FC2ブログ

生命感ゼロ・・・ (利根川 バス釣り)

2018.04.29

大型GWが、いよいよスタート、世間では9連休の大企業もあるようですが

私の会社は暦通りのGW。のはずが後半は仕事で出張することに (T_T)

そう言うわけで、釣りに行ける内に行こうと思い

利根川へ、バスを釣りに行って来ました。





前回までの釣行で、魚のコンディションが上がって来ているのは解ったので

今回は朝一のゴールデンタイムを新エリア開拓の時間に充てました。

新エリア開拓は、魚の活性が上がっている朝一にチェックしておくと

魚のサイズや付き位置などのポテンシャルを判断しやすいですからね。

場所は、下流域の上流部にある有名スポーニングエリア近くの水門回りです。


水質:濁りあり(4日前の雨の影響が残っているようです) 風:なし 水位:-10cm

水温:19℃ 天気:曇り 流れ:順流 時刻:6:00


日の出は、いつ見ても気持ち良いものです。

しかし、釣果の方はノーフィッシュ!

色々と得る物はあったのですが、 前回と違い生命感が全くありません。

移動です。





次の場所は、下流域の上流部にある有名スポーニングエリアと

コンタクトポイントになりそうなテトラ帯です。(いつもの場所です)

こちらも、生命感がなくノーフィッシュ。

しかし、スポーニングエリアで釣りをしていた人は1匹釣ったとのこと。

魚は入っているようですが、後が続かない様子です。

予想外の展開に少し焦り気味で、場所移動です。(笑)





次は、前回好調で今回の本命エリアです。

中流域の下流にある新テトラ帯です。

しかし、ここも生命感ゼロ・・・ まずいかも?

兎に角、1匹欲しかったので、一等地であるテトラ帯の一番端を

懐かしいワームの「ショート・スプリットショット」で

「ネチネチ」とじっくりホップさせ、誘いを入れます。

その効果があったのか、ラインが「スーッ」と走り出しました。

少し、間を空けフッキングし、強い引きを楽しみながらキャッチ成功です。







42cmのラージマウスです。

ブログに載せる魚が釣れて一安心です。 (^^♪



ナイスコンディションでしたが、雄のようです。

まだまだ、スポーニングは続いているはずなんですが、雌は釣れないですね。

この後は、バイトが無く場所移動です。





最後に選んだ場所は、中流域の下流にある過密テトラ帯です。

この場所は、メジャー場所なだけあってプレッシャーが高く、スレたバスが多いです。

しかし、今日は濁りが入っているので行けるかも?

いつも通り「ショート・スプリットショット・ワッキー」でテトラの穴を打って行くと、

バイトはあるものの乗らない・・・

小さいのか? スモールなのか? とにかく何度フッキングしても乗らない。

ここでも、近くで釣りをしている人に話を聞くと

「釣れるのは全て20cmぐらいのバス」とのこと。

やはりそうでしたか、居る魚は小さいのね。






釣れてビックリ、本当に小さい・・・ 20cm無いと思います(笑)

このエリアだけ、バイトが多いので運が良ければ40UPをと思ったのですが、

タイムアップで終了です。(10:00)





結局、この日は雨の影響による濁りによって、魚全体の活性が下がってしまい

反応が悪かったのかな?と思います。

その為、一番良いポジションにいる魚(一番元気な魚)が

粘って、やっとバイトした感じですかね?

子バスについては、何故あの場所にだけ沢山居たのかは、解らないですね。

纏まった雨が降ると、直ぐにリセットされてしまうのが利根川と言えば、それまでですが・・・

難しいですね。

結果的に利根川は、まだ回復していない。

私の予想では、5月1日-2日あたりから爆発するのではとの予想です。

5月3日に釣りに行きたいです。(行けるかな?)





それと、落とし物を今回も沢山拾いました。 (笑)

まずは、



ダイワ  T.D.スイッシャーZERO W   (鮎系)

ダブルスイッシャーは、今まで使った事ないかも? 





マルキユー(ノリーズ)   ショット・オーバー3   (プレミアムゴールドシャッド)

ボーターの方は、ディープダイバー系を使っている人、多みたいですね。

前にもディープダイバーを拾ったような?

テトラの10m級アウトラインを狙ってるのでしょうか?

綺麗なフックサークルがクッキリと付いて使いこんでいるのが解りますね。

陸っパリだとフックサークルが付く前にロストしちゃいますよね。





アムズデザイン(アイマ)   フォクシー・フライ   (ワカサギ?)

シーバスで有名なアイマのバスルアーですね。

シーバスでは「コモモ」、「サスケ」にお世話になりました。

因みに、本社が千葉県の旭市にあるんですね。

このルアーもボーターが使っていたのかな? フックサークルがクッキリと付いてました。




ロッド: ufmウエダ Pro4 PB-60B(改)(パーフェクション)スパイラル&セミマイクロ仕様
リール: シマノ '01カルカッタ コンクエスト100(改) + Avail(CNQ1034)
ライン: クレハ フロロマスター(フロロ14lbs)
ルアー: スライダーカンパニー スライダー4”ワーム(クリアピンク系)
         ショート・スプリット・ショット
      レインズ レインズスワンプ(ミソッパノン)         
         ショート・スプリット・ショット・ワッキー





最後に、今回使った懐かしの「スライダーワーム」

知っている人は、40UPですね。(笑)

最近めっきり見かけなくなりましたね。

最近の人は知らないと思いますが、アメリカ産ルアーの定番で

スプリットショット = 4”スライダーワーム て言うぐらいの超定番でした。

今で言う、4”カットテールみたいな存在でした。(価格も安かったし、300円ぐらい?)

それにしても懐かしい。



このワームに、お世話になった人、多いと思いますよ。



スポンサーサイト



春バス釣るなら今しかない (利根川 バス釣り)

2018.04.14

先週の結果から、春バス釣るなら今しかないと思ってたら

タイミング良く、N/Aからお誘いのメールが来たので2人で行く事に。

しかし、しかし、開始時間がN/Aの仕事終わりの都合で午後になったのが

それだけが心配です。(午後から天気が崩れ荒れる予報なので)





まず最初のポイントは、下流域の上流にある前回と同じテトラエリアです。

到着早々へこたれそうな程の強風が吹き荒れて、白波が立ってます。
(13:00)

水温:16℃(良い感じです) 濁り:風により少し濁りあり 流れ:? 水位:-30cm
風:強風(南) 天気:曇り時々雨

霞/北浦なら強風下での「シラウオ」パターンなんて言って巻物をする所なんでしょうが

利根川には「シラウオ」が居ない?のでテトラ打ちをします。

しかし、強風過ぎて操作感がイマイチ。

バイトも無いし、風が強過ぎるので移動します。





スポーニングエリアを軽くチェックしてから、訪れた次のエリアは

中流域の下流にある前回と同じテトラエリアです。

ここは荒れた時に、ちょっとした魚の避難所になりそうな場所でもあります。

ここでも、2人揃ってジグ打ちです。

開始そうそう、魚からの反応はあるもののフッキングミス。

N/Aは35cmクラスのバスをキャッチ寸前で痛恨のオートリリース。

その後もバイトは続きますが釣れたのは

15cm の立派なブルーギル。

スワンプワッキーなのに綺麗に上顎にフッキングしてます。

負けじとN/Aも


少し小さいブルーギルをキャッチ

これで2人ともボーズは回避できました(笑)

定期的にバイトはあるものの、なかなかフッキングが決まらないので

バイトがあっても我慢して十分に送り込んで、

ラインが走り出すまで待ってからフッキングすると

やっと釣れました。


35cmの可愛いラージマウスです。

この後も、同じようにラインを送り込んでみるものの途中で離されたりして

上手くフッキングする事ができず

やっとの事でフッキングできたのが


42cm のラージマウスバスです。

何回もフッキングを我慢して待った甲斐ががありました。


腹が「ぱんぱん」で完璧なスポーニングバスですね。

利根川のスポーニングはゴールデンウィーク頃のイメージがあるので

これから本格的に、利根川のスポーニングシーズン突入になるのかな?

私は2匹釣ったものの、N/Aがまだバスを釣ってない。

久しぶりに釣りに来たのにタイムアウトかな?と話ていると

なんと終了間際にキャッチ。


36cmのラージです。  今年の初バス、おめでとう!!

N/A、今日は持ってるね(笑)


これはオスかな? 少しだけお腹が張ってました。


本日は、このバスを釣って終了です。(17:00)





今夜から明日にかけ、天気が台風並の大荒れになるらしいのですが、

その影響の為、午後から強風が吹き荒れ、魚は身を隠せる安全な

場所に移動している感じでした。(気圧低下の影響もあると思います)

しかし、魚はスポーニングに備えエサを食べたい為、目の前に来たルアーを

捕食するものの、低気圧の影響の為か食べきれない感じでした。

明日は大荒れになる予報なので、利根川は1回リセットですね。





今日の落とし物。


エバーグリーン  ワンズバグ (フラッシュクラウン)

先週来た時は落ちてなかったのに、皆さんよく落としていくものです。





ロッド: ufmウエダ Pro4 PB-60B(改)(パーフェクション)スパイラル&セミマイクロ仕様
リール: シマノ '01カルカッタ コンクエスト100(改) + Avail(CNQ1034)
ライン: クレハ フロロマスター(フロロ14lbs)
ルアー: レインズ レインズスワンプ(ミソッパノン)         
         ショート・スプリット・ショット・ワッキー





本格的にシーズンイン (利根川 バス釣り)

2018.04.08

気温も水温も上昇し、いよいよ春本番。

今年に入って長い事、釣れない日々が続いている自分に取っては、

待ちに待ったシーズンインです。


しかし、前々日と前日の2日連続の爆風・・・

今日は、風も穏やかで良い感じ、ただし気温が少し下がる模様。

先日の爆風を意識して、無い頭を絞って作戦を立てて行って来ました。



最初のエリアは、

下流域の上流にある、スポーニングエリア近くのテトラ帯です。 (6:00)

水温:16℃ 風:少し 濁り:あり 水位:+30cm 天気:晴れ 流れ:??

まずは作戦通り、先日の爆風でスポーニングエリアの魚が一段下に落ちていると

予想し、コンタクトポイントになりそうなテトラ帯に来てみました。


落ちている魚めがけ、ディープ側のテトラにショート・スプリット・ショット・ワッキーを

時間を掛け打ち込みますが、全く反応なし。 

少し飽きて居たので、今度は足元の護岸のヘチに落としてみると、一撃でバイト。

ナイスファイトを見せるものの、フッキングがガッチリ決まっている為、無事キャッチ成功。


ジャスト40cmのラージ。

今年初の利根川本流バスです。 (●⌒∇⌒●)



フッキングもバッチリです。

魚は、シャローに居るみたいです。

イキナリ予想が外れました (笑)

時間を掛けディープを打っていたのが無駄に・・・



この魚、雄かな? お腹が大きくないです。


その後はシャローをメインに打っていると、時々バイトがあるものの、フッキングが決まらず。

結構反応があるので、気分を切り替えて、ラパラF11のストップ&スローゴーで流していると

「グッン グッン」と気持ち良いバイトが、そのまま巻き合わせを入れ、キャッチ成功です。


先ほどよりも小さい、38cmのラージです。

11cmの長いミノーを半分丸のみに・・・ やる気満々ですね。


これも、雄かな?


シャローに魚が居るなら、スポーニングエリアには、もっと大きな魚が居るかも?

と思い確認の為、移動です。




今度は、下流域の上流にある、有名なスポーニングエリアです。

リップラップが入っている周辺を、丁寧にワームでズル引きしますがノーバイト。

バスボートの方々も釣れていない様子。

スポーニングエリアには、やはり魚が居ないようです。

ならばと、次へ移動します。




次は、中流域の下流にある新テトラ帯です。

ここは、ディープ隣接の小さなシャロー&テトラ帯です。

先ほどと同じようなシチエーションの場所になります。


このエリアの水中には


ゴリとエビが無数に居ました。

これは期待できるかも。


先ほどと同じく、丁寧にインサイド側の浅いテトラを

ショート・スプリット・ショット・ワッキーで

打って行きますが、ノー感じ。

今度は、アウトサイド寄りのテトラを打ってみると、押さえ込むバイトが、

しかしフッキングするもスッポ抜け・・・

そのまま、続けてアウト側を打っていると、また押さえ込むようなバイトが

今度はフッキングが上手く決まって、キャッチ成功です。


35cmのラージです。

なかなか、綺麗な魚体です。

このまま続ければ、もう少し釣れたかもしれませんが

久しぶりの釣りで疲れたので、これで終了です。(9:30)




今日は、完全なスポーニングエリアは、まるでダメな感じでした。

しかしスポーニングエリア一歩手前の場所が、

バイトの数も多く、魚の活性が高かったです。


今回は自分のミスでキャッチできなかったバスが多かったですが

沢山釣れた人、多かったのではないでしょうか?


これだけバイトが多いと、いよいよ本格的にシーズンインですね。

それにしても、ビックバスは何処に居るんだろうか?




最後に恒例の落とし物ルアー達です。


モード(エバーグリーン)  ワイルドハンチ  (ブリーディング・ブラウン・クロー) 

キーボード埃だらけだな~ (笑)



バイオベックス  ジョイント・ギル90SS  (グリーンギル)

ルアー拾ってしまったけど、魚も釣れたから良しですね。




ロッド: ufmウエダ Pro4 PB-60B(改)(パーフェクション)スパイラル&セミマイクロ仕様
リール: シマノ '01カルカッタ コンクエスト100(改) + Avail(CNQ1034)
ライン: クレハ フロロマスター(フロロ14lbs)
ルアー: レインズ レインズスワンプ(ミソッパノン)         
         ショート・スプリット・ショット・ワッキー
      ラパラ オリジナル・フローター F11(S)




訪問者数
現在の訪問者数
現在の閲覧者数:
プロフィール

ぽとぽん

Author:ぽとぽん
「ぽとぽん」のブログに
お越し頂き、
ありがとうございます。

利根川本流を中心に
岸から狙うバス釣りに
ついて書いてます。

一匹必釣を目標に
上流は栄橋から
下流は小見川大橋まで
走り回ってます。

決して釣りが上手い
わけではありません。
連続ボーズも当たり前ですが
利根川でバス釣りする方に
少しでもヒントになればと
思っています。

宜しくお願い致します。

メモ
上流域
(栄橋-長豊橋)
中流域
(長豊橋-水郷大橋)
下流域
(水郷大橋-小見川大橋)

カテゴリ
リンク
最新コメント
RSSリンクの表示
月別アーカイブ