FC2ブログ

イマイチ利根川は釣れないですね。  (利根川 バス釣り)

2018.08.18

夏とは思えない涼しさ、湿度も無く秋のようなスッキリした天気で

気分の良い週末になりそうです。

そして利根川も水位が安定してきたようなので、バス釣りに行って来ました。





水温:23℃ 水位:普通 流れ:順流 風:なし 天気:晴れ 濁り:少しあり

最初のエリアは、上流域の上流にある流れのある水門です。(5:00)

前回、風が強くまともにチェックできなかったので、再トライです。

相変らず、ベイトの量が半端ない。

そして相変らず、魚からの反応は無し・・・・



この波は全て、ベイトが驚いた事により発生した波です。 

フルキャストしてもベイトの向こう側に届かないくらい、広範囲にベイトが居ます。

まるで「なぶら」の如き凄い量なんですが、バスからの反応はなし。

これだけ大量に居ると、バスも怖気づいて近づけないのかな?

この後、テトラ帯に寄り道してから、移動です。



次の場所は上流域の下流にある、TVでお馴染みの超メジャーな水門です。

誰も居ない貸し切り状態なので、美味しい所だけ打って行きますが

ノーバイト。

何気に岸際に打ち寄せられていた小さな木に、スワンプクローラーを入れるも

無反応。

しかし、この木、気になる木だったので、更に追加で打つも

無反応。

しかし、しかし、気になるので再度、打ち込むも

無反応。

やっぱり、気になるので、もう一度打つと、「ガツン!」と強烈なバイトが

そのまま、フッキングも決まり無事キャッチ。


41cmのラージです。 

普段なら、一投しか投げないサイズの木だったのですが

粘って正解でした。 

釣りは、「直カン」が大切です。(笑)



しかし、この後が続かず。

3ヶ所ほど場所移動するも、ギル&謎ベイトのバイトのみで時間だけが過ぎ

最後に中流域の下流にある、新テトラ帯に到着です。

結局、ここでも岸際に流れ着いた「木」にスワンプクローラーを投げて

やっとキャッチしました。


やっと釣れたのは、20cmクラスの子バスです。

そして、これで終了です。(11:00)


最後の場所、草の勢いが凄く

涼しいとは言え、ヤブ漕ぎは疲れました。 ε-(´・`) フー





それにしても、イマイチ利根川は釣れないですね。

水質も、一部のテトラ帯はクリアアップしているんですが、

ギルと謎のベイトしか反応してくれません。

でも、ボートで良い水を狙ってる方は釣れているようなので、

テトラで釣れ出すのは、これからなのかな?





そして、今日の「落とし物」です。


「落とし物」を拾った時は、大抵こんな感じで「デロデロ」です。 (5個、拾いました)

さて、どんなルアーか出てくるかな?





まず、1つ目


メーカー、名称不明 フローティングシーバスミノー125mm (イワシカラー)

かろうじて、イワシカラーである事と、○Fの文字からフローティングである事が判明。




【ヘドン】 クアーズ (ボーンカラー)

ヘドンのビックバドで有名な、このルアー

いつの間にか名称が「クアーズ」に変わってたんですね。

知ってましたか?

私は、知りませんでした。




【ダイワ】 TDポッパー (あゆ系カラー)

懐かしいポッパーです。

TDシリーズは色々ありましたね。




【イマカツ】 IK-250 (#76 クラウンタイガー)

ディープクランクです。

やっぱり利根川でディープクランク使っている人、多いですね。




【ウッディベル】 シャローラビット (クリアーオレンジタイガー系カラー)

シャローラビットなんて懐かしいルアーですね。

懐かしいなんて言っておいて、私のボックスには常駐してたりしますが(笑)



あの汚いルアーを洗うと、ちゃんと綺麗になります。

皆さんも汚いルアーを拾ったら、捨てずに洗ってみて下さい。

ビックリするルアーが手に入るかもしれませんよ。

以上、今日の「落とし物」でした。





ロッド
[モーリス] グラファイトワークス BASS トーナメントフィネスロッド
4S-611S (スーパー スプリット ショット スペシャル) 2019モデル

リール
[シマノ] '16 ストラディック Cl4+ C2000HGS

ライン
[デュエル] ハードコアX4 (白)
PE 0.6号

リーダー
[クレハ] シーガー R18 フロロリミテッド
フロロ 5Lbs

ルアー
[レインズ] レインズ スワンプ ジュニア
(エビミソ)
ショート・スプリットショット リグ




スポンサーサイト



ファーストフィッシュ (利根川 バス釣り)

2018.08.15

新しいタックルを手に入れ、直ぐにでも釣りに行きたかったのですが

利根川の状態がイマイチ良くなく、なかなか踏ん切りがつきませんでした。

影響の少なかった台風が過ぎ去ってから

1週間が経とうと言うのに、水位が高い状態を維持してる。

通常水位に戻ったかと思うと、直ぐに高水位に戻る繰り返し。

今までの経験上、高水位だと少なからず濁りが入っている事が多く

魚の活性が悪い。

しかし、そろそろ我慢の限界(笑)

状態が良くないのを承知で、兎に角、1匹釣る事を目標に出撃してきました。





最初のポイントは前回、入れなかった上流域の上流部にある

流れのある水門からです。(4:30)

水温:27℃ 水位:+50cm 濁り:あり 流れ:順流 天気:曇り 風:強め

流れだしに大量のベイトが集まっていて、良い感じです。

流れに載せ、ワームをドリフトさせ、チェックしますが異常なし。

バイトも無く、イメージしていたのと違うので移動することに。



次の場所は、上流域の上流にあるテトラ帯です。

風が強く当たり、上手くテトラの際にキャストが決まらず

ここも、早々に見切りを付け移動する事に。



今度の場所は、中流域の下流にある新テトラ帯です。

濁りもある事から、テトラ内で「じっと」していると予想して

リングシュリンプのショート・スプリットショットでテトラの際を

ボトムバンプ(エビが逃げるイメージで)でゆっくりと探りますが、ノー感じ。

もっと、スローに誘わないと喰ってこないのか?と思い、

ボトムバンプの後にロングステイを織り交ぜると、

ロングステイ中に一気にロッドが絞り込まれ、オートフッキング。

力強い引きを見せ、元気一杯で上がって来たのは


25cmクラスの子スモールマウスバスでした。

相変らずスモールは小さくても元気一杯で楽しませてくれますね。

そして、無事一発でニューロッドのファーストフィッシュを釣る事もできました。\(^▽^)/

目的も達成したことですし、次が釣れる気もしないので8:00で終了することに。



今回も釣行時間が短かかったのですが、利根川の状況としては

水が入れ替わった割には、魚の反応がイマイチでした。

やはり、水位変動の大きさと高水位、そして濁りが影響しているのでしょうか?

私の予想では、水位と濁りが落ち着いたら、荒食いが始まりそうな気がします。





今回の「落とし物」は


【ティムコ】  マッド ペッパー サスペンド Jr  (F・タイガー)

サスペンドタイプのクランクて珍しいですね。





ロッド
[モーリス] グラファイトワークス BASS トーナメントフィネスロッド
4S-611S (スーパー スプリット ショット スペシャル) 2019モデル

リール
[シマノ] '16 ストラディック Cl4+ C2000HGS

ライン
[デュエル] ハードコアX4 (白)
PE 0.6号

リーダー
[クレハ] シーガー R18 フロロリミテッド
フロロ 5Lbs

ルアー
[レインズ] 4”リングシュリンプ
(グリーンパンプキン)
ショート・スプリットショット リグ





バンタム100 SG

2018.08.14

昨日は実家に帰り、提灯を持って御先祖様を

御墓まで迎えに行って来ました。

その際、昔兄が購入した懐かしいリールを実家で見つけました。

一応、親が興味がてらバラシてグリスアップをしたみたいですが

古いリールな為、内部に汚れが溜まり酷い状態だったので

引き取って、オーバーホールする事にしました。


写真では、解り難いですが、古い汚れたグリスで「カピカピ」になってます。

そのせいでベアリングがフレームに固着してしまい、取るのに苦労しました。

ボールベアリングは2個しか入っておらず、その他は全て樹脂のブッシュでした。


今とはコンセプトが全く違う、時代を感じる構造です。

このような当時の機械的構造を見ると、当時のエンジニアが苦労して考案した

機構を見る事ができて、凄く興味深いです。


全てのパーツをバラシて、汚れを落とします。

それにしても、昔のリールはシンプルですね。

サクサクと分解できます。

”"
あっという間に、パーツクリーナーは真っ黒になって、沢山のゴミが沈殿してます。

洗浄した後は、物が古いだけに通常の硬さのグリスだとノイズが目立つので

少し固めのグリスとオイルを散布して組み立てます。

そもそも、バス釣りで使うつもりは無いので、飛距離とか気にしないのでOKです。

そして、ピカピカに磨き上げ完成です。


今回オーバーホールしたのは、シマノ バンタム100 SG です。

流石に古いリールで、長年放置されていたので、それなりの状態にしか

戻りませんが、滑らかに動くようになりました。



リールの製造年代を少し調べたのですが、

この基になったモデルがシマノの純国産リールとして誕生した

「バンタム100」で1978年登場だそうです。

今回のオーバーホールしたのは、改良型のSG(スーパーギア)モデルになるので

若干年代は若いと思いますが、どちらにせよ1980年前半のリールかと思います。

私がまだ、小学校低学年の頃のリールです。

歴史を感じるリールでした。



さて明日、御先祖様を御墓に御送りするがてら、リールを返しに行って来ます。

このリール、御盆に帰ってくる御先祖様みたいですね(笑)




4S-611S(スーパー スプリット ショットス ペシャル)購入と手書き文字解読

2018.09.05

遂に「手書き文字」の解読に成功しました。 ヾ(@^▽^@)ノ ワーイ

その為、内容を一部修正しました。

なぜ解読できたのかって?

それは製作者の「安達」さん御本人から直接聞いたからです。

自己解読を諦め、メールで問い合わせをしたら

なんと! メール返信ではなく

直接、携帯に電話がかかって来ましたからね。

いゃ~、ビックリして終始テンパってしまいました。(笑)

内容的には、ロッドとラインの話から、ロッド作りの話や

安達さんのロッド作りに対するフィロソフィーなど、

多岐に渡り、興味深く、深い、お話をいろいろとお聞きする事ができました。

しかも私一人の為に、1時間も貴重な時間を割いて頂き、丁寧に説明してくれました。

フィッシングショーで、是非トークショーをやってほしいぐらいです。

それぐらい、興味深く面白い内容でした。

また、少し話を伺っただけで、安達さんのロッド作りに対する情熱と拘りが伝わって来ました。

やっぱり、このような情熱のある方でないと、大手メーカすらも参考にするほどの、

あの革新的なロッド作りは到底無理だろうと感じました。

そして、「安達ロッド」ユーザーの皆さん、吉報です。

安達さん曰く、「皆さんの驚くような、新しいロッドの準備を進めている」そうです。

今後の動向に注目ですよ。



最後に、私のクダラナイ質問に対し、貴重な時間を割いて

丁寧な説明をして頂いた「安達」さん及び、「㈱モーリス」様に、

この場を借りて改めてお礼を申し上げます。

ありがとうございました







2018.08.11

今回は長文です。



昨日、キャスティングから入荷連絡が入ったので

ワクドキしながら引き取りに行って来ました。 (⌒-⌒)

待ちに待った、このロッド。


モーリス グラファイトワークス Bass トーナメントフィネスロッド

4S-611S(スーパー スプリット ショットス ペシャル) 購入です。

付属品は、ロッド、竿袋、ロッドケース、書類です。

まるで、フライロッドのようなケース付きのバスロッドは初めてです。

しかし改めてロッドに触れた瞬間、ロッドケースが必要なのは直ぐに解りました。

この繊細なロッドに段ボール梱包は心配になりますよね。



さて、購入報告(自慢とも言う?)で終わりも、つまらないので

インプレと行きたいところですが、ロッドの使用感については

他の方が適格なインプレをUPしてくれると思うので、そちらにお任せします。

その代わり私は、昔から「読めそうで読めない。読めなそうで読める。」と言われている

ロッドデザイナー「安達」さんの、手書き文字を読み解いて行こう思います。(笑)



まずは、ロッドケースから


"Morris graphite works"
The one and only


works limited

まだ、この辺は序の口ですね。



ロッドケースについていたタグです。

こんなタグも手書きです。

安達さんのロッドに対する凄いコダワリを感じます。


Pro4EX Super Split
Shot Special
4S-611S. length : 6'11"
for all Tournament Finesse
Super Completeg
by T. Adachi


おっ! Pro4の文字が、正式に継承ロッドである事を表明してます。



次は、いよいよロッドです。

まずは、チョークガイド(一番リールに近いガイド)から


Super
hybrid
glass *****
glass spec
C・40T Carbon
& 40T Carbon
limited -2019-

安達さんに教えて頂き、解読完了!

イキナリ解読不明なヶ所が・・・ (読めそうなんだけどな~)

素材名と製法?が記載されてるようです。

カーボンとグラスのコンポジットロッドですね。

C・40Tとはコアに40Tを使用しているて意味かな?

コア(内側)に40Tカーボンを巻いていますが、「CORE」の「C」ではなく「&」だそうです。


Titanium
T2 Torzito

ガイドの種類ですね。

富士工業のチタンフレームのトルザイトリングでフレームカラーが

ダークグレーのT2を使用してます。


Tuning
ATTG

チョークガイドは、富士工業のATTGと言うガイドをチューニングしてるて事のようです。

ガイドフットをカットしてセットしているからだと思います。



次はバット部です。


Pro4EX Super Split
Shot Special - 611
Tournament Finesse
Morris graphite works

お~、Pro4の名前が堂々と記載されてます。

本当にPro4が復活しました。 ヾ(@^▽^@)ノ



Model no : 4S-611S. length : 6'11"
only Finess Rig : Zero ~ 7/16 oz. FC : 2~5LBs
**** Finesse PE : #0.2~#0.4 <VARIVAS>
Ultra Finesse PE : #0.2~#0.4 <VARIVAS>
Japan Finesse Edition 2019

スペック表示ですね。

FCとはフロロカーボンの略です。

ここも解読不明ヶ所が・・・

ここは、なんとか解読成功。


フォアグリップ部です。


Limited Edition - 2019

今年て、2019年だったけ?

この謎も教えて頂きました。

商売て大変ですよね。


Ser. no. 205 / 250

250本生産した中の205本目て事ですね。

私が聞いていたMAX数より50本多いです。

受注が多かったんですね。



リールシート部です。


Works
Limited
-2019-



最後はセパレート部です。


"Pro4. Parming Cast Grip System"
for Competitive *** only
for Competitive use only
T. Adachi

また、読めないヶ所が・・・

安達さんに教えて頂き、解読完了!

Pro4時代に考案されたパーミングキャストグリップを搭載しているて事ですね。

競技志向のグリップである事を表明してます。

金色のシールは、CFRJ(certified by N.F.R.F.T.C.)のシールです。

全国釣竿公正取引協議会が公認したロッドて事ですね。


There is No Choice But to Keep Going
T. Adachi

最後は「安達」さんの「座右の銘」が記載されてます。

「前進あるのみ」て意味なのかな?
「やり続けなければ、しょうがない」と言う意味だそうです。



読めない&該当する単語も思い当たらず、

英語の語学力が無いて事もあるのですが、噂通り難解でした。

御本人から聞かなければ、一生解らなかったかもしれません(笑)

誰か、***の部分解る人いたらコメントお願いします。




折角なので、添付されてる書類も見てみましょう。

スキャナーで取り込んだので、写真よりは見やすいかな?

まずは、諸元表ですかね。



当たり前の事ですが、ブランクスは中国で焼いています。

今や国内で焼いている方が、少ないみたいですね。

全く問題なし。

そして、メインマテリアルはグラス、補強としてカーボンを使用してます。

繋ぎのレジン量は少ない、超低レジン仕様。





次は保証書です。


ロッド購入価格が、割引+ポイントを加味すると

定価45,900円が37,180円で実質購入できました。(約19%引き)

その金額からすると、妥当な免責額ではありそうです。

因みにバットセクションの免責額がテップセクションの倍になってます。

現物を見ると解りますが、バットセクションは異常なくらい手間を掛けて

組まれてるので金額相応かな?と思います。

因みに枠外の下に記載されてますが、

バットセクションは修理に3ヶ月程度かかるそうです。(笑)

結局、折らなければ関係ない話ですけどね。



保証書の裏面にも「安達」さんの手書き文字が

Completed by
T. Adachi
Jul.31.2018


2018年の7月31日に完成したようですね。

それにしても「安達」さん、手書き文字、書きすぎですよ。(笑)



そして、ufmウエダ時代から有名な脅迫状(取扱説明書)です。

読みたい方は、拡大して読んで下さい。



ロッドの特長や注意書が書いてあります。

お約束なので、怖そうなのを何点か要約して挙げてみると

・力任せな使用はグリップ破損の原因になります。

・ジョイントの抜き差しをする際に、ジョイントのアイマーク付近以外を持って実施すると
 急激なネジレにより使用中に破損する恐れがあります。

・瞬発的なフッキング、根掛りのあおり、ロッドを立てすぎてのファイト、
 ティプ部のラインがらみ、魚の抜き上げはロッドの破損につながります。


いや~、恐ろしい内容ばかり。

改めて、使いこなせるか不安になってきた。



そして、一番困ったのが、

・#2000番を超えるリールを使用したり、過度の力が加わると、ロッド破損防止の為、
 グリップパーツが稀に外れる事があります。


2000番を超えるリールが使えないだと??

バス用は2500番を1台しか持ってないし (T△T)

急遽、2000番のリールを購入しました。


シマノ  ストラディック Cl4+ C2000HGS

本当はダイワが良いのでしょうが、自分シマノ派なんで、これにしました。


合わせてみると、デザインバランスは良い感じです。 (⌒-⌒)





これで準備は整いました。

後は、このタックルで魚を釣るだけです。

これが、一番難しい(笑)





グラファイトワークスのバスロッド関連記事になります。

宜しければ、こちらもご覧ください。

ufmウエダ Pro4 (バスロッド) 完全復活!!
http://potoponnoblog.blog.fc2.com/blog-entry-310.html

モーリスグラファイトワークス・BASS トーナメントフィネスロッド
http://potoponnoblog.blog.fc2.com/blog-entry-322.html

4S-611S(スーパー・スプリット・ショットス・ペシャル)のインプレッション
http://potoponnoblog.blog.fc2.com/blog-entry-377.html




ベイトは大量に居るのに (利根川 バス釣り)

2018.08.11

木曜日の台風も、銚子を直撃した割には雨風も大した事なく

無事、通り過ぎてくれて良かったです。

銚子人曰く、「いつもの海風と変わらん」と言ってました。

どんだけ、普段の海風強いんだよ。(笑)

しかも、この適度な雨で利根川の水が入れ替わって良い状態に

なる可能性もあるので、被害の出ない台風は歓迎ですね。

水位や濁りを確認しても、殆ど影響なさそうなので利根川へ出撃してきました。





いつもは下流域ばかりなので、今回は上流域の2ヶ所を攻めようと思っていたのですが

出発直前に雨・・・・ しかも本気で降ってるし。

水位や濁り、水温は確認していたのに、天気を確認するの忘れてました(笑)

今日は「曇りのち雨」の予報

この雨のおかげで、上流域は1ヶ所しか行けなくなりましたが、取り合えず出発です。

4:30到着。

雨は既に止んでいたのですが、既に先行者が入ってます。

はい終了。 移動します。

結局、下流域へ大移動する事にしました。 (笑)





大分、時間をロスして5:30に到着です。

場所は、下流域の上流部にある、お気に入りのディープが直撃できるテトラ帯です。

水温:26℃(下がりましたね) 濁り:あり(台風後にしてはマシ?)

流れ:順流(少し強い) 水位:+60cm 風:無風 天気:曇り

沖でのハクレンジャンプはありませんが

岸際は大量のベイトが接岸して、期待大です。



しかし、しかし、ベイトは大量に居るのにノーバイトで終了です。(7:00)





確かにベイトは、いつもより遥かに沢山いましたが、それを狙ってのライズが皆無でした。

ベイトを追って、バスが入って来てきてないようです。

そもそも、濁りと水位が落ち着いてからが本番なんで

今日は、釣る気ないし。 ( ̄∇ ̄)






勿論、負け惜しみです。(笑)

本当のところは、朝から体調が優れず、10:00から買い物に行く予定もあったので

早めに見切りを付けての終了です。





おっと、そろそろ買い物に行く準備でもしようかな  ((o(^-^)o))わくわく




訪問者数
現在の訪問者数
現在の閲覧者数:
プロフィール

ぽとぽん

Author:ぽとぽん
「ぽとぽん」のブログに
お越し頂き、
ありがとうございます。

利根川本流を中心に
岸から狙うバス釣りに
ついて書いてます。

一匹必釣を目標に
上流は栄橋から
下流は小見川大橋まで
走り回ってます。

決して釣りが上手い
わけではありません。
連続ボーズも当たり前ですが
利根川でバス釣りする方に
少しでもヒントになればと
思っています。

宜しくお願い致します。

メモ
上流域
(栄橋-長豊橋)
中流域
(長豊橋-水郷大橋)
下流域
(水郷大橋-小見川大橋)

カテゴリ
リンク
最新コメント
RSSリンクの表示
月別アーカイブ