年、釣り人が増えたからか絶不調な場所なんですよね。

時刻:14:00 水位:-30cm 水質:普通 流れ:なし 風:微風

問題の水温は


予想以上に低い・・・

これは、厳しいかな?

イキナリ、この時期、この場所のファイナルウェポンである「スピンムーブ・シャッド」の

(プリスポーンダイナマイト)からスタートです。

スタートから全力で飛ばします。

なにせ、小雨混じりで本当に寒いので、早く1匹釣って

「N/A」をイジッて車に戻りたいのが本音(笑)


ストップ&ゴーで、しばらく流していると

ストップ後の動きだしで、川底の泥に刺さった感じがしたのでロッドを立てて

ゆっくりテンションを掛けて外そうとすると、

「ぶんっ!ぶんっ!」 とヘッドシェイクの振動が手元に伝わって来ました。

慌ててビックリフキングして、すっぽ抜け・・・・ "(-""-)"

突然だったので、巻き合わせできず。

そして、この川は水深が浅いので、よく川底の泥に刺さり今回もそうだと思ってしまいました。

しかし、この後はノーバイト。

次の場所へ移動です。





次の場所は根木名川です。

水温:12℃ 水位:-40cm 水質:普通 風:なし 流れ:少し順流

凄く良い感じ。

先ほどの件もあったので、バスは巻き物に十分反応すると判断。

コロラドブレードのジグスピナーに「マッドワグ」をセットします。

そして、表層をゆっくりと引いていると

「ゴゴッン!!」とバイトが

そのまま、フッキングしますが

その数秒後、35cmぐらいの魚体が暴れているのが見え、そのままフックオフ・・・

フッキングが甘かったようです。

そして、この後はバイトも無く終了です。 (17:00)





こんなに寒い中でも、シャローを優雅に泳いでいるバスを何匹か確認しました。

サイズ的には、35cm前後と言ったところですが。

外が寒くても、やっぱり水中は春に向かって進んでいるようです。

そして今回の敗因は、スピニングタックルで巻物をやった事です。

昔はスピニングで巻物をやっても上手くフッキングできていたのですが

ここ数年、スピニングを使った巻物が凄く下手になりました。 (;´Д`A

巻物には、使わない方が良いレベルです。

次回からはベイトタックルかな?

でも、スピニングは魚掛けてからが楽しいんだよね。

特に、この時期のバスは。



帰りの途中に車を止めて撮影しました。

釣りをしてる最中は、日差しなんて全く無かったのに

帰宅する頃には、雨も上がって日が射してきてるし、こんなもんですよね。 (  ̄っ ̄)ムゥ

そうそう、「N/A」はN/B、N/Fでした。




2本キャッチしました。 (利根川 バス釣り)

2019.03.02

気温も暖かくなって、だいぶ春が近づいた感じがする。

何日ぶりだろうか?

久しぶりにバス釣りに行って来ました。



まずは、利根川本流の中流域の下流にある

冬場期待していたテトラ帯からスタートです。(7:00)

水位:普通 水質:普通 風:あり 流れ:順流 天気:晴れ 水温:8℃


朝一での水温が8℃、もう最低水温期は過ぎたようです。

これからは、日一日と春が近づいてきます。

テトラの穴の中に潜んでいる魚をダウンショットで狙いますが、ノーバイト。

もしかしたらテトラ上に浮いているかも?と思って巻いてみますがノーバイト。

水温は良い感じな割に、魚っ気が無く完全ノーバイト。 

場所移動します。



次の場所は、時期的に少し早いですが下流域の上流にある

スポーニングエリアに移動してきました。

もしかしたら、気の早い春バスが上がって来ているかも?と期待したのですが。

到着早々風が強くなり、さらに悪い事に風が吹き抜けてます。

その為ルアーの操作もままならず、ノー感じのまま諦め移動します。



最後のエリアとして選んだのは、利根川支流Aです。

ここは丁度風裏になり、期待が持てます。

最近は、この場所もメジャー化してきて、釣り人をよく見かけるようになりました。

そんな訳で今日も先行者ありです。

先行者は対岸を巻物で狙っているようです。

シャッドかな?

ならば自分はスプリットショットで岸と平行にズル引きします。

しかし、全く反応なし。

先行者にも反応がなかったようで、同じタイミングで終了です。(11:30)




今日は全く得る物がなく終了してしまいました。

地上は春が訪れて来てますが、水中の春は、まだ先だったようです。

早く元気な春バスを釣りたいな~。





さて、今日の落とし物です。

バスは釣れませんでしたが、こちらは2本キャッチしました。(笑)

まず、1本目です。


【アーボガスト Arbogast】 ドラドDorado (パープル?)

アメリカンルアーです。

アーボガスト社と言われると、???てなりますが

和ナマズ釣りの定番ルアー「ジッターバグ」や「フラポッパー」の

メーカーと言えば解るかと思います。

それにしても某OSPのベントミノーにソックリですね。 

どちらが本家で元祖かは知りませんが。



2本目のルアーはこちら


【ジャクソン】 フローシャッド-Ⅰ (GSS ゴーストシャッド )

このルアーは、なんと駐車スペースで拾いました。

先行者の方が落として行ったようです。

しかも、このルアーを良く見ると内部までクラックが入ってバリバリです。

手で曲げる力を加えると、折れそうな感じです。

もしかすると先行者が車で踏んだのかもしれませんね。

因みにフックは付いてませんでしたので、踏んでも安心です。









訪問者数
現在の訪問者数
現在の閲覧者数:
プロフィール

ぽとぽん

Author:ぽとぽん
「ぽとぽん」のブログに
お越し頂き、
ありがとうございます。

利根川本流を中心に
岸から狙うバス釣りに
ついて書いてます。

一匹必釣を目標に
上流は栄橋から
下流は小見川大橋まで
走り回ってます。

決して釣りが上手い
わけではありません。
連続ボーズも当たり前ですが
利根川でバス釣りする方に
少しでもヒントになればと
思っています。

宜しくお願い致します。

メモ
上流域
(栄橋-長豊橋)
中流域
(長豊橋-水郷大橋)
下流域
(水郷大橋-小見川大橋)

カテゴリ
リンク
最新コメント
RSSリンクの表示
月別アーカイブ