FC2ブログ

相変らず好調 (利根川 バス釣り)

2017.06.24

今週も利根川に行って来ました。

2回連続で良い釣りができると、行きたくなってしまいますよね。

しかも、明日から本格的な梅雨入だそうで

次の休みが晴れるとは限らないからね。

若き日なら小雨ぐらい平気で釣りに行っていたけど

今は、そこまで気力がない・・・



最初の場所は、前回と同じ中流域の下流部にある新テトラ帯

今回も「思い出、巡り」からスタートです。 (5:30)

5:30にスタートしても、陽はこんなに昇ってます。


天気が良いと、気持ち良い朝焼けが見れるのですが、今日は残念ながら曇り空

さて、利根川の状況は

水温:20℃ 水位:+80cm 水質:濁りあり 流れ:なし 風:微風 天気:曇り

2日前の大雨の影響か? 増水 & 濁りが出てます。 水温も気持ち低いですね。

まずは、前回同様「タマネギ」の隙間を打って行きます。

しかし、どんなに打っても、反応なし・・・

前回の釣行で薄々気づいていましたが

これは完全にパターンが消失したようです。 (ノ_-;)ハア…

さて、どうするか?

濁りがあって水面が軽くざわつく程度の波・・・ トップに決めました。

トップの持ち手は「バズベイト」と「ペンシル」

前回「バズベイト」使ったし、今日は「ペンシル」で行きます。

広いテトラ帯なので、一点ネチネチではなく、スピーディーに動かし

時々ストップを入れる程度で探って行きます。

穴打ちでは反応が無かったのに、投げて直ぐに水柱が上がりましたが、ミスバイト

そのまま流していき、2匹目のバイトは、フッキングしたものの途中でフックオフ・・・

魚が小さい?

そして、3匹目のバイトは













3回目の正直でやっとキャッチできました。 30cmクラスの子バスです。

ペンシルで釣ったの何年ぶりだろう?(笑)

トップで釣れると小さくても嬉しいですね。 (⌒-⌒)ニコニコ

テトラ帯を端から端まで流して3バイト。

久しぶりにペンシルを使い、ロッドワークで肩が痛くなったので

気分転換に場所移動します。



途中、下流域の下流部にあるテトラ帯に寄ってから

下流域の上流部にあるディープを直撃できるテトラ帯に来ました。

ディープのテトラをスワンプのショート・スプリット・ショットで打っていると

「くっクッ」と言うバイトが有りましたがフッキングできず、

でも、このバイトの出かたは、①子ラージ ②子スモール ③ギル

このどれかに間違いない。

そして、結果は


























20cmクラスのグットサイズなブルーギルでした。

この後、新規開拓も含め2ヶ所ほど寄って、本日は終了です。 (11:30)



そうそう良い釣果は長くは続かないですね。

前回まで良かった場所に、魚が居なくなりました。

まだ、アフターの回復途中だと思うので、近くに居るはずですが

増水 & 濁りでレンジを変えたか、ルアーを追わず、じっとしているだけなのか?

元気なのは、子バスとギルだけ。

バス釣りは一筋縄では行きませんね。

でも、これから「手長エビ」シーズンなので、それを意識した釣りをすれば良いのかな?


因みに、こちらの釣果は相変らず好調です。 (笑)









銘柄不明。 どこのメーカのミノーでしょうか? 作りは安そうな感じです。




ノリーズ(マルキュー) クリスタルS ボルケーノⅡ 3/8oz (ホワイトクリスタル(S))

最近は、トップ系のルアーを拾う事が多いですね。

トップシーズン真っ最中て事なのかな?




スミス ミスティーF (メタル系)

懐かしいルアーですね。

20年以上前のルアーですよね、まだ使ってる人が居るんですね。

このルアーはバイブレーションなんですが「フローティング」なんですよね。

当時、一瞬だけ流行った「フローティング・バイブレーション」て奴です。

陸っパリにはフローティング・バイブレーションて便利だと思うんですが流行らないですね。

そもそも、物が売ってないし、ベイトで投げるには軽すぎたのが流行らない原因かも?





ロッド: ウエダ Pro4 PB-60B(改) (パーフェクション)
リール: シマノ '01カルカッタ コンクエスト100(改) + Avail(CNQ1034)
ライン: クレハ フロロマスター(フロロ14lbs)
ルアー: ズイール Bチマ・テラーⅡ (キャンディー系)
        一世風靡したルアーですね、バスバブル時は数万で取引されていたとか?
        今では黄色いお店で千円切ってますが良い動きするし色も良いし
        お気に入りです。








スポンサーサイト



今日も良い感じ (利根川 バス釣り)

2017.06.17

前回(6月3日)の釣行が凄く釣れた(←私としては)ので

状況が変わる前に、もう一度行きたいと思っていたのですが

先週は寝坊してしまい断念。(笑)

そして今日、無事早起きができたので2週間ぶりに行って来ました。

それにしても、朝起きるのが一段と辛くなってきたな~



さて最初の場所は、もちろん前回好調だった、

利根川中流域の下流にある新テトラ帯です。(5:00)

釣り人は、一度良い思いをすると、どうしても同じ場所に行きたくなるんですよね。

「思いで巡り」と言われるやつです。 ←この呪縛から抜け出す方法てあるのかな?


さて利根川の状況は

水温:21℃ 水質:少し濁り 風:あり(風裏) 水量:+30cm 流れ:なし?

昨日、強い夕立があったせいで、若干の濁りと増水になってますが

問題無いレベルで安心しました。

まずは、前回と状況が変わってないか確認の為

スワンプクローラーのショート・スプリットショット・ワッキーで「タマネギ」の隙間を

打って行きます。

やっぱり、今日も良い感じです。

さっそくキャッチ!
























アイマ(アムズデザイン)  サスケ120-裂波  (クラウン) を無事キャッチ。  

これで本日のノルマは達成です  ε=( ̄。 ̄;)フゥ 

シーバスアングラーなら必ず、ここのルアーを1個は持っていると言われる程のメーカです。

そして、リップレスミノーを流行らせたのは、このメーカの「コモモ」と言うルアーで

私も御多分に漏れず当時流行り始めていた「コモモ」を速買いました(笑)

釣れたかはナイショです。

そして、つい最近知ったのですが千葉県の旭市に会社があるんですね。

と言う事は、「コモモ」や「サスケ」の飛距離は利根川で鍛えられたものかも?



そして、間髪入れず連続キャッチです。


デプス  バリソンミノー130SP  (クリアチャートバック)

ビックミノー流行ってますね~

先ほどの「サスケ」が小さく見えます。

長さ的には+10㎜しか変わらないのに、体高があるため結構大きく見えます。


追記です。

今回も1個忘れてました。

近頃は拾い過ぎて拾った事すら忘れてました(笑)


ノリーズ(マルキュー)  ベイトベイト85  (ハーフミラーワカサギ)

初めて見るルアーだったのでノリーズの動画で確認したら

なかなか面白い動きをするルアーなんですね。

てっきり昔の「お祓いメソッド」用ルアーが復活したのかと思いました。

知ってる人は40オーバーですね(笑)







さて、バス釣りの方は

今回も「タマネギ」の隙間にワームを落とし込み狙って行きますが

前回ほど反応が良くない。

隙間に打ち込んでからシェイク&ステイを何度も繰り返し、

一ヶ所に、じっくりと時間を掛け探って、やっと掛かりました。










30cmクラスの子バスです。



ギリ40cmの激ヤセしたバスです。



今度は、35cmクラスです。


35 2 利根 20170617
またまた、35cmクラス



少し小さくなって30cmの子バス



最後は、これまたギリ40cmバスです。

やっぱり、激ヤセのアフターですね。

因みに○○cmクラスと書いてあるのは、目測です。

この後は、陽が高くなるにつれバイトが遠のいたので、場所移動することに。



次の場所は、下流域の上流にあるディープを直撃できるテトラ帯です。

先ほどの場所よりも波が無く濁りが強かったのでバズベイトで流します。

途中、美味しそうな「ヘラ台」を発見。

「ヘラ台」の影と柱とゴミが良い感じに絡み合ってます。

でも、ここで出たらキャッチできないかも?と不安を抱えながらキャスト

そう思ってた矢先、2本目の柱で「出た~!」

そして、そのまま柱とゴミに「巻かれた~」 ( ̄▽ ̄;)!!ガーン  終了・・・


そんな凹んだ気分のまま、ホッグのチェリーリグで単発杭を打っていると

「落ちパク」でバイト!

今までのバイトと出かたが違う、しかも引きが強い! アメナマか?と思ったら

35cmクラスのスモールでした。

しかし、ランディングしようと抜き上げた瞬間、フックアウト。

バスが転がって、自ら利根川に帰って行きました。

この魚を最後に本日は終了です。(10:30)




結局、前回と同じテトラ帯で6匹キャッチできましたが

状況が変わりつつあるようです。

前回は、フッキングミスしても「セカンドバイト」があったのですが

今回は、チャンスが1回のみで「セカンドバイト」はありませんでした。

しかも、長い時間誘ってやっとバイトが出る状況です。

そしてテトラのアウトサイドは前回同様バイトすらないノー感じ。

ボートが数隻来たのですが、皆アウトサイドを狙って流してたので

全く釣れてませんでした。

そんな中、私だけ釣れていて大満足 (⌒-⌒)ニコニコ


このテトラ帯が釣れる理由が少し解ってきました。

テトラの上に「たまねぎ」を載せ蓋をしている形になっており

「タマネギ」の下に大きな空間がありそうです。(水深は1-2mぐらいありそうです)

そこに魚が付いているようです。

そう考えると、このポイントの寿命は3年ぐらいてところでしょうか?

台風が来て、土砂で埋まるまでが勝負ですね。



ロッド: ウエダ Pro4 PB-60B(改) (パーフェクション)
リール: シマノ '01カルカッタ コンクエスト100(改) + Avail(CNQ1034)
ライン: クレハ フロロマスター(フロロ14lbs)
ルアー: レインズ レインズスワンプ(スカッパノン)         
         ショート・スプリット・ショット・ワッキー


怒号のラッシュ (利根川 バス釣り)

2017.06.03

この時期は運動会や家庭菜園の植え付けやらで忙しくて (笑)

そう言う訳で前回の釣行から、ほぼ1ヶ月ぶりです。

前回は5月上旬でスポーニングを意識した場所を選び

友人達と共に満足できる結果が残せましたが

6月上旬、この季節は私の大っ嫌いな「アフターバス」が相手・・・ (;^_^A

何故、苦手かって?

過去の記録を見てみると、あまり釣れてない・・・ この一言に尽きます。

早い話、魚の居場所が解らないのです。

教科書では、スポーニングエリア近くの縦ストが定番みたいですが

なかなか教科書通りには行きません。



さて、最初の場所は中流域の下流にあるスポーニングエリア近くの

リップラップエリアを選びました。 (5:00)

水中堤防もあるし、ブレイクもあるし、少し下流に行けばテトラもあるし

アフターバスが居るかも?て感じです。

水温:20℃ 水質:濁り気味(週末にかけ数日雨) 風:あり 水位:普通 .
天気:快晴 流れ:順流(ガンガン流れてる)

取り合えず、リップラップのアウトエッジをワッキーリグで打って行くのですが

流れが強すぎで「ダメダメ」です。

流れが無いと「釣れない」し、強すぎると「釣り難い」ダイダルリバーは厄介ですね。

でっ、このエリアではノーバイト。

移動します。



今度の場所は、対岸にある新テトラです。

この場所は年末年始にかけて新しくできた場所。

元々からして「タマネギ」と「テトラ」が入っていた場所で

ディープが凄く近い、その為ボートでは定番の場所のようです。

そこに新しく「テトラ」と「タマネギ」が一部追加されました。

しかし、この場所も2-3年で行けなくなるでしょう。

何故かと言うと、川辺までの距離が遠い=ヤブ漕ぎが大変だから

ハイシーズの時期は川辺まで辿り着けないぐらい、ヤブになります。

その為、殆ど来た事がなかったのですが、今回は工事の為ヤブが無くなってる。

今だけ限定の場所です。


スワンプクローラーのショート・スプリット・ショット・ワッキーで

テトラの穴打ちをして行きます。

テトラの穴打ちと言っても、テトラと「タマネギ」が混在するのでスタックしないように

神経を集中しながらの穴打ちです。

そして、怒号のラッシュが始まりました。



















   





























1個目


ジャッカル ジェイコ 58MR (TOゴーストシャッド)

ネームが入っていないから、調べるの大変でした。


2個目


ヘドン & メガバス・コラボ ビックバド (グロウピンク) 

背中に蓄光テープが張ってありました、ここで夜釣りやってる人が居るって事ですよね? 

この場所で夜釣り、私には無理です。 凄い強者が居るものです。 


3個目


ゲーリーヤマモト  バズベイト (チャートリュース)

アシストフック付けてますね。


4個目


ゲーリーヤマモト  ジャンボ・バズベイト (クリスタル)

ゲーリーはカットテールやグラブ、レッグワームだけじゃありません。

バズベイトの超定番、ゲーリーのジャンボバズです。



5個目


ゲーリーヤマモト  ゴールド・ジャンボ・バズベイト (ホワイト)

ゴールドブレードのジャンボバズです。

それにしても皆さん、どれだけゲーリのバズベイトが好きなんですか? (笑)

利根川なんですから利根川スペシャルの「ラウドバズ」も使って下さいよ。



毎回、良くルアーを拾うから購入してUPしてるのでは?

と思っている方も居るかもしれませんが、ちゃんと拾ってますよ。 (笑)


拾った時は、こんな感じで超汚いです。

それを、「歯ブラシ」と「歯磨き粉」で磨いてピカピカにして保管してます。


そう言う訳で、怒号の5連ラッシュでした。  (完)



追記

先ほどタックルを片付けていたら拾ったルアーを、もう1個発見!

沢山拾い過ぎて何個拾ったか忘れて、ボックスの片隅に置き去りになってました。(笑)



6個目


ノリーズ  クリスタルS - スーパーシャローロール1/2oz (720 ホワイトチャートクリスタル)

ワイヤーベイトは拾っても、大抵フックポイントが錆で使い物にならないのですが

最近は新品同様か、少しシャープナーで研げば、トキントキンになるものばかり。

結局、今回は6個拾いました。 凄いキャッチ率です。

























































しかし本当のラッシュは、これからです。

1匹目


まずは、30cmクラスです。


2匹目


35cmクラス。


3匹目


アフターのバスなので激ヤセしてますが、41cmありました。


4匹目


35cmクラスです。

皆、痩せてますね。


5匹目


泣きの39cm。 40cmに届かず


6匹目


37cmのバスです。


7匹目


35cmクラスのバスです。

短時間で怒号の7連発です。

本日は、これで終了です。(10:00)



しかし、バラシ&合わせミスの数も同じぐらいやってます。

アフターバスなだけあって、喰いが非常に浅い&吐くのが早い。

即合わせだとフッキングしないし、送り込むと吐かれる。

今回はフッキングするタイミングが非常にシビアでした。

また、バイトの出かたはマチマチで、

「落ちパク」、「スイミング中」、「ロングステイ中」、「一点誘い中」等々

パターンは無い感じでしたが、バイトはあまり明確ではなく「タマネギ」にスタックした

感じのバイトが殆どでした。

その為、フッキングが中途半端になったのもバラシの原因かもしれません。

それとフッキングさえしなければ2度、3度バイトしてきたのが今回の特徴的な傾向でした。



そして通りかかったバスボートの方と、少しお話をしたのですが

この場所は、このタイミングだと魚が刺してきて良く釣れるそうな。

少し、説明を受けて納得。




ロッド: ウエダ Pro4 PB-60B(改) (パーフェクション)
リール: シマノ '01カルカッタ コンクエスト100(改) + Avail(CNQ1034)
ライン: クレハ フロロマスター(フロロ14lbs)
ルアー: レインズ レインズスワンプ(スカッパノン)         
         ショート・スプリット・ショット・ワッキー
      ZOOM 4”ミートヘッド(グリーン・ウィニー)
         ネコリグ






訪問者数
現在の訪問者数
現在の閲覧者数:
プロフィール

ぽとぽん

Author:ぽとぽん
「ぽとぽん」のブログに
お越し頂き、
ありがとうございます。

利根川本流を中心に
岸から狙うバス釣りに
ついて書いてます。

一匹必釣を目標に
上流は栄橋から
下流は小見川大橋まで
走り回ってます。

決して釣りが上手い
わけではありません。
連続ボーズも当たり前ですが
利根川でバス釣りする方に
少しでもヒントになればと
思っています。

宜しくお願い致します。

メモ
上流域
(栄橋-長豊橋)
中流域
(長豊橋-水郷大橋)
下流域
(水郷大橋-小見川大橋)

カテゴリ
リンク
最新コメント
RSSリンクの表示
月別アーカイブ