FC2ブログ

ドラマチック (利根川 バス釣り)

2015.04.25

午前中は日も出ていたのですが、午後から曇り&場所により小雨が少し降ったり

風が強かったりして不安定な天候ですが、今週も行って来ました、バス釣りに。



最初に入った場所は、先週釣れた利根川支流A (14:00)

水位:ふつう 風:強い 濁り:強い 水温:21℃ !?(゚〇゚;)マ、マジ...

今回は、シャッドとスプリットショットワッキーをローテーションしながら

岸際から対岸まで、くまなく時間を掛け探りましたがノーバイト。

先週に比べ、濁りが入った為かソフトベイトでもタフな結果に。

これ以上粘っても時間の無駄と思い場所移動です。



次の場所は、利根川の中下流にあるテトラ帯です。

この場所、距離を歩けば風裏になるのでチョイスしました。

今週も風が強くて、場所を選ぶのが大変です。

水位;ふつう 風:ちょい強い(風裏) 濁り:なし(風裏場所のみ) 

水温:17℃ (´-ω-`)う~ん

風裏とは言え、風が結構強く直ぐにラインが流されてしまい、

アクションが付け難い・・・ かと言ってウエイトを重くすると根がかるし、キツイです。

因みにルアーは、スプリットショットワッキーとスモラバのダウンショットです。

勿論、ノーバイトで終了。 次の場所へGOです。



ラストに選んだ場所は、水温が異常に高かった利根川支流Aです。

今度は、ネコリグで丁寧に丁寧に探りますが、やはりノーバイト (_ _|||)

しかし、ここで閃きました。

水が濁ってるならリアクション狙いか?て事でスピナベを投げる事に

しかし、何も起きず時刻も17:00になったので最後の1投を回収していると

足元でバイト、そしてフッキングした勢いで、そのまま抜き上げに成功\(^ ^)/


30cmの子バスですが、こんなドラマチックな事て本当にあるんですね。

そして、魚の反応が良くなったのか?と思い、帰り掛けに対岸に向け投げながら

流して行くと、これまた本当に最後のキャストを対岸に投げ、巻き始めた途端にバイトが

そのまま上手く巻合わせをすると、突然バスが連続ジャンプして40後半の魚体が

見えたので慎重に対処し無事キャッチに成功しました。


ジャンプした時は40後半に見えたのですが、実際は40cmジャストでした。

ここ最近は子バスばかりだったので目測を誤ったみたいです(笑)

遠くでバスを掛けると、本当に良くジャンプしますよね。

今回は魚が大きく見えたので、少し焦りました。

なにせバレやすいスピナベを使ってましたから。

因みに、このエリアはスポーニング中のようです。


お腹が「ぱんぱん」で弾けんんばかりでした。

今日はドラマチックな事が2回も、スピナベを選んで良かったです。

本日は、これで終了です。(17:30)

因みにルアーの巻き速度は、底を擦らない程度にゆっくりと

巻いた結果でした。



ロッド:ウエダ Pro4 PB-60B(改) (パーフェクション)
リール:シマノ カルカッタ コンクエスト100 + Avail(CNQ1034)
ライン:サンライン マシンガンキャスト(ナイロン14lbs)
ルアー:エバーグリーン デルタフォース(チャート系)シングルウィロー
スポンサーサイト



ルアーを拾う=ボーズのジンクス (利根川 バス釣り)

2015.04.18

3月から会社の期が変わり、仕事の配置変えと

家の片づけが重なり、忙しくて前回の釣行から、まったく釣りに行けてませんでしたが、

やっと一息ついたので、久しぶりにバス釣りへ行って来ました。



丸々1ヶ月以上、間が空くと何処に行っていいのか迷いました。

田んぼは、代掻きが始まった為、繋がる水路はどちゃ濁りの酷い状態

それに加え、西からの強風が吹いている為、利根川は風裏が

殆どない状態、そして迷った挙句

まずは、利根川支流Aに行ってみることに。

選んだ理由として過去、この時期に良い思いをしてるから、

たんなる思い出めぐりです。

しかし、この場所、意外と水質が良い。

水質:通常 風:強い 水位:少し低い 時刻:14:00

スピンムーブシャッドとデルタフォースをメインに流して行きます。

やはり過去の実績通り、デルタフォースに2度のバイトが有ったものの

子バスだったのか?フッキングに至らず。

場所移動です。



今日は風が強く、しかも西風の為、利根川はやれる場所が少ないです。

それでも利根川でやりたかったので、利根川本流の中中流域にある

水門とテトラが絡む小場所に行きました。

水質:ふつう 水温:16℃ 風:強い

ここでは、ショート・スプリット・ショット・ワッキーをメインに打って行きますが

結果ノーバイトでしたが、代わりにルアーを拾う事ができました。


レーベルのウィーR(F93)です。

やはりと言うか、何と言うか、ルアーを拾う=ボーズのジンクスは

今年も健在のようです ( ̄Д)=3



最後に唯一バイトのあった利根川支流Aに、もう一度行ってみる事に。

先ほどハードルアーを流してから、時間がたったのでプレッシャーも

リセットされている事と思い、今度はショート・スプリット・ショット・ワッキーで

丁寧に打って行きます。

目に着いたゴージャスなブッシュの外側を舐めるようにトレースすると

待望のバイト&フッキングに成功したものの、軽い、軽すぎる。

釣れたのは、子バスでした。

ゴージャスなブッシュに付いている魚が、子バスて事は、今日は粘ってもダメて事

本日は、この1匹で終了する事に。(16:30)

 border=
20cmぐらいの子バスです。 


ワームをシッカリと銜え込んでいます。

こんな子バスが動き出したて事は、ビックママシーズンは終了て事ですか?


ロッド:ウエダ Pro4 PB-60B(改) (パーフェクション)
リール:シマノ カルカッタ コンクエスト100 + Avail(CNQ1034)
ライン:サンライン マシンガンキャスト(ナイロン14lbs)
ルアー:レインズ レインズスワンプ(エビミソ)         
        ショート・スプリット・ショット・ワッキー
訪問者数
現在の訪問者数
現在の閲覧者数:
プロフィール

ぽとぽん

Author:ぽとぽん
「ぽとぽん」のブログに
お越し頂き、
ありがとうございます。

利根川本流を中心に
岸から狙うバス釣りに
ついて書いてます。

一匹必釣を目標に
上流は栄橋から
下流は小見川大橋まで
走り回ってます。

決して釣りが上手い
わけではありません。
連続ボーズも当たり前ですが
利根川でバス釣りする方に
少しでもヒントになればと
思っています。

宜しくお願い致します。

メモ
上流域
(栄橋-長豊橋)
中流域
(長豊橋-水郷大橋)
下流域
(水郷大橋-小見川大橋)

カテゴリ
リンク
最新コメント
RSSリンクの表示
月別アーカイブ