FC2ブログ

フックについて

2017.09.03

前回の釣行の翌日、親指を縫う怪我してしまい

1ヶ月程、釣りに行け無くなってしまいました。

そんな折、「M清」からは

こんなの釣れたと、TEL&写真が送られてくるし


70cmのシーバスだそうで、しかも釣れた場所を聞いて

電話口で大爆笑してしまいました。

こんな奥まで入って来るんですね。





そんなんで、釣りに行きたいけど、行けない。

モンモンとした気分を落ち着かせる為に、

昔から気になっていたフックについて調べてみました。

フックは大きく分けて、「掛かり性能」と「刺さり性能」の

2つのバランスで作られているようです。

因みに

「掛かり性能」:針先が口の何処かに引っ掛かること (まだフックは、貫通していません)

「刺さり性能」:フックが貫通すること


そこで、使用しているフックが、どちらの性能を優先して作られているのか

調べる方法がこれです。


皆さん大好きな、「デコイ」の「キロフック ワーム17 1/0」です。

これで確認してみます。

①針先から延長線を引きます。

②針先からアイまで線を引きます。
 
③2本の線の角度を確認します。


この角度が広いと「掛かり重視」

逆に角度が狭いと「刺さり重視」のフックになります。

何故そうなるの?と言う、力学的な事についてはググって下さい。

広い=掛かり重視

狭い=刺さり重視


これだけ知ってればOKです。


このフックは、kgフックに比べて「掛かり重視」になります。

「掛かり」が良いと言う事は、根掛りしやすい事にもなりますが・・・

上手く使えば、掛かりが良くて使いやすいです。

ところで、上の2枚の写真を見て気が付いた方もいると思いますが

ショートシャンク / ワイドゲイブ = 掛かり重視

ロングシャンク / ナローゲイブ = 刺さり重視


とも言えます。 (厳密にはフックポイントの向きもあるのでチョット違いますが)

上記の事を基に、釣り具屋さんでフックを見比べて見るのも面白いかもしれません。





因みに皆さんは、どんなワームフックを使ってますか?

私は、上の写真のワームフックの使用率が異常に高いです。(9割以上?)

ほぼ、このワームフックしか使っていないと言っても良いぐらいの使用率です。




(株)土肥富   H/P: http://www.fishhook.co.jp/

No3310 ワームフック10 #2


メーカには悪いですが、これと言って突出した特徴のない極普通のフックです。

特殊な形状にカットされた針先でもなく、

刺さりを良くするコーティングがされているわけでもありませんが

フッキングが悪いとか、折れるとか、バレやすい訳でもなく

基本性能は十分に備わったフックだと思います。

が、しかし、一つだけ突出した性能?があります。

それは、価格が激安。

ネット通販で1袋(100本入り)で778円です。 

1本あたり、7.78円。 10本でも77.8円です。

そんなフックを使用して


スナッグレス・ネコリグ用のフックを作ったり


ガードフックを作ってみたり


スモラバを巻いてみたりと、使ってみましたが全く問題なしです。

唯一残念なのは、#2より大きいサイズが無い事です。

1/0ぐらいまで作ってくれると嬉しいんだけどね。

スポンサーサイト



訪問者数
現在の訪問者数
現在の閲覧者数:
プロフィール

ぽとぽん

Author:ぽとぽん
「ぽとぽん」のブログに
お越し頂き、
ありがとうございます。

利根川本流を中心に
岸から狙うバス釣りに
ついて書いてます。

一匹必釣を目標に
上流は栄橋から
下流は小見川大橋まで
走り回ってます。

決して釣りが上手い
わけではありません。
連続ボーズも当たり前ですが
利根川でバス釣りする方に
少しでもヒントになればと
思っています。

宜しくお願い致します。

メモ
上流域
(栄橋-長豊橋)
中流域
(長豊橋-水郷大橋)
下流域
(水郷大橋-小見川大橋)

カテゴリ
リンク
最新コメント
RSSリンクの表示
月別アーカイブ