FC2ブログ

バスタックル その1

2018.11.27

なかなか釣りに行けないので、今回は「バスタックル」ネタを少々。

バスタックルと言っても、ロッド&リール以外の話です。

ご存知の通り、私は陸っパリからバス釣りを楽しんでます。

バス釣りを始めて早30年を超えました。

結構長い事やってますね(笑)

長い事バス釣りをやっていると、他人のバスタックルて気になりませんか?

他の人は、どんな道具を使っているのだろうか?

バックへは、どのように収納しているのだろうか?

そんな事を気にした事はありませんか?

自分は、それほど気にした事ありません。

何故かと言うと、人それぞれ求める物が違うと思っているからです。

その人には合うけど、自分には合わない、なんて事がよくあるからです。



そんな私のバスタックルのコンセプトは

「楽に釣りができること」

全ては、これにつきます。

ストレスなく、疲労せずに釣りをしたい、それだけです。

そこで私のバスタックルを、ご紹介したいと思います。

(上にも書きましたが、人によって考えが違うので参考になるかは不明ですが)

そして、1回目の今回は持って行く「道具」に付いて書いてみます。

また、通常1セットしかロッドを持って行きませんので、それを前提に読んで下さい。






これが私が使っている、バスタックルの全体像です。

このバックに全てを収納して、釣りを楽しんでいます。

因みに、ランディングネットは持って行きません。

ネットの変わりではありませんが、普通釣りでは使わない、結構重くて、邪魔で嵩張る

ある道具を場所によっては持って行きます。

それでは、話を戻して収納されている道具を紹介します。

まずは、外回りから

基本的に「ぱっ」と使いたい物は外回りに収納してます。



プライヤー (シマノ / ライトプライヤー CT-941R)

プライヤー、ラインカッター、スプリットリング外し、バネ機能は絶対条件です。

このプライヤーと、ダイワの「フィールドプライヤーR 130H」を定期的に交換して使ってます。

なぜ定期的に交換するのかと言うと、両方とも定期的に壊れてしまうのです。

シマノのプライヤーはバネが折れます。(既に2本、折ってます)

ダイワのプライヤーは挟む部分が折れます。(既に2本、折ってます)

どちらがマシかと言うと「シマノ」の方ですね、バネは折れても釣りができますが

挟む部分が折れると、釣り終了ですからね。



水温計 (A&D / AD-5617WP)

精度より手軽さ重視で防水赤外線温度計を使ってます。

ドリンクは真夏以外持ち歩かないので

空いてるドリンクホルダーに入れてます。



フィッシュグリップ (ベルモント / メタルフィッシュグリップ)

本当は「しぐグリップ」が欲しかったのですが、高価で手が出ず、

申し訳ないですが、コピー品を使ってます。(T_T)

コピー品なので正直精度は・・・・です。

時々バスにも使っていますが、対アメナマ専用です。

(アメナマの釣れる、この水域では必須アイテムと思います。)


そして、これらのアイテムはカールコードで繋いで紛失対策してます。

また、プライヤーのみ「マグネット・リリーサー」も付けています。

今までは「ピンオンリール」を使っていたのですが、ヤブ漕ぎでプライヤーが

草に絡まり、何個も「ピンオンリール」を破壊したので「マグネット・リリーサー」に変えました。





バックの側面にある小物入れには


デジカメを入れてます。

いいかげん、スマホで写真撮ればと思うのですが、

釣り用に買ったデジカメなので、他に使い道がなく

使い続けてるのですが、結構重いんですよね。

200gぐらいかな? コンクエスト1台弱分も重さがあります。





次はバックの中です。

このバックは3室になってますが、実質2室しか使ってません。

それの、まずはフロントポケットからです。


通称オエオエ棒 (スミス / フックディスゴージャー)

最近、出番はないですが万一の保険です。

とでも画期的な仕組みだったので即購入しました。

今だに、これを超える針外しを私は知りません。

飲まれた時は、これで外すのが一番です。



メジャー(小) (スミス)

普段使いの小さなメジャーです。

ロックと自動巻き上げが付いてるので便利です。





メインポケットのフタには


メジャー(大) (OFT) 

出番が無いのですが、万が一ビックバスが釣れた時に使う

記録用のメジャーです。

残念ながら、今のところ出番なし。

近頃は、必要ないんじゃないか?と思い始めてきました。




そしてメインポケットには


ワームパック

その時の気分しだいで、6袋ぐらい持って行きます。



ボックス (明邦化学工業 / VS-3037ND)

このバーサス3037NDのボックスは今まで使ってきたボックスの中で

一番自分に合ったボックスだと、思ってます。

そして紹介してきた中で一番のポイントは、このボックスの使い方になります。

フタを開けてみると


これはベイト専用のボックスになりますが

持って行く物を絞って

ハードルアー&小物を全て入れてあります。

左側がハードルアー、右側が小物用に分けて入れてます。

このフタを開けるだけで、小物を全て取り出せる。

また、ワームからハードルアーへ、その逆へのチェンジも

このボックスだけで全て完結します。

これにしてから、ストレスなくルアーチェンジができるようになりました。

ビデオなんかで、バックからフックとシンカーのケースを別々に

取り出しているのを見ますが、私的にはナンセンスです。

できればワームも含め、一つのボックスに入れたいぐらいです。


このボックスの小物側には「ゴム磁石」を貼り付け、フックの紛失対策をしてます。

「ゴム磁石」を貼らないと、いつの間にかフックが隣のコマへ移動してしまいます。

また、この仕切り板は簡単に外れてしまうので

「瞬間接着剤」を流し込んで、固定してます。


それと、私は左右分割が欲しかったので「VS-3037 ND」を使用しましたが

上下分割が欲しい方は、「VS-3038 ND」が同じ感覚で使えると思います。

ただし、「VS-3038ND」は真ん中の仕切りが取外しできないので注意して下さい。


因みに、こっちがスピニング専用のボックスになります。

ロッドを変える時は、このボックスを丸ごと入替えて持って行きます。

それとスピニングの時は、リーダーを1巻き追加で持って行きます。


このルアーの数を見て、少ないと感じる方もいると思いますが、

自分の場合、沢山持って行っても、結局使わない事が多いので

今は、このぐらいの量に落ち着いています。




基本的な道具は、こんな感じで、あとは気分次第で

多少アレンジして持って行きます。

来シーズンはルアー回収機の「ルーバ」を増やそうかな?と

ただ重くなるのが難点・・・・思案中です。


次回は、これらの道具を入れるバックについて、少々書きたいと思います。






スポンサーサイト



今日は完敗です。  (利根川 バス釣り)

2018.11.11

タイトル通り、今日は完敗です。

午後から利根川水系にバス釣りに行って来ました。

風も無く、暖かくて、少し曇り気味で釣れる雰囲気はあったのですが

ノーフィッシュ、ノーバイトの完敗。

次回は気合い入れてリベンジです。



釣りには、まったく関係ありませんが

11月11日は「ポッキーの日」だそうです。

今日はポッキーでも食べながら反省です(笑)



そして、釣れてない日のブログは、テンション下がりまくりで

書く気が起きませんので写真も無く、これで終了です。




訪問者数
現在の訪問者数
現在の閲覧者数:
プロフィール

ぽとぽん

Author:ぽとぽん
「ぽとぽん」のブログに
お越し頂き、
ありがとうございます。

利根川本流を中心に
岸から狙うバス釣りに
ついて書いてます。

一匹必釣を目標に
上流は栄橋から
下流は小見川大橋まで
走り回ってます。

決して釣りが上手い
わけではありません。
連続ボーズも当たり前ですが
利根川でバス釣りする方に
少しでもヒントになればと
思っています。

宜しくお願い致します。

メモ
上流域
(栄橋-長豊橋)
中流域
(長豊橋-水郷大橋)
下流域
(水郷大橋-小見川大橋)

カテゴリ
リンク
最新コメント
RSSリンクの表示
月別アーカイブ