FC2ブログ

驚きです。 (利根川 シーバス釣り)

2016.07.22

先週の釣行により、利根川で狙ってシーバスが

釣れる事が判明したので、今夜も行って来ました。

今回は前回の釣行経験と、今までの利根バス経験を

活かし、似たシチエーションの場所を検討しピックアップ。

新規開拓しながら、狙う事にしました。



新規開拓場所-1 (20:00)

水位:ふつう 水質:ふつう 風:少し強い 天気:曇り 

潮:中潮 上げ止まり(下げ狙い)

岸際にライトをあてると、テナガやベイトがウヨウヨ。

しかし、沖には魚っ気が無い感じ。

実際、表層からボトムまで探ったのですが、ショートバイトすら無い。

それどころか、岸際のリップラップが厄介でルアーをロスト。

低い足場での、足元のリップラップは厳しい事が判明。

なりより、シーバスルアーは高価だし、この場所はもういいかな? 

潮も、そろそろ良い感じに動いている頃だし、魚の写真を撮るため

前回の場所へ移動します。



このエリアも風があるためか、テナガやベイトは居るものの、魚っ気がない

表層とボトムを探りましたが、無反応。

潮的には、フィーディングタイムのはず。

ならば、表層のちょっと下を、ウエイトを付けたコモモ125SFで引張っります。

すると、これが当たりだったようで、ショートバイトが出始めました。(⌒-⌒)

でも、このショートバイトは、外道の背掛りの可能性もあるので

釣れるまで、シーバスなのかは不明です。

そんな謎は直ぐに解決しました。

ググッンと言うバイトと共に巻合わせでフッキング成功!

直ぐに、エラ洗いが始まったのでシーバス確定です。

引きの強さからして、前回と同じフッコサイズかな?

そのまま、無事にキャッチ成功しました。


揚ってビックリ、前回のサイズより大きいです。


引きは弱かったけど、70cmジャストの立派な川スズキ! (^▽^)/

魚の写真も撮れたし、新規開拓の為、場所移動します。



新規開拓場所-2

このエリアも、テナガとベイトはウジャウジャいますが魚っ気がない。

試しにワインドでリアクション狙いをすると、

鈍い(重い)感じのバイトが出たので、取り合えずフッキングしてみます。

すると鈍いけどトルクのある泳ぎで動き出しました。

この感じは、シーバスやアメナマ、ハクレンではない。

いったい何? まるでビニール袋を釣ったような感覚です。

そのまま、無事引き寄せ、キャッチ成功です。


答えは、65cmの鯉でした。


鯉のトルクて凄いですね。太軸のフックが延ばされてます ・・・(゚_゚i)タラー・・・

また、この鯉、釣ってる最中は鈍かったのに、陸に上げた瞬間、大暴れして写真撮影に

難儀しました。

この後、もう1匹掛けたのですが、水中でヘッドシェイクを何回もやられ

フックアウトして、本日は終了です。(24:00)



前回も書きましたが、普段バス釣りをする完全淡水域での釣果です。

結構な数のシーバスが上がって来ているのでしょうか?

それに名古屋港でシーバスを追っかけていた頃より、釣れる魚種も多いし

釣れる魚もデカくて、その事にも驚きです。

それと、一日潮が動いている様子が無かったので、家に戻ってから潮位を確認すると

下げる時刻にも関わらず、一晩中水位が上昇していました。

逆水門を閉じているのか? 上流から水が落ちて来てるのか?

この辺が利根川の難しところですね。



タックル
ロッド : ダイコー デスペラード DS-902L
リール : シマノ 98ステラ3000DH + オーシャンマーク(98SL4000)
ライン : デュエル ハードコアX4(PE1.2号)
リーダー : タックルベリー ベリーラインナイロン (ナイロン20Lbs)
ルアー : アイマ コモモ125SF (クリアーフォロ系カラー) シンキングチューン
       オンスタックルデザイン マナティー90 (MT-K14 ブルー&レッド) ワインドセット
スポンサーサイト



数ヶ月釣れてない (利根川 シーバス釣り)

2016.07.17

今回は会社の同僚Aが、利根川でシーバスがバンバン釣れますから

一緒に行きましょうよ! 

しかも川に上がって来る魚だからスズキサイズ(60UP)間違いなしですよ!

と言う、甘い誘いにシーバス釣りへ行って来ました。

17:00に家に迎えに来てもらい、早めに現地入りしてポイント数ヶ所を下見します。

その際に地形を細かく聞いて頭に叩き込みながら

確かに、利根川でシーバスは釣れるけど、そんなに沢山釣れるとは思えない

ので再確認すると、ここ数ヶ月釣れてないとのこと

マジか!話、違うじゃん!(笑)

でもシーズンだし、ポイント詳しいし大丈夫でしょう。



水位:少し多い 水質:ふつう 潮:大潮 上げ止り(これから下げ)

時刻:18:00 風:無風 天気:薄曇り

場所は、利根川の私が普段バス釣りをしているエリアです。

完全な淡水域で、そこに生息している川スズキ(60UP)狙いです。

水面はベイトやレンギョなど沢山の魚で、にぎやかな状態。

そんな中、コモモ125SFを投げると、ブルブルとヘッドシェイクするバイトが

これは、シーバスの可能性大!

再度キャストすると、またまたバイト!今度はフッキングも成功!

しかし、イマイチ引きが弱い。ニゴイかな?

サイズも小さいし、そのまま引っこ抜きます。

薄暗く、釣ってる時は良く見えなかったのですが


シーバスキャッチです (⌒-⌒)ニコニコ...

でも、サイズが小さい! 川スズキじゃなく50cmの川フッコです。 (`ε´)

こいつを釣った後のAの反応が、「釣れると思わなかった」と(笑)

この後にAも無事シーバスをキャッチ!


デカい! 78cmの見事なスズキです。

これぞ、川スズキ。

立派なプロポーションです。

この他にもAがハクレンを2本キャッチ

私がアメナマを1本キャッチ&ハクレン2本バラシで終了です。(21:00)

何回かは、シーバス?らしいバイトもあったのですがフッキングできませんでした。



結局釣れたのは、夕マズメと潮が下げ始めた瞬間の1時間だけでした。

海の魚は時合が重要ですね。

バスもきっと時合が有るはずですが、明確じゃないんですよね~

でも、久しぶりのシーバス、釣れたし楽しい釣行でした。



タックル
ロッド : ダイコー デスペラード DS-902L
リール : シマノ 98ステラ3000DH + オーシャンマーク(98SL4000)
ライン : デュエル ハードコアX4(PE1.2号)
リーダー : タックルベリー ベリーラインナイロン (ナイロン20Lbs)
ルアー : アイマ コモモ125SF (キャンディー系カラー)

バスが居ない (利根川 バス釣り)

2016.07.10

前回の「M清」との釣行で、利根川の子バスの反応が上向きなのは

解ってきたのですが、本命サイズのバスがイマイチ反応が薄く

支流の方が、まだ反応する事が解った。

それを踏まえた上で行ったのですが・・・



朝一(5:00)に選んだ場所は、利根川の支流である根木名川。

支流の方が、アフターの回復が早いのか?との考えです。

水位:高め 水質:濁りあり(前日の雨の影響?) 流れ:順流 天気:曇り 風:なし

スワンプクローラーのスプリットショット・ワッキーで広範囲に底を

10cm移動+ストップのズル引をしてると、幸先よくバイト!


君じゃないのよ~。 釣れたのは、25cmぐらいの子バスでした。

支流ならグットサイズが喰ってくる訳ではないようです。

その後、もう1バイトあったのですが、フッキングできず(子バス?)に場所移動です。



次の場所は、前回「M清」がトップで釣った、下流域の上流部にあるテトラ帯。

水位:少し高い 水質:濁りあり 流れ:順流 風:なし 天気:曇り

現地についてみると、ボートで一杯です。

ジョンボートのトッパーまで居ます。利根川でジョンは怖くないのかな?

引き続き、スワンプクローラーで穴打ちをしますがノーバイト。

前回の様にトップで出ないかな~と思い、バズベイトで流します。

すると、バズベイトに出てくれました。

しかし途中でフックオフ、子バスだったので気にしません。



そして、前回ブッシュ打ちをしてバラシた場所へ移動。

しかし、今日は留守でした。



次の場所は、下流域の下流部にある流れの当たるテトラ帯です。

日も上ってきたので、夏らしい場所に行ってみました。

ここでは、ミートヘッドのネコリグで穴打ちをしますが、子バス?のバイトが

あるものの、フッキングできず結局ノーフィッシュです。

しかしながら、このリグをスイミングさせると、バスの反応が良く

追っかけてくる事が多い事が判明しました。

しかしながら、全てのバスが追ってくるだけで、バイトまではしません。

もう一捻り必要なようです。



その後、2ヶ所ほど回りましが、ノーバイトで終了です。(11:00)



そして、今回も1匹目が釣れた後に、やってしまいました。


ノリーズのクリスタルS 1/2oz (714 アユG/G)です。

ボートの方が引っ掛けたのでしょうか、陸地に引っ掛かてました。

今までも、ワイヤーベイトやジグを拾う事はあったのですが、大抵はフックが錆て使用不可能

な物ばかり、しかし今回は凄く綺麗でした。 昨日引っ掛けたのかな?

それと、クリスタルSのゴールドブレードてメッキの上にクリアーイエローの塗装なんですね。

磨いたら、全部綺麗に剥がれてしまいました(笑)



前回同様か、それ以上に子バスの反応が良くなって来てますね。

ネコリグのスイミングで、追いかけて来るのも子バスばかりでしたし

しかし、狙っているサイズのバスが居ない、何処に行ったのでしょうか?



ロッド:ウエダ Pro4 PB-60B(改) (パーフェクション)
リール:シマノ '01カルカッタ コンクエスト100(改) + Avail(CNQ1034)
ライン:東レ スーパーハード・ナチュラル(フロロ14lbs)
ルアー:レインズ レインズスワンプ(スカッパノン)         
        スプリット・ショット・ワッキー

初釣行での初バス (利根川 バス釣り)

2016.07.03

最近は、本当に釣れない。

その為、今日は「M清」を誘いバス釣りに行って来ました。

手数が2倍、そしてアプローチ方法が変われば

何かを掴めるかもしれないとの考えです。


スタートは4:30

場所は、利根川の下流域の上流部にあるテトラ帯です。

水位:ふつう 水質:少し濁り 風:微風 流れ:少し順流 天気:曇り

蒸し暑く水面も穏やかで、TOPにでそうな雰囲気満々なので

まずは、バズベイトからスタートします。

そして、投げ始めて直ぐに、バイト!

しかし、子バスの為かフッキングせず。

この反応なら、今日は楽勝かも?と期待し流しますが・・・

その後は、ノーバイト。

しかし、しかし、「M清」が遠くの方で、何かを片手に呼んでます。


羽物で25?30?ぐらいのバスをキャッチしてました。

今シーズン初釣行での初バスおめでとう!

2回バイトがあって、キャッチしたそうです。

しかし、この後が続かず移動します。



少し下流のテトラ帯でもノーバイト。

更に下流へ場所移動し、水路でブッシュのノーシンカー打ちをします。

超豪華なブッシュを見つけ打ち込みます。

打ち込んだ瞬間に「ドンッ」と言う衝撃共にロッドが絞り込まれましたが

ブッシュが豪華過ぎて、なすすべなく、そのまま木化けして終了。



その後は、霞水系や利根川の水路を3ヶ所ほど回りましたが、

風が超強風に吹き荒れ、バスボートが水路に避難して来るほど

だったので、本日はこれで終了にしました。 10:00



子バスですが、トップへの反応も良くなって来ているので

このまま、釣りやすくなってくれると良いのですが。

あれっ?

結局、気が付けば、私はノーフィッシュで終了です。
訪問者数
現在の訪問者数
現在の閲覧者数:
プロフィール

ぽとぽん

Author:ぽとぽん
「ぽとぽん」のブログに
お越し頂き、
ありがとうございます。

利根川本流を中心に
岸から狙うバス釣りに
ついて書いてます。

一匹必釣を目標に
上流は栄橋から
下流は小見川大橋まで
走り回ってます。

決して釣りが上手い
わけではありません。
連続ボーズも当たり前ですが
利根川でバス釣りする方に
少しでもヒントになればと
思っています。

宜しくお願い致します。

メモ
上流域
(栄橋-長豊橋)
中流域
(長豊橋-水郷大橋)
下流域
(水郷大橋-小見川大橋)

カテゴリ
リンク
最新コメント
RSSリンクの表示
月別アーカイブ