FC2ブログ

めっちゃ、楽し~!!  (利根川 バス釣り)

2018.09.17

今日は久しぶりに「N/A」と釣りに行く事に。

しかし「N/A」とは、仕事の都合で途中から合流する予定なので、

初めは、いつも通り一人で日の出と共にスタートです。


日の出は「5:23」だったのですが、少し早めの5:00過ぎに到着。





今回は外したく無かったので、信頼と実績の下流域の上流部にある

ディープが直接狙えるテトラ帯からスタートです。

水温:24℃ 水質:濁り 水位:-15cm 流れ:順流(強) 風:無風 天気:曇り

現地で水面を見てショック・・・ w( ̄△ ̄;)

濁りは良いとして、テトラ内の水面が「魚油の膜」と「泥の膜?」でコーティングされてます (笑)

しかも、夜中から相当減水している様子。


早朝でボートも走ってないし、風もないので水の跡は、

水位が下がった跡に間違い無いはずです。

50cmぐらい減水してる?

これで、釣れるかな?と心配になってるところに

「ぷかぷか」と浮いている「ピンク色」の物を発見!!

まだ、一投も投げてないのに・・・・ _| ̄|○



気を取り直して、「チマチマテラー」からスタートします。

テトラ内は、こんな状態なのでアウトサイド狙いです。

ドックウォークさせながら、アウトサイドのテトラに差し掛かったところで、

「ぽしゅ」とミスバイト

出かたからして、小さそう?

しかし、この直後、手の甲に藪蚊が3匹止まっている事に気づき、

パニック状態で蚊を退治し、ふとルアーを見ると。

「あれっ?」 ルアーが無い?

大慌てで、巻き合わせ&スイープフッキング。

先ほどミスバイトした子バスかな?と思いきや

力強い引きでテトラ内に潜ろうとします。

テトラに入られたら即OUTなので、ロッドの弾性を使い

優しく引きずり出して、無事キャッチです。


ガッツリ掛かってます。


43cmのラージマウスバスです。  40UPなら合格でしょう?

この後、しばらく「チマチマテラー」で流したのですが、反応がないので

ジグスピナーで水面直下を引いてくると、テトラのインサイド側でミスバイト。

しばらく時間を置いて同じ場所を、スワンプジュニアのショートスプリットショット・ワッキーで

ネチネチと丁寧に誘っていると、ラインが「スーッ」と走って行ったので、スイープフッキング。

フッキングも上手く決まり、今度の魚は元気よく走り回ります。

元気良過ぎて、なかなか浮いてこない。

浮いて来たと思ったら、また走り回る。

めっちゃ、楽し~!! (^○^)

ラインがテトラに擦れないよう注意して、無事キャッチ。


キャッチしてみると、30cmクラスのスモールマウスバスでした。

このスモール、体高もあり「ひれピン」のコンディションの良い綺麗な魚体でした。

これなら引きが強いはずです。

この後は「N/A」と合流する為に移動です。



合流場所は、これまた信頼と実績の中流域の下流にある新テトラ帯です。

「N/A」と合流し利根川に行ってみると、先ほどまであった流れが完全に止まってます。

天気も晴れて暑くなってきたし、まずいかも?

やはり案の定、バイトが無い・・・

たまに、バイトがあって釣れるのは


自作ローコスト・ジグスピナーに喰らいついた「ギル」ぐらい。

自作ローコスト・ジグスピナーで釣れたので、個人的には満足ですが (笑)

そんな状態なので仕方なく、「N/A」とキャストしながら次に行く場所を相談していると

「N/A」が突然フッキング!

フッキングが上手く決まり、ロッドが綺麗に曲がります。

結構、引きが強そうです。

「N/A」が苦戦??(遊んでるとも言う)して、ランディングする気配がないので

仕方なくランディングをサポート。


35cmのスモールマウスバスです。

これも、綺麗な魚体でした。

場所移動します。



途中、2ヶ所ほど様子を見てから、最後の場所として選んだのは

朝一に私が釣った、下流域の上流にあるテトラ帯です。

しかし、当然ここも沈黙・・・

そうなると、互いのタックルを交換して試投会が始まるのですが。


私: 「N/A」にタックルを貸すと、高い確率で釣るよね~。

N/A: 突然、スイープフッキング

私: またまた~ エアーフッキング上手いね(笑)

N/A: 来た~

私: ・・・・ (ーー;)


今回は、「ギル」だったけど、本当によく私のタックルで釣ること(笑)

きっと、私の選んだタックルバランスが良かったに違いない。

これで、ラストフィッシュが釣れたので終了です。 (11:30)



今日の利根川は、水温も下がって来て、魚の活性も上がってる感じがしました。

ブログには記載していませんが、沢山のバイトも得てました。(←バスとは言ってない)

しかし、朝一が良いのか?、流れが良いのか?、曇り空が良いのか?

何かしらの要因が絡んでいる感じです。

実際、その全てが絡んでいるのかもしれません。

今回は、流れが止まり、空が晴れ日差しが強くなり始めた途端、

バイトが遠のきましたからね。

天気と流れは、自分で選択できないので

唯一選択可能な、早起きして釣りに行く事をお勧めします。

今のうちに釣りに行かないと、あっという間に「冬」が来ますからね。

個人的には、「冬」も嫌いじゃないですが。

そして忠告です。

「虫よけ」を忘れずに!! (笑)





さて、今日の「落とし物」コーナーです。

まず、一個目は


【ラッキークラフト】 CB 50 (アユ 0004)

ラッキークラフトの名作クランクシリーズですね。

確か、このクランクは現在「ジャッカル」に所属している「加藤 誠司」さんが

デザインしたクランクだったような?

名作シリーズになる訳ですわ。



2個目は


【OSP】  ブリッツMR  (黒金Ver.T T04)

「ブリッツ」シリーズも息の長いシリーズですよね。

「OSP」は「10年基準のモノ作り」を目指しているところが共感できますね。



そして3個目が、朝から私に衝撃を与えてくれたルアーです。

これのおかげで、ファーストキャスト前から「ボーズ」を覚悟しました(笑)


【デプス】  ブルドーズ 160  (ピンク系)

リップは「ガリガリ」ですが、塗装もフックも新品に近い状態で拾ったルアー。

きっと、前日にロストされたんだと思います。

そして、やけに重いと思ったら、3.5oz(100g)もあるんですね。

更に衝撃的なのは、価格が定価で5,800円もするんですね。 w(゚o゚)w

やっぱり、ビックベイトて高いですね。





ロッド
[モーリス]
グラファイトワークス BASS トーナメントフィネスロッド
4S-611S (スーパー スプリット ショット スペシャル) 2019モデル

リール
[シマノ]
2016 ストラディック Cl4+ C2000HGS

ライン
[デュエル]
ハードコアX4 (白)
PE 0.6号
(バイトマーキング仕様にチューニング)

リーダー
[クレハ]
シーガー R18 フロロリミテッド
フロロ 5Lbs

ルアー
[ズイール]
チマチマ テラー
(ホワイト/オレンジバック)

[レインズ]
レインズ スワンプ ジュニア
(エビミソ)
ショート スプリット ショット・ワッキー





スポンサーサイト



’16ストラディックCl4+ 2000HGSをフルベアリングにする

2018.09.08

リールて改造したくならないですか? 

私は改造したくなります。

そこで先日購入し、3回しか使っていないストラディックを

改造する事にしました。



改造と言っても、’16ストラディックCl4+ 2000HGSをフルベアリングにするだけですが。

それに、他のブログでも多数取り上げられているネタなので、目新しい事ではないです。

その為、簡潔に行きます。

(詳しい作業は、他のブログを検索して下さい、そちらの方が参考になりますよ)

追加するヶ所は4ヶ所でベアリング数は4個。

ベアリングの規格は以下となります。

ドラグ ベアリング
規格:1170ZZ

ハンドル ベアリング
規格:740ZZ

ウォームシャフト ベアリング
規格:630ZZ

ウォームシャフトピン ベアリング
規格:520ZZ


ベアリング1個当たりの価格の目安は

ネット通販だと2-400円

ホームセンターだと4-600円

チューニングメーカーのサードパーティー製だと700-1000円

お好きなのを購入して下さい。

国産なら、品質に大きな差はないです。



それと、分解するのに特殊工具?が必要になります。

トルクスドライバー2種類が必要です。

サイズは

トルクスドライバー : T6、T8

それと 0.89㎜の六角レンチも必要です。

他は、一般工具で十分対応できます。



それにしても、シマノは「トルクスネジ」と「+ネジ」を混合して使用するとか

設計は何を考えてるんでしょうか?

こんな生産性の悪い事したら、普通怒られます。

それに今時トルクスドライバーなんて、その辺で売ってるので

「いじり止め」の効果もありません。

そもそも分解する人は道具揃えますし。

まったく、謎です。





さて、実際の交換部分を見てみましょう。

ドラグ ベアリング


中央の白いカラーをベアリングに交換します。


こんな感じで交換完了です。 

巻き加減を調整するワッシャーが、まだ付いてませんが気にしないで下さい。

効果の程は、自分的には「たぶん」有ると思う。

「たぶん」とは、バス釣りではドラグを出す釣りを殆どしないので、「たぶん」にしました。

その為、自分的には実質意味ないかも?

普段使っている太さ(フロロ5lbs)ならば、ドラグを出さなくても十分ロッドで耐えられるので。

ただし、細ラインでフィネスをやる人や琵琶湖のような大型が居る所で釣りする人は

ドラグを「ガンガン」使うと思うので、効果あると思いますよ。




ハンドル ベアリング


根元に付いている白いカラーを交換します。


交換すると、こんな感じです。

効果の方は、明確に解りました。

軽くノブを弾いただけで、「クルクル~」と気持ちよくスムーズに回るようになり、

リールを空回しでも「おっ!」てなりました。

巻き物や魚を寄せる時に違いが出そうです。




ウォームシャフト ベアリング


リールのお尻に付いている、白いカラーを交換します。


こんな感じでベアリングに交換です。

効果の方は、あります。

過去に、このヶ所のみベアリングに交換したリールで魚を掛けたところ

ベアリングを入れる前よりも、軽い力で魚を寄せる事ができるようになりました。

ただし、ルアーを巻いている時は、変化を感じませんでした。

その事から、魚を掛けるなど高負荷が掛かってから、力を発揮する部分のようです。




ウォームシャフトピン ベアリング


右上にある黒いカラーをベアリングと交換します。 (交換後の写真を取り忘れました)

効果の方は、「まったく」ありません。

交換するだけ無駄です。

これも過去に、このヶ所のみベアリングに交換したリールを使っていたのですが

まったく、変化を感じませんでした。

私が鈍感なだけで、人によっては違いが解るかもしれませんが、

自分的には交換不要と思います。

が、しかし、人の性なんでしょう、解っていても交換してしまいます(笑)



個人的にお勧めの順番は

①ハンドル ベアリング
②ウォームシャフト ベアリング
③ドラグ ベアリング
④ウォームシャフトピン ベアリング

の順番です。

④は交換しなくてもOKです。





これ以降は、ベアリングと関係ない話を書きます。


このローターを固定している、アルミのナットですが、「逆ネジ」です。

分解する際は要注意です。

私は知らず思いっきり、左回しで増し締めしました(笑)





16ストラディックCl4+のラインローラーの向きが解る写真を載せておきます。

よく向き間違えるので、今後ラインローラーを分解したときように載せておきます。





シマノの「ウォームギヤ方式」のスピニングリールを巻いている際に、

スプールの上死点、下死点で「カクッ」と言う、振動を感じるようになったら

この部品(ウォームシャフトピン)を交換してみて下さい。

過去にメーカー修理で治らなかったのが、この部品交換のみで治った事があります。





何を写したか、まったく解らないですね(笑)

「ドライブギア」を洗浄したパーツクリーナーの廃液です。

ドライブギアしか洗浄していないのに「真っ黒」くなりました。

他のヶ所の汚れは、ここまで「黒」ではなかったので

ドライブギア表面のブラックアルマイトが、3回しか使ってないのに

薄っすらと削れているのかな?と思います。

また、アルマイトて元々硬いですから、このカスでギヤの摩耗を早める前に

早めに分解、洗浄した方が良さそうです。





今まで手持ちの一番新しいスピニングは、2000年モデルだったので

最新の現行型リールを分解したのは、久しぶりです。

中身の基本構造は昔と殆ど一緒でした。

しかし、防塵の為のシールやクリアランス調整のシムなど、

細かい部品が増えましたね。

その為か、部品点数が増えてる感じがします。

これだけ手間を掛けた構造と性能で、この価格設定は大したものだと思います。




以上、今回は釣りに行けなかったので、リール改造+αの話でした。



こんな時もあるよね? (利根川 バス釣り)

2018.09.02

今週末は変な天気でしたね。

土日共に朝から雨が降る予報だったので、諦めて釣りに行かず

ゆっくり起きてみたら、両日ともに雨の無い曇り空。

絶好の釣り日和じゃないですか。 

天気予報に騙されました。 (  ̄っ ̄)ムゥ

そもそも、雨が降ったら釣りに行かない、ヘタレの自分が悪いんですが(笑)

とくに最近は、雨に濡れてまで釣りに行く気が無くなりました。

昔は平気で行ってたんですが。

これが冷めた、てやつなのかな?

さて、それは置いておいて、折角の良い天気?なので今日は午後から行って来ました。





午後からで時間も短い為、利根川の近場に行く事に

上流域の下流にある、前回釣れた超メジャー水門です。(14:00)

水温:26℃ 水質:濁り 水位:+20cm 流れ:順流(早い) 天気:曇り 風:無風

到着早々、対岸の人がナイスサイズを釣り上げてました。

これは期待が持てます。

私は、メジャーな水中堤防側が空いていたので、そちらをサーチします。

しかし、ベイトがいて雰囲気はあるもののノー感じ。

場所移動します。



今度は、根木名川に来てみました。

根木名川も利根川と同様に、めちゃ濁ってます。

しかも、流れが止まってる。

この状態では喰い気が無いと判断して、グラブのスプリットショットで

時間を掛け、もれなく底をゆっくりとトレースしますが、無反応。

今度はリアクション狙いでジグスピナーを水中の地形にそって

巻いてくると、一投目で「クックン」とバイト

そのままフッキングしますが、ノー感じに・・・

バレタと思い回収すると、足元で突然ジャンプしオートリリース・・・ Σ(|||▽||| ) 

30cmぐらいの子バスでしたが残念。

魚が手前に走っていたんですね、気づきませんでした。 

その後はノー感じだったので移動します。



最後の場所は、上流域の下流にある有名な水門です。

いい加減時間も無くなって来たので、一番おいしい

水門の流れを囲うように設置されているテトラのショルダー部を

ショートスプリットショットのワッキーで打つと、

予想通り抑え込むようなバイトが、すかさずスイープフッキングしますが

すっぽ抜けてしまい、本日はこれで終了することに。(16:00)



今日は、2回もチャンスが有ったのに、モノにできず

特に2回目のバイトは、感じ的にナイスサイズのバスだっただけに残念。

今日は、この天気のようなスッキリしない釣りでした。

こんな時もあるよね?





訪問者数
現在の訪問者数
現在の閲覧者数:
プロフィール

ぽとぽん

Author:ぽとぽん
「ぽとぽん」のブログに
お越し頂き、
ありがとうございます。

利根川本流を中心に
岸から狙うバス釣りに
ついて書いてます。

一匹必釣を目標に
上流は栄橋から
下流は小見川大橋まで
走り回ってます。

決して釣りが上手い
わけではありません。
連続ボーズも当たり前ですが
利根川でバス釣りする方に
少しでもヒントになればと
思っています。

宜しくお願い致します。

メモ
上流域
(栄橋-長豊橋)
中流域
(長豊橋-水郷大橋)
下流域
(水郷大橋-小見川大橋)

カテゴリ
リンク
最新コメント
RSSリンクの表示
月別アーカイブ