FC2ブログ

利根川が回復 (利根川 バス釣り)

2015.08.16

今回のお盆連休は慌ただしく、結局釣りに行けたのは連休最終日だけと

なってしまいました。

本当なら前日に、もう一回行ってる予定だったのですが。



利根川の状況

水位:+60~100cmぐらい? 水質:少し濁り 風:微風 流れ:順流 天気:曇り

悪くなさそうです。

今回も、日の出と共に釣りをスタートしました。(5:00)

最初に入った場所は、前回夕マズメで行った、中上流域の超メジャー水門です。

流石超メジャー水門、先客の車が7台、しかし利根川側には4名しかいない

何とかなるかな?

それにしても相変わらず、水門へ流れ込む水の量が凄いです。

水の流れが止まる時ってあるのでしょうか?

そんな流れの強い船道をミノーで広範囲に探る事にします。

しかし、あっという間にルアーが流されてしまいます。

こんな状態では釣りにならないので、本命の水中堤防に移動。

水中堤防めがけ、ダブルモーションのチェリーリグを遠投します。

底を感じとりなから、軽くトゥィッチさせエビが逃げる感じを演出しますが

ノーバイト。

水中堤防と水中堤防の間にある、流木にもキャストしますが、やはりノーバイト

でも、この流木なんだか気になり、いろんな角度からキャストを繰り返していると

グッ!と言う抑え込むバイトが。ヽ(^◇^*)/

根に入られないように、全力でフッキングするも「木化け」してしまいました。 Σ(|||▽||| )

そのまま流木からルアーを外す為、無理やり引っ張ると、魚の引きが復活!!

そのまま無事キャッチに成功です。


今回は撮影中に逃げられないように、場所を選んで撮影しました。(笑)

40cmのラージマウスです。

バスも夏バテの為か、かなり痩せてます。



次の場所は、中中流域にある有名な水門周りです。

ここも先客2名。

水門の出口回りにあるテトラで2バイトあるもノーキャッチ。

しかし、先行者の方は40UPを釣ったそうです。



次の場所は、中中流域にある小規模テトラ帯です。

ここでもノーバイト・ノーキャッチで終了。

しかし、同じ場所を流していたボーターが1匹キャッチしていました。



最後に選んだ場所は、最近お気に入りの下上流域にある小規模テトラ帯。

ここは、一部分がディープに接していて、今後も有望そうな場所です。

流石に今回は濁りが入っていて、バスの姿を目視する事ができませんでした。

スワンプのスプリットショットワッキーで打って行くと、時々「クックックッ」とバイトが

あるもののフッキングには至らず、子バスかな?と思い、

カットテールのネコリグに変更し、シッカリと喰い込ませてからフッキング。

結構良い引きを見せながら上がって来たのは


25cmのスモールマウスでした。

相変わらず、スモールマウスの引きは強いですね。 

確実に30cm越えのラージだと思ってました。

流れの強い利根川で鍛えられたスモールマウスて事で一段と引きが

強いのかもしれませんね。

この後、雨が降って来たので本日は、これにて終了です。(10:30)



回りで釣れている人を見かけるようになったし、実際バイトの数も増えてきて

やっと、利根川が回復してきた感じですね。

例年なら、もっと早く回復しているはずなんですが、後は集中豪雨&台風が

来るまでに、何回釣りに行けるかですね。



ロッド:ウエダ Pro4 PB-60B(改) (パーフェクション)
リール:シマノ '01カルカッタ コンクエスト100 + Avail(CNQ1034)
ライン:東レ バスハイスタ(フロロ14lbs)
ルアー:エバーグリーン ダブルモーション3.6”(リバーシュリンプ)         
        チェリーリグ
     ゲーリーヤマモト 4”カットテール
            (ルートビア/グリーン&ブラックフレーク)
        ネコリグ
スポンサーサイト



2日連続 (利根川 バス釣り)

2015.08.09

久しぶりに2日連続で利根川に行って来ました。

とは、言っても流石に2日連続で日の出釣行はシンドイので

夕マズメ狙いです。

夕マズメ狙いで釣りに行く事も久しぶりです。



行った場所は、中上流域にあり何度もメディアに出ている

超メジャー水門です。

到着時刻は17:00

水量:普通? 水質:昨日と同じく少し濁った感じ

流れ:逆流 風:昨日よりは弱くなっているが強い

狙い場所は、船道か水中堤防、とりあえず離れた場所にある

水中堤防からスタートです。

相変わらず風が強いので、チェリーリグに重めのシンカーをセットして

丹念に水中堤防を探ります。

ラインが風に煽られアタリが解り難い。

水中堤防のど真ん中にルアーを通すと、風に煽られてラインが

張っているような? バイトのような?

でも、バイトのような気がするので、根掛かり覚悟で思いっきり

フッキングすると、魚でした。 ヽ(‘ ∇‘ )ノ

しかし、そのまま水中堤防に潜り込まれ出てこない・・・

強めにテンションを掛けたまま、暫く待っていると、やっと出てきました。

今度は、水中堤防に潜られないように、全力でリールを巻きます。

そして無事キャッチ!!

35cmぐらいのバスかな?

しかし、この場所は護岸が急&ブッシュが酷くて写真を撮る場所がない。

無理やりブッシュを掻き分け、写真を撮るスペースを空け写真を撮影しようと

思ったらバスは、元気よく護岸を転げ落ちて行きましたとさ。  ┐(´-`)┌

しかし、まだ時間はあると自分に言い聞かせ、粘るも

ノーバイトで終了(18:00)です。


超メジャーポイントなのでUPしても問題ないと思い、風景写真を載せてみました。

バスが釣れたのは、この水中堤防の真ん中、杭に生えている草が薄く

なっている場所です。

1.5hr費やしました。  (利根川+水郷 バス釣り)

2015.08.08

過去のブログを読み直してみると、5月以降マトモなバスを

釣り上げていない事に気づきました。w(゚o゚)w オオー!

例年の利根川ならアフター時期に、釣果が落ちて

夏になるにつれ、釣れだすのですが

今年は、完全に見失っています。

このままではイカンと思い、気合いを入れて行って来ました。

もちろん利根川です。



例年釣れる場所で釣れていないので、打開策として

普段行かない場所をメインに回る事にします。

初めに行った場所は、中中流域にある新規開拓の初ポイント

到着は5:00です。

現地の状況を確認。一投もせず、場所移動です。

なぜ?て、陸パリができる足場が無い、藪漕ぎして水辺にでたら

絶壁でした。(笑)

ボートが無いと攻略できません。



次も新規ポイントです。

今度は、本流ではなく利根川支流です。

雰囲気は良い感じです。

ベイトも確認できました。

しかし、水深が浅い。最深部でも1mぐらいかな?

今回は、ノーバイトでしたが、今後に期待できそうです。



中下流域にある、流れの当たる夏定番のテトラ帯にきてみました。

ここで、やっと利根川の状況を確認できました。

一言で言うと、良くない。 ( ̄Д ̄;) ガーン

自然相手ですから仕方ないですね。

水量:通常+30cmぐらい? 水質:この時期では普通の濁りかた

風:超強風、白波が出て水しぶきが・・・

流れ:良くないと言われている逆流・・・

天気:曇りのローライトで、久しぶりに涼しい。

もちろん、この場所ではノーバイトです。



今度は、下上流域にある船溜まり場です。

ここも、雰囲気は最高なんですがノーバイト。



次に入った場所は、下上流域にあるテトラ帯。

先日、見えバスが居た場所で今回の本命ポイントです。

このテトラ帯、前回もそうだったのですが、不思議と水質がクリアなんです。

その為、水中が良く見えます。

そして、早速ビックな奴を発見です。

泳いでいるの解りますか?

もちろん、バスじゃないです。 ビックバドの事です。

無事キャチに成功です(笑)

あれ? これは不吉な予感が、まさか今日も釣れない?

しかし、この後に見えバスも発見、しかも30-45ぐらいのサイズが何匹も

足元に一番近いテトラとテトラの間で隠れようともせず、サスペンドしてます。

魚をスレさせないために、1匹のバスに対し2投または魚が逃げたら

次を狙う事にします。

スプリットショットワッキーやダウンショット、スモラバ、ノーシンカーで

打って行きますが、バスから見える範囲(前後関係なく)

に落とすと、スーッと居なくなり

離れた場所に投げ、バスから見える範囲に移動してくると、興味を持つのか

ジッーとルアーを観察してから、やはり口を使わず、逃げていきます。

そこで、バスの直ぐ後にあるテトラの裏側にネコリグを丁寧に投げると

ルアーの着水した場所を知っているかのごとく、バスがスーッとテトラの裏側に

移動しバスが完全にテトラで見えなくなった瞬間、ラインが走り出しました。

狙い通りです。 

思いっきりフッキングして無事キャッチです。 ヾ(@^▽^@)ノ ワーイ

利根 40 20150808
40ジャストの利根川バスです。

利根川で常に狙っているのは最低このサイズ、久しぶりに納得の1匹です。

それにしても、見えバス攻略は大変ですね。

この1匹の為に1.5hr費やしました。

他にも魚は見えているのですが、釣るのがシンドイので移動です。



今度は、下下流域の水中堤防

ネチネチするのは疲れたので、爽快にシャロークランクで流します。

水中堤防と並行に引いていると、コッコッコッとバイトが、そのまま巻合わせを

すると、爽快に走り回り、真っ黒な魚体が連続ジャンプします。

35cmUPのスモールです。

そのまま、足元まで寄せ抜き上げる際にフックオフ ε-(;ーωーA フゥ…



利根川の釣りに疲れたので、水郷エリアの加藤洲(新左衛門川)

に移動です。

スモラバで丁寧に打って行くと真昼間の12:00なのに、あっさりと釣れました。


20cmの可愛い子バスです。


少しサイズアップの25cmぐらいかな?

本日は、これで終了です。



相変わらず、利根川のバスは難しいですね。

居場所が解らない、よく言われている事ですが居そうな場所にいない。

それに対して、水郷エリアは解りやすいですね。

やはり、魚影の濃さが違うのも原因なのでしょうか?




今日拾った へドンのビックバドです。

利根バスとは裏腹に、ルアー拾いは順調です。(笑)



ロッド:ウエダ Pro4 PB-60B(改) (パーフェクション)
リール:シマノ '01カルカッタ コンクエスト100 + Avail(CNQ1034)
ライン:東レ バスハイスタ(フロロ14lbs)
ルアー:ZOOM ミートヘッド(パープルパッション)         
        ネコリグ(やっぱり時代はネコリグ?)
     自作スモラバ(茶色系)
       トレーラー:レインズ 2.5”Gテールサターン(ナチュラルスカッパノン)

訪問者数
現在の訪問者数
現在の閲覧者数:
プロフィール

ぽとぽん

Author:ぽとぽん
「ぽとぽん」のブログに
お越し頂き、
ありがとうございます。

利根川本流を中心に
岸から狙うバス釣りに
ついて書いてます。

一匹必釣を目標に
上流は栄橋から
下流は小見川大橋まで
走り回ってます。

決して釣りが上手い
わけではありません。
連続ボーズも当たり前ですが
利根川でバス釣りする方に
少しでもヒントになればと
思っています。

宜しくお願い致します。

メモ
上流域
(栄橋-長豊橋)
中流域
(長豊橋-水郷大橋)
下流域
(水郷大橋-小見川大橋)

カテゴリ
リンク
最新コメント
RSSリンクの表示
月別アーカイブ