FC2ブログ

ジャパンフィッシングショー 2019

2019.01.20

今年も「N/A」と一緒に2時間、電車に乗り横浜にある「パシフィコ横浜」まで

「ジャパンフィッシングショー 2019」を見に行って来ました。





さて、今年の混雑具合はというと。

四大メーカー?(シマノ、ダイワ、がまかつ、ジャッカル)が揃うメインストリート?でも、

日曜日にも関わらず結構すいてました。

7年ぐらい前までは、メインストリートは通り抜けるのもシンドイぐらいだったのに

今年は何度もスムーズに通ることができました。


確かに、参加メーカーとか減ってる?ような感じもするし

今年は動員数、少ないのかな?





さて、今回の目的は、このブースに行く事です。


ガイドで超有名な世界の「富士工業」のブース。

しかし目的はこのブースではありません。

この左側のブース。




目的は、こちらのブース。

そう、あの「ゲイリー・ルーミス」のメーカー「ノースフォークコンポジット」のブースです。

今回は、ここのブランクを見る為、来たようなものです。




この写真の「おじいちゃん」が「ゲイリー・ルーミス」です。

「グラファイトロッドの父」なんて言われている、超凄い人。

一度は、この人ブランクを使ってみたいと常々思っていたのですが

ジャパンモデルの完成品ロッドは、「オールスター」なんかで触っていますが

USAモデルのブランク単体は実際に触れる機会がなく、今日まできました。

まずはスタンダードなモデルを入念にチェック。

そして、面白そうなプロトタイプブランクを確認。




右端が、カーボンシートとグラスシートを重ね巻いたブランク

左の2本がテップ側にグラス(白い部分)、ベリーからバットがカーボンのブランク

グラスなのに、凄く張りがある不思議なブランクでした。

最高硬度のグラスを使っていると言ってましたね。




右側のブランク、丁度真ん中で色が変わっていると思いますが、上側がカーボンで

下側がカーボン繊維にNiコーティングしたシートを使ったブランクです。

昔で言う、「ボロン」的なものです。

展示されていたのは、マグロをキャスティングで狙うためのブランクで

パワーがある割には、しなやかに曲がりました。


そして、左側にあるのが天然の「麻(リネン)」繊維をシート状にして巻いたブランク

振った感じは、まさに「バンブー」のフライロッドそのもので、

とても「ゆったり」した「しなり」具合でした。

(もしかすると、バンブーよりも「ゆったり」してたかも)

そして驚いたのが、とても軽量、カーボンロッド並みに軽い。

繊維が中空の為、軽いそうです。

フライロッドのブランクとしては、流行るかもしれませんね。

ただし、弱点もあるみたいで、

「麻(リネン)」繊維の長さが60-70cmぐらいなので

それ以上長いブランクが作れないそうです。

その為、必然的にマルチピースになります。

それと、この「麻(リネン)」シート、「ノースフォークコンポジット」の

完全オリジナルな為、流通してないのがネックになりそうです。

それでも、今までに無い画期的な素材だと思います。

「ゲイリー・ルーミス」は、今の「グラファイトロッドの父」から

「リネンロッドの父」に名前が変わってしまうかもしれませんね。

そんな、こんなんで、「ノースフォークコンポジット」のブランクを堪能した後は

セミナー巡りです。






ショップ「うらしま堂」の「渡辺 雄三」さんが、ブランク塗装(しごき塗装)の実演をしてました。

しごき塗装、初めてみました。

そして、面白い実験を披露してくれました。

それは、ブランクを2秒程度ライターで炙って、軽く曲げると簡単に折れるということ。

ストローを曲げるような感じで、しなりもせずにポキッといきました。

正直、これにはビックりでした。

ロッドに使われているレジン(樹脂)が熱で緩くなって、軽く曲げただけで

簡単に折れてしまうそうです。

夏場の車内は要注意ですよ。




エバーグリーンの「福島 健」プロ




ジムこと、「村田 基」さん




モリゾーこと「清水 盛三」元プロ(左側)とタケジーこと「竹内 俊美」プロ(右側)




イマカツこと「今江 克隆」プロ(左側)と「清水 盛三」元プロ(右側)

いろいろ言われてますが、私の世代はイマカツの影響が大きいですからね。




「青木 大介」プロ

右胸には「BASS」のマーク、左肩には「星条旗」が印刷されてました。

来年からは、いよいよ「BASS」に本格的に参戦ですね。

本人は、「期待しないで、見守って下さい」と言ってましたが、

絶対、期待して観ちゃいますよね。





そして、今回のお土産は。


[エバーグリーン] クレイジークレイドル ラットアタット ハイパーソニック (マットホットタイガー)

あれっ? 棒がついてないや(笑)

「今江 克隆」プロのセミナーで頂きました。

セミナーを見ていた人、100人ぐらいは貰えたのではないかな?

兎に角、凄い勢いで配ってました。

一応、「ジャンケン・ビンゴ」の景品なのですが、

10-20個ぐらいを人づたいに回して、勝った人が1個つづ貰っていくのですが

それだと、もちろん余ってしまう為、回収されますが、最後は余ったのを回収せずに、

回りの人で分けてと言ってました(笑)



 border=
毎年恒例のカレンダーも頂きました。(←これ重宝してます)

そして、購入してから22年目にして、やっと本にサインをして頂きました。(笑)






          (終)

















それにしても一日立ちっぱなしで、2時間電車に乗って帰るのは正直シンドイ。

昔みたいに「幕張メッセ」に戻ってこないかな~。



スポンサーサイト



水温に騙された (利根川 バス釣り)

2019.01.14

前回は、寒いし、水温も低いし完敗だった訳ですが

それでも、早く初バスを拝みたく

懲りずに、またまた行って来ました。

今回は前回の結果を踏まえ、水温の上がる午後からのスタートです。



最初に向かった場所は、根木名川。(14:00)

えっ? 利根川本流じゃないのかって?

私はそんなにチャレンジャーじゃないので、支流で一匹を・・・

水位:普通 流れ:少し逆流 濁り:普通 風:微風 天気:晴れ

そして水温は


表面水温とはいえ、【9.4℃】もあります。

風も無く穏やかで、凄く釣れる気がします。

てっ言うか、釣れたも同然?

水面にはベイトの反応が無いので、いつも通り

スプリットショットを深場に沈め、湖底のゴツゴツを感じながら

ゆっくりとズル引き&ストップで誘いますが・・・・

ノーバイト。

まったく、魚の反応がない。

諦めて、利根川本流に移動です。



今度の場所は、利根川本流の中流域の下流にある新テトラ帯です。

ここの水温を測ってみると


【11.6℃】 マジ? (゚〇゚;)

この時期で、この水温は釣ったも同然でしょう!

ダウンショットでテトラの穴に落とし、

シェイク&シェイク

時々、ステイ&シャクリ

そして、ノーバイト・・・・ 

お疲れさまでした。 (ー。ー)フゥ  (16:00)



今回も冬バスの厳しさを目の当たりにした一日でした。

やっぱり、冬バスは甘くないですね。

それにしても、赤外線温度計はちゃんと測れてるのか?

水の色でも放射率が変わってくるだろうし

どの程度のズレがあるのかな?

ネットで利根川の水温を調べた限りでは、5℃前後しかないんだよね~。

なんか今日は、水温に騙された感じがしてならないです。




そして今回、釣りをしていて一番気になったのは、


15:00前から16:00過ぎまで、佐原方面でずっと凄い黒煙が上がっていたんだよね。

火事のわりには、鎮火するまで時間がかかってたし、

「大規模な野焼き?」それとも「タイヤの山」でも燃えたのかな?

ここのところ乾燥した日が続いているので、火の元には気をつけましょ。








今年も安定してそうです  (利根川 バス釣り)

2019.01.05

明けまして、おめでとうございます。

今年も早速閲覧して頂きありがとうございます。

またお会いできて嬉しいです。

当ブログも11年目に突入し、気分も新たに

更新して行きたいと思いますので

今後とも宜しくお願い致します。

さて、年頭のあいさつは、これぐらいにして

早速、今年の釣果報告です。





昨年に引き続き、利根川の冬バス攻略の為、

利根川本流、中流域の下流にある新テトラ帯に行って来ました。(7:30)

水位:-50cm 水質:普通 流れ:逆流 天気:晴れ 風:少しあり

気になる水温は


安定の一ケタです。

今の時期の利根川、そうそう釣れるとは思えないんですけど

こんな水温でもバス釣りに来る変態は、結構いるようで

沢山のボートが浮いてました。

そんなこと言ってる自分も、人のこと言えないですね。(笑)



さて、今回は少し沖にあるテトラと、岸際のテトラの両方を

ダウンショットのシェイキングで粘り強く打って行きましたがノーバイト。

流石に、この水温だと反応ないですね。

そこで、ダウンショットのシンカーを追加して、メタルバイブのように

リアクションのみで打ってみましたが、やはりノーバイト。

結局、100m範囲を2時間かけ打ったものの、まったく反応がないので

場所移動します。



次の場所は、下流域の上流にある、ディープが直接狙えるテトラ帯です。

ここでも、同じような攻め方をしましたが、ノーバイト。

場所移動します。



最後の頼みの綱と思い選らんだ場所は。

根木名川です。

結局、利根川支流に来てしまいました。

だって、本流は釣れる気がしないんです(笑)

が、しかし、ここでもノーバイト・・・・

結局、2019年の初釣りは、完膚なきまでに叩きのめされ、終了です。(14:00)

やっぱり、冬バスは難しいですね。



今回の釣行は残念な結果でしたが

狙っているた場所が、ボート組と常にバッティングしていたので、

あながち、冬の場所としては外してないのかな?

この時期にボートを出している人は、腕に自信がある人だと思うので

それを考えると若干の自信が持てました。

そして、私の分析通り「1月」は釣れないですね。(笑)





さて、2019年最初の「落とし物」です。


【ジャッカル】  ソウルシャッド 62 DDR  (SKシャッド)

3mも潜るディープダイバーのサスペンド シャッドのようです。

私には縁のないルアーですね。

こんなルアーを投げたら、1投目でロストする自信があります(笑)


それにしてもルアー拾いだけは、今年も安定してそうです。

良いんだか?悪いんだか? ε=( ̄。 ̄;)フゥ







テーマ : バスフィッシング
ジャンル : 趣味・実用

訪問者数
現在の訪問者数
現在の閲覧者数:
プロフィール

ぽとぽん

Author:ぽとぽん
「ぽとぽん」のブログに
お越し頂き、
ありがとうございます。

利根川本流を中心に
岸から狙うバス釣りに
ついて書いてます。

一匹必釣を目標に
上流は栄橋から
下流は小見川大橋まで
走り回ってます。

決して釣りが上手い
わけではありません。
連続ボーズも当たり前ですが
利根川でバス釣りする方に
少しでもヒントになればと
思っています。

宜しくお願い致します。

メモ
上流域
(栄橋-長豊橋)
中流域
(長豊橋-水郷大橋)
下流域
(水郷大橋-小見川大橋)

カテゴリ
リンク
最新コメント
RSSリンクの表示
月別アーカイブ