FC2ブログ

何が違うんだろうか? (利根川 バス釣り)

2017.07.23

今回は最近行っていないポイント & 新規ポイント開拓に行ってみました。

最近行ってない = あまり釣れない or アクセスが面倒な場所なので

労力の割には報われず、ご無沙汰になっている場所です。



最初の場所は、中流域の上流部にある水門群です。(4:30)

ボートでは有名なエリアですが、オカッパリとなると一部の水門を除いて

アクセスが面倒な場所です。 

その為、歩く距離が長く、時間がとられ疲れるので、行きたくない場所の一つです(笑)

水位:ふつう 水温:27℃ 水質:少し濁り 流れ:弱い順流 風:あり 天気:曇り

まずは、朝一なのでトップからスタートすると、ヘラ台脇でスグに水柱が上がりました。

サイズは小さいけど、ナイスファイトの元気な魚です。

ダブルフックはバレやすいので、慎重に寄せてくると

岸際でジャンプされフックオフ・・・ Σ(|||▽||| )

折角トップで出たのに残念。


今度は、スワンプのショート・スプリットショット・ワッキーで

テトラをボトムバンプさせながら流します。

するとゴミが掛かったような違和感。

「聞き合わせ」しても反応なし。

疑心暗鬼でフッキングしてみると、魚でした (^○^)

今度はシングルフックなので安心して引きを楽しみながらキャッチ成功。


35cmクラスのラージマウスバスです。

この魚も良い引きしてました。

魚が捕れたので新規ポイント開拓の為、移動します。



中流域の中流にあるエリアに来ました。

この場所、昔は○○○前と言われているハンプ?で

ボートでは有名な場所だったのですが

最近はボートが浮いているのを見かけなくなりました。

沖にロングキャストして、地形を探りますが・・・ ノー感じ。

やっぱり、ボートで魚探がけしないとダメかな?

それとも、台風等々で地形が変わって潰れたのかな?

結局、今日は1匹で終了です。(9:00)



そして今回は、こちらもキャッチできました。


エバーグリーン  ワイルドハンチ  (ブラウンバックチャート)

このルアー「固定重心」で「ノンラトル」なんて今時珍しいですね。



今日の私の釣果はイマイチでしたが、ボートの人は結構釣っているようすで

数艇のボートで魚を取り込んでるのを見かけました。

中には、5匹ぐらい連続てキャッチしているボートもいましたので

魚の活性自体は良かったみたいですね。

同じような場所を狙っているのに、何が違うんだろうか?



ロッド: ウエダ Pro4 PB-60B(改)(パーフェクション)スパイラル&セミマイクロ仕様
リール: シマノ '01カルカッタ コンクエスト100(改) + Avail(CNQ1034)
ライン: クレハ フロロマスター(フロロ14lbs)
ルアー: レインズ レインズスワンプ(ミソッパノン)         
         ショート・スプリット・ショット・ワッキー


スポンサーサイト



魚は思ったよりも居ます (利根川 バス釣り)

2017.07.16

梅雨も開けていないのに暑い! 朝から暑い!

かと思えば、九州は超豪雨で被害が甚大。

ついでに愛知県でも豪雨、普段は大した水量もない五条川が氾濫て・・・

良く通っていた場所なのでビックリです。

こんなに暑くては朝一しか、やる気が出ない。

いつも通り、日の出と共に釣り開始予定だったのですが、

目覚めると4:30、ちょうど日の出時刻です。 完全に寝坊(笑)



結局、現地到着は5:00過ぎ、既に暑いんですが・・・

場所は、利根川本流の中流域の下流にある新テトラ帯からです。

水位:▲50cm 水質:普通(一部クリア) 水温:27℃ 流れ:なし 天気:曇り 風:微風

条件悪くない? 完全に水が淀んでるし、底が丸見え。

まずは朝一なのでトップで流して行くと、意外や意外バスが追いかけて来る。

ただし、追いかけて来るだけで喰わない。

水深が合ってないのかな?と思いスイミングワームにするけど、やはり食わない。

フォローにノーシンカーの芋グラブを投げるけど見向きもしない。

横の動きには反応するけど、フォール系は反応が悪いみたい。

因みにサイズは30後半ぐらいかな?

結局、釣れず場所移動です。



少しでも流れのある場所を求め、潮の影響が大きそうな、

下流域の下流にある沈みテトラ帯に行って見ましたが、やはり流れなし。

ここも底まで丸見え状態。

そんな中、釣りをしていると、白鳥が目の前まで寄って来て食事を開始。

君、野生の白鳥だよね? 人なれ過ぎじゃない?



この場所は彼らに譲って、丸見えのテトラ帯にスワンプクローラーのスプリットショットワッキー

で打って行きます。

着水から回収まで、全てルアーが丸見え。

魚居るのかな?と思いつつ、目を離したスキにロッドが絞り込まれオートフッキング。

オートフッキングは針掛かりが心配なので、丁寧に扱い無事キャッチ。


43cmのラージマウスです。

釣りって、こんなもんですよね。 バックラを直していたり、目を離していると釣れる(笑)

釣るぞ~と言う殺気?が無くなるのが良いのかな?



そして、良い感じの水門とマッドカバーを発見。


水ヒマワリかな? 利根川だとあまり見かけないけど、どこから着たのかな?

このマッドカバーの下には魚が確実に居る事でしょう。

ここで問題が、使っているロッドがミデアムライト・パワーの為、

魚がデカすぎると抜けない可能性が大きい。

リグは、貫通性の良いチェリーリグを使用しますが、

手持ちウエイトが2号(7.5g、1/4oz+)と軽い。

不安材料が多いけど、駄目元でウエッピングで加速を付け、マッドカバーを突き破ります。

数回に1回、突き破る事ができ、フォール後ロングシェイク。

何ヶ所目かの突き破りで、バイト!!

フルパワーでフッキング&鬼巻き!!

それに耐えきれずドラグが滑る、慌ててドラグを増し締めしてブチ抜き成功!!

魚が思っていたよりも小さくて助かりました。 


38cmのラージマウスです。

魚が小さくて良かったなんて、初めてかも(笑)

次の場所に移動です。



今度は、中流域の中流にあるリップラップエリア。

この場所は、ディープが近く地形が複雑で流れが当たりそうな場所。

しかし、流れはなし。

ここも底が丸見え。

スイングインパクトのスイミングで流して行きます。

リップラップのアウトエッヂ側でゴン! そのままオートフッキング。

今度は追い合わせを入れたので安心です。

引きを楽しみながら無事キャッチ。


38cmのラージでした。

先ほどの魚に比べコンディションが良いですね。

そして今日は、これで終了です。 (10:30)



どこでも目視できる魚は結構いました(ラージ&スモール)が、食わせきれませんでした。

しかし、そんな中でも「やる気」のある魚は簡単にバイトしてくる感じです。

何でスイッチが入るのかは解りませんが、リアクションと横の動きに反応が良いような?

明日も、お休みの方は熱中症にくれぐれも気を付けて楽しんで下さい。

魚は思ったよりも居ますよ。



ロッド: ウエダ Pro4 PB-60B(改)(パーフェクション)スパイラル&セミマイクロ仕様
リール: シマノ '01カルカッタ コンクエスト100(改) + Avail(CNQ1034)
ライン: クレハ フロロマスター(フロロ14lbs)
ルアー: レインズ レインズスワンプ(スカッパノン)         
         ショート・スプリット・ショット・ワッキー
      レインズ 3.5”レインズホッグ(ヨシノボリSP)
         チェリーリグ
      ケイテック スイングインパクト3.5”(エレクトリック・シャッド)
         ショート・スプリット・ショット


そう言えば、今日はルアーを拾ってないや。




ズイール テラーの種類と特徴について

2017.07.01

バスを釣ったら毎回ルアー名を記載していますが

前回トップで釣ったズイールのBチマ・テラーⅡ、このルアーは中古で購入した為

製品名が解らず名前を調べるのに苦労しました。

マーキングでズイールのルアーと言う事は解っていたのですが、

品名がマーキングされていませんでした。

そこで、トッパーでも無くズイールフリークでも無い、私が語るのもおこがましいですが

ズイール テラーの種類と特徴について記録を残しておきたいと思います。

また、間違いがあるようでしたらコメント頂ければ修正いたします。



TERROR(テラー):恐怖

まずは、サイズから

大きい方から

5/8ozクラス (ベイト用)

3/8ozクラス (ベイト用)

Bチマ 5/16oz (ベイト用)

チマチマ 1/4oz (スピニング用)

ミニチマ 3/16oz (スピニング用)


の5種類があるようです。

因みに「クラス」と表示されているのは、ウッド製でバラツキがあるため

だいたい○○ozだよて事みたいです。

見た目の違いは、サイズが違うのは勿論ですが、5/8と3/8はグラスアイ仕様で

チマチマシリーズはペイントアイ仕様になってます。


種類は

テラー

テラー35

テラーⅡ

ジョイントテラー


の4種類があるようです。




各ルアーの特徴は

テラー

水平浮き

スケーティングアクションで振り幅が大きい為、オープン向き

見た目の特徴は、頭からシッポまでテーパーが緩いです。

テラー35

約35度の斜め浮き 

35度で浮かせるつもりで作ったが・・・ 35度で浮いていない、

でも、名前は先に付けたから、と言う事らしいです(笑)

アクションは、ドックウォーク寄りでピンスポット向きだけどオープンでも使える

見た目の違いは、テラーより「頭でっかち」で「シッポ」が「シュッ!」となってます

頭が大きいせいか、水押しが強い見たいです。

テラーⅡ

テラーと同じ水平浮き

テラー35のようなドックウォークをしながら、捻りが入るアクションでピンスポット向き

見分け方は、ラインアイの位置がセンターより若干ズレているので見分けやすいと思います。

ジョイントテラー

水平浮きで「くねくねアクション」?

見た目の特徴? ジョイントされてます。


ジョイントテラーを除く、5サイズ×3種類の計15種類が基本構成のようです。

こんな感じで語ってますが、私が持ってるのは、これだけです(笑)


Bチマ テラーⅡ



今回のブログの元ネタはと言うと



作製者のDr柏木さんが言ってるので間違いないでしょう。

ただ、いろいろ調べていくと、上記の他にも「1ozクラス」のアマゾンテラーがあったり

「1/2ozクラス」とか、「テラー45」、「テラー90」なんてのも

最近の新作では「テラーT」なんてのも販売しているようです。

ここで、えっ?て私は思いました、最近の新作?

確か、ズイールて倒産したはずじゃ?

調べてみました、ズイールは倒産後、ブランドごと買われたようで、

ルアーは継続して販売されているようですが、「Dr柏木」さんは絡んでいないようです。

そこで気になるのが「Dr柏木」こと「柏木 重孝」さんの行方。

ネットでは、いろんな噂が行きかっていたりしますが

テンカラ竿の販売や「オークデザインルアーズ」でソルトのルアーデザインを

行ってたり積極的に活動しているようで、

最近では「バモノス」と言うバスルアーブランドを立ち上げ、「ねずみーマウス」と言う

トップウォータープラグやロッドを販売しているみたいです。

柏木 重孝さんの 「バモノス」 のHPです。
http://www.vamonosfishing.com/

島田 悟さんの 新生「ズイール -悟-」 のHPです。
http://zeal-lures.com/



訪問者数
現在の訪問者数
現在の閲覧者数:
プロフィール

ぽとぽん

Author:ぽとぽん
「ぽとぽん」のブログに
お越し頂き、
ありがとうございます。

利根川本流を中心に
岸から狙うバス釣りに
ついて書いてます。

一匹必釣を目標に
上流は栄橋から
下流は小見川大橋まで
走り回ってます。

決して釣りが上手い
わけではありません。
連続ボーズも当たり前ですが
利根川でバス釣りする方に
少しでもヒントになればと
思っています。

宜しくお願い致します。

メモ
上流域
(栄橋-長豊橋)
中流域
(長豊橋-水郷大橋)
下流域
(水郷大橋-小見川大橋)

カテゴリ
リンク
最新コメント
RSSリンクの表示
月別アーカイブ