FC2ブログ

スモールマウスバスが寄る地形 (利根川 バス釣り)

2017.05.07

今年のGWも今日で最終日。

GWに入った瞬間は「うきうき、わくわく」でしたが、

最終日はテンション下がりまくり。

下がったテンションを上げる為に、ブラックバスを求め利根川に

「M清」と行って来ました。





最初に入った場所は、中流域の下流にある過密テトラ帯。

GW中、見えバスが結構いた場所です。

水温:19℃ 水質:テトラ内はクリア、外は濁り 水位:▲30cm 流れ:? 風:少しあり

今日の目的は、バスを釣って気分良くGWを締めくくり

自分のテンションを上げること(笑)

それと、前回バスが釣れなかった「M清」にバスを釣ってもらう事です。

釣れない原因は、大体解ってます。

ハードルアーの巻き物メインで、ジグ系が嫌いで使わない。

漢らしいと言えば、そうですが・・・

釣れるまでは「M清」ファーストで行く事に。

まずは、スワンプのショート・スプリット・ワッキーでテトラの穴打ちを

しますが、ギルバイト及びショートバイトが時折あるのみでノーフィッシュ。

あれだけ居た見えバスが、1匹しか見つからなかったし

もしかして魚が移動を始めた?

私も次の場所へ移動です。





次の場所は、下流域の上流にある超有名スポーニングエリアです。

連続3回、40cmUPのスモールマウスを釣り上げている場所です。

この場所なら巻物好きの「M清」でも違和感なく使えるスイミングワームの

スイングインパクトのスプリットショットを渡して、使い方&狙う場所を説明。

そして、結果は直ぐに出ました。


41cmのスモールマウスバスです。 

スモールマウスバスが寄る地形になっているのでしょうか?

これで4回連続、同じ場所、同じ系統のルアーで40cmUPが釣れました。

それにしても、傍から見ていてもスモールマウスバスの引きは楽しそうです。

しかも利根川育ちのバスは一段と引きますから

十分スモールマウスバスの引きを味わえたのではないでしょうか。

さて次の場所へ移動です。





途中ディープのテトラ帯に寄ってから

元気の無いラージマウスバスより、アグレッシブで元気な

スモールマウスバスをメインで狙う事を考え、

下流域の中流にある水中堤防群に行く事に、ここでもスイングインパクトの

スイミングをメインパターンにして探ります。

すると「M清」が、またまたやってくれました。


先ほどに比べ小さいですが25cmクラスのスモールマウスバスです。

これで本日の釣行は終了です。(11:00)

そうそう、私の釣果の方は


















シマノ マッドパピーCR-1021(3F) (ブラウンクロー)

相変らずルアー拾いだけは安定した結果がでます(笑)





利根川の状況は、GWの影響の為か反応がかなり悪くなった感じです。

けれどもバイトが無い訳ではないです。

私にもバイトは複数回ありましたし、ピックアップ寸前に飛びついて来たバスもいましたが

結局、釣り上げる事は出来ませんでした。

サイズの大小問わず食いが浅くなって来ているのを感じました。




スポンサーサイト



レベルが低い事を痛感した一日  (利根川 バス釣り)

2017.05.03

遂に待ちに待ったGWに突入!

今年のGWは天気に恵まれて絶好の釣り日和

嫁さんの許可を得て、今年初の利根川 1Day BASS Fishing!

「N/A」とは前回同様、途中で合流し一日釣りまくる予定です。





ファーストポイントは前回同様、中流域の上流にあるテトラ帯を目指したのですが

まだ、5:30にもかかわらず先行者が8名も入っていたのでパス。

流石GW 恐るべし。

結局、少し下流の水門とテトラが絡むエリアに行きました。(5:30)

水質:少し濁り 水温:18℃ 水位:▲30cm 流れ:なし 風:なし 天気:晴れ

この場所も既に2名先行者が入っていました。

結局このエリアはテトラ帯を半分まで流したのですが、まったくのノーバイト

数㎜の小さなベイトは沢山居たのですが、バスは居なかったようです。

その帰り道、偶然「しゃくじ」さんと「M清」に遭遇 w(゚o゚)w

なぜか、事前連絡も取っていないのに年に1-2回遭遇します(笑)

そして、このまま3人で一緒に釣りをする事に。





次に向かったのは、中流域の中流にある水門近くのリップラップ

ここでは、「しゃくじ」さんがジャンプ一発でバラしたのみで、

反応が薄く次のエリアに移動します。





次は、中流域の中流にある水中堤防とテトラが絡むエリアです。

水中堤防から上がってくる、スポーニング絡みのバスを狙っての選択です。

この時点で9:00過ぎ、やっと「N/A」が合流し

テトラ帯でウェーディングしている人を w( ̄Д ̄;)wワオッ!! て顔で横目で見ながら

このエリアを4名で流すも、私が水中堤防で子バスをバラしたのみで

後が続かず、場所移動することに。

因みに利根川は、いたるところ浚渫しており

急に鈍深になる為、ウェーディングは要注意ですよ。

さて、4名も居ると場所選定が難しい(笑)

そう言う時は、大場所に限ります。





中流域の下流にある、大規模なテトラ帯にある過密テトラです。

テトラのインサイドは、超クリア(ジンクリアてやつ?)底まで丸見えです。

そこまでクリアだと、バスも丸見え。

相変らず、超シャローまでバスが入って来ているのが見えます。

すると「N/A」が、そのテトラの超シャロー側でバスをキャッチ。

1
30cmクラスのラージマウスです。

ナイスプロポーションなバスですね。


私はと言うと、チェリーリグ+ホッグでチョイ沖側のテトラを打ちます。

前回同様、テトラの隙間に落としては、ステイ5秒+2回ホップの組み合わせで

探っていると、直ぐに答えが帰って来ました。


38cmのラージマウスバスです。

テトラが濃いので、フッキングと同時に鬼巻きする事で

ラインが2m程「ガリガリ」になりながらも無事キャッチできました。 \(^▽^)/

やっぱり、穴打ちは面白いですね。


そんな中「しゃくじ」さんは、サイトフィッシングで見えバスと格闘中。

そして、1匹目キャッチ!


これまた、30cmクラスの綺麗な魚体です。

そして、小さい方が釣れたと言い残し、別の魚に再挑戦。

しばらくすると、そこには大きな魚を片手に立っている「しゃくじ」さんの姿が


43cmのナイスなラージマウスバスです。 w(゚o゚)w オオー!

この魚も綺麗な魚体ですね。

この後は、バイトも遠のいたので場所移動です。





次の場所は、下流域の上流にある超有名スポーニングエリアです。

前回及び前々回にスモールマウスを釣り上げた場所です。

水質:濁り 水温:20℃ 水位:普通かな? 流れ:少し順流? 風:あり 天気:晴れ

前回に比べ更に濁りが入ってます。

ここでも、前回同様シャッドテールのスプリットショットで底を擦りながらズル引きをします。

すると、またもや前回と同じ場所でヒット!

相変らず力強い引きとジャンプを見せられ

ちょっと焦りつつも、無事キャッチに成功です。


またもや、前回と同じ42cmのスモールマウスバスです。

この場所は、同じサイズのスモールマウスが溜まる場所なのかな?

3回連続同じサイズが釣れるとは(笑)

この後「しゃくじ」さんと「M清」と別れ、次の場所に移動です。





風がどんどん強くなって来たので風裏を探し移動しました。

そして辿り着いたのは、下流域の上流にあるディープ隣接の超有名テトラ帯です。

ここで、「N/A」が1匹キャッチ


砂まみれですが、30cmクラスのラージマウスバスです。

結局、この場所で18:00まで粘りましたが、この1匹を最後に終了です。 





そして、そして、今回も拾ってます。

「N/A」が流した後を、私が流し直していると「ぷかぷか」と流れて来ました(笑)

一体どうなっているのでしょうか?

本当に拾い過ぎです。怖いぐらい拾ってます。


イマカツ  ドノーシャッド(高滝レジェンド)

ヘッドの下にブレードが付いている変わったルアーですね。





今回は、釣果だけを見ると悪くないと思うのですが

春バスらしくナーバスで簡単には釣る事ができず、苦戦を強いられた1日でした。

数の割には、バイト数も少なかったです。

しかし、まだまだナイスサイズは岸際に居ますので、元気な利根川バスを釣りたい方は

是非チャレンジして下さい。



そして今回一番の収穫は、「しゃくじ」さんのサイトフィッシングが見れた事です。

今まで、お手上げだった魚が、釣れるのを目の当たりにでき

しかも、その肝も教えて頂けた事です。

見えバスて、腕さえ有れば釣れるんですね。

自分のレベルが低い事を痛感した一日でもありました。





ロッド: ウエダ Pro4 PB-60B(改) (パーフェクション)
リール: シマノ '01カルカッタ コンクエスト100(改) + Avail(CNQ1034)
ライン: クレハ フロロマスター(フロロ14lbs)
ルアー: レインズ 3.5”レインズホッグ (ヨシノボリSP) シナモン&ブルーフレーク? 
         チェリーリグ
      エコギア パワーワーム・グラスミノー(L) (ミッドナイトグロウ) 
         スプリット・ショット 
      (スイングインパクトが在庫切れしたので、シーバスで使ってた残りを使用しました)
         

ジンクスを破ったかな? (利根川 バス釣り)

2017.05.01

珍しく平日休み、明日も休みだと9連休だけど、そう上手くは行かないもので

それでも貴重な平日休み、貸し切りの利根川へバス釣りに行って来ました。





この時期、代掻きの影響で濁りが入る利根川支流はパス

そこで最初に選んだ場所は、中流域の上流にあるテトラ帯。(5:30)

震災復興で10m沖にあるブレイクラインに沿って追加でテトラが入った場所です。

水温:17℃ 水質:場所によりクリアor少し濁り 水位:▲50cm 

流れ:なし 風:なし 天気:晴れ

平日なので貸し切りと思いきや、先行者が2名も居る。

テトラ帯なので、この程度の人出は関係なし。

スワンプのショート・スプリットショット・ワッキーでテトラの隙間を丁寧に打って行きます。

前回もそうでしたが、場所は違うけど今回もテトラの隙間に35cmぐらいのバスを

複数匹、発見するのですが、何をやっても口を使ってくれません。

殆どのバスが一度逃げても、直ぐに戻ってくる。ベッドを守っている雄かな?

魚は居るけど、すこぶる反応が悪い。

やっと、釣れたと思ったら



スポーニングとは関係のない、30cmの可愛い子バス。

とりあえず、ボーズは回避 (^_^)

次の場所へ移動です。





次の場所は、前回グットサイズのスモールマウスを釣り上げた

下流域の上流にある、超有名スポーニングエリアです。

有名なだけあって当然先行者が居ます。

平日なのに3名も・・・その後さらに2名増えて5名に、休日と変わらないじゃん (笑)

水温:18℃ 水質:濁り気味 水位:▲50cm 流れ:少し順流 風:なし 天気:晴れ

前回に比べ、結構濁りが入ってました。

前回と同じで芸が無いのですが

スイングインパクトのショート・スプリットショットのスイミングで

沖にあるリップラップを舐めるように引いて来ます。

ラインが横に「スーッ」と走ったので、弛んだラインを巻き取りながら大きくフッキング!

今回も力強い走りとジャンプを繰り返しますがキャッチ成功です。


42cmのスモールマウスバスです。

このサイズのスモールマウスは引きが強くて面白いです。

この魚のお腹を見てみると


う~ん? 激ヤセしてる訳でもないし、今回も雄かな? ビックママはどこに?

しかし、前回と投げてるストレッチも、ルアーも、アクションも、魚のサイズも一緒 

一週間経っても、同じパターンが通じるとは。

全部一緒てことは、もしかして前回と全く同じ魚かも?

そこで比べてみました。


今回の42cm


前回の42cm

エラの傷は同じ感じがするけど、同じ魚なのか判断できず。

外人が皆同じ顔に見えるのと同じです(笑)

この後も、粘りましたがノーバイトの為、移動です。




次の場所は、下流域の上流にあるスポーニングエリアのコンタクトポイントと

思われるディープを直接狙えるテトラ帯です。

水温:遂に20℃ 水質:クリア 水位:▲50cm 風:微風 流れ:ない? 天気:晴れ

ディープのテトラを狙うため根掛りにくい、チェリーリグにホッグをセットします。

なるべく軽いウエイトでテトラの穴深くに落とします。

着底したらワームが自然に倒れるのを待ってから(10秒くらい?)

数回ポンピング、そしてまた10秒ぐらいステイして、次の穴を探す繰り返しです。

そんな感じでステイしている最中に「ヌ~」としたバイトが出たので

思いっきりフッキング&鬼巻きで一気に水面まで引き上げると

こいつも力強い走り&ジャンプでナイスファイトです。

ナイスファイトを楽しみながら無事キャッチです。


今度は、47cmのナイスサイズのラージマウスバスです ヽ(^◇^*)/


激ヤセしてる訳でもなさそうだし、雄?それともスポーニング途中の雌かな?

今日は3本キャッチしてグットサイズも出た事で、大満足で終了です。(11:00)





因みに、今回も2個拾ってます。

でも、魚もキャッチしてるので遂にジンクスを破ったかな?


ゲーリーヤマモト バズベイト (チャートリュース) 1/4oz

ゲーリーのバズベイトと言えばジャンボバズが有名ですが、ノーマルはどうなんでしょうか?

それにしてもバズベイトにスナップて・・・


エバーグリーン コンバットクランク250 or 旧コンバットクランク (チャート系)

我ながらに毎回毎回、よく拾うものです。

それと以前、ハードルアーにスナップ付けて使っている人が多い(拾ったルアーから判明)と

書きましたが、その理由がなんとなく解って来ました。

たぶん、これを使って回収する為じゃないでしょうか?


最近、釣り具屋でよく見かける

「S&Nインターナショナル」さんの ルアー回収機 ルーバです。

ルアーにスナップが付いてないと使えないらしいですが、回収率が高いみたいです。





さて、今日のまとめは

春爆とは行きませんが、ナイスサイズが釣れます。

しかし、いろんなコンディションの魚が混じっているようで、

丁寧(スロー)に、さぐらないと厳しい印象でスポーニングエリア及び

その周辺に居付いている感じがします。

GW中は、この状態が続くと思われるので、パワフルな利根川の

ビックスモール&ビッグラージ狙いの方は期待大ですよ。

因みにバイトだけなら、そこそこあります(ギルかもしれませんが)





ロッド: ウエダ Pro4 PB-60B(改) (パーフェクション)
リール: シマノ '01カルカッタ コンクエスト100(改) + Avail(CNQ1034)
ライン: クレハ フロロマスター(フロロ14lbs)
ルアー: レインズ レインズスワンプ (スカッパノン)         
         ショート・スプリット・ショット・ワッキー
      ケイテック スイング・インパクト 3.5" (ブルーバック・シナモン)
         ショート・スプリット・ショット
      レインズ 3.5”レインズホッグ (ヨシノボリSP) シナモン&ブルーフレーク? 
         チェリーリグ


  
 
訪問者数
現在の訪問者数
現在の閲覧者数:
プロフィール

ぽとぽん

Author:ぽとぽん
「ぽとぽん」のブログに
お越し頂き、
ありがとうございます。

利根川本流を中心に
岸から狙うバス釣りに
ついて書いてます。

一匹必釣を目標に
上流は栄橋から
下流は小見川大橋まで
走り回ってます。

決して釣りが上手い
わけではありません。
連続ボーズも当たり前ですが
利根川でバス釣りする方に
少しでもヒントになればと
思っています。

宜しくお願い致します。

メモ
上流域
(栄橋-長豊橋)
中流域
(長豊橋-水郷大橋)
下流域
(水郷大橋-小見川大橋)

カテゴリ
リンク
最新コメント
RSSリンクの表示
月別アーカイブ