FC2ブログ

ライブベイトの釣り (印旛沼 バス釣り)

2014.11.30

先週は所用で釣りに行けず、今週も行く予定では

なかったのですが、2時間ほど時間が空いたので

近場の印旛沼水系に行って来ました。


場所は、印旛沼冬の定番である某水路に15:00到着。

天気:曇り 風:なし 水質:濁り少しあり 水温:計り忘れた 

目立つ場所なだけあって、既に6人ほど人が入ってます。

水中にある障害物を目視で確認しながら、スワンプマイクロの

ワッキーリグで、舐めるようにトレース、ダメなら次の障害物に

移動します。

鯉や鮒は沢山、泳いでいるのですが、バスの反応は全くのノー感じ、

時々ナイスサイズのバスが泳いでいるのが見えたり、

ライブベイトでやっている人が、一投一匹のベースで

20㎝前後のバスを入食い状態で釣っているので、魚が居るのは間違いなさそうです。

ライブベイトの方の釣り方を見ていると、一匹釣るごとにエサを付けている。(エビ?)

そして、殆どキャストしていない。(ノーシンカーに近い?)

それを参考に、バレットの2.5”のワッキー・スプリットショットにルアーをチェンジです。

スプリットショットで、ゆっくりとフォールさせると、直ぐにバイトが

しかしフッキングせず、何度かのバイトでやっと釣り上げたのは

20141130 ギル 酒々井水路
10cmぐらいのギルでした。 そりゃ~フッキングしませんよ。

でも、ボーズじゃなくて良かった(笑)

その後も同じ場所で粘っていると、一度だけバスらしき?重い引きを見せた魚が

掛かりましたがフックオフ、そして16:30に終了です。



今日はバスが釣れませんでしたが、ライブベイトの釣りを見る事により

情報がいろいろ手に入ったので、良しとしましょう。
スポンサーサイト



ダイコー、お前もか

2014.11.29

ネットでは、既に広まっていますが

ダイコーがフィッシング事業を撤退するそうです。

私自身ダイコーのロッドの使用履歴というと、

バスでは、プレステージクラシック (古っ)

シーバスでは、デスペラードぐらいしか使った事ありませんでしたが

癖がないロッドで、とりあえず新しいジャンルの釣りを始めるなら

ダイコーを使っておけば、間違いないのかな?とのイメージのメーカでした。

それよりも、磯竿では、「シマノ」「ダイワ」を抑え、「がまかつ」との

2大巨頭でもあり、広範囲の釣りを網羅するラインナップを持ち

自社でロッドを焼く事ができる数少ないメーカでもあり、OEMも手がけていた

超大手のダイコーが撤退するて事は、

それだけ釣り具業界が厳しいとの現れだと思いますので

これから先、ますますメーカが減っていくのではないのかと

そちらの方が心配です。

ウエダ、ダイコー 次は・・・


半世紀以上の歴史に幕を閉じるのは、経営陣も勇気が行った事でしょう。

しかし、ウエダとは違い本体の大丸興業が健在なので、景気が良くなれば可能性も

無反応・・・ (利根川 バス釣り)

2014.11.16

前回、前々回の超早巻きによるリアクションの釣りも面白いけど

冬ならではの超スローで微妙なバイトを捕る釣りが無性にやりたく

なってしまい、冬には少し早いけど、チョットだけ行って来ました。


場所は、利根川支流A 時刻は9:30

水質:濁り 水位:かなり減水 風:なし 天気:晴れ 水温:12℃

最近は必ず利根川支流Aに顔を出して、少しづつ

草刈しているので、だいぶ釣りやすくなって来ました。

まずは、濁りがきついのでボリュームのあるリトルレインズホッグの

スプリットショットからスタートしてみました。

魚が付いているであろう、岸際をゆっくりとズル引きします。

う~ん。無反応・・・

場所を少しずつ移動し、我慢しながらゆっくりとズル引き。

やはり無反応。

我慢しきれず、超早巻きをする為、車にロッドを取りに戻ります。

今日も減水で一段と水位が低いので、あまり潜らない

カブリスタ90SP-SRをチョイスして超早巻きで探りますが

ノーバイトで終了。

次の場所に移動です。


利根川水系の定番支流である根木名川に到着です。

水質:少し汚い 水位:かなり減水 風:なし 天気:晴れ 流れ:順流

今度はカットテールのネコリグを使用して

軽く流れに乗せながら、底を転がるイメージで探ってみます。

しかし、全くのノー感じです。

流れも適度にあり、ベイトも水面で跳ねるぐらい活性が高いのに

バスの反応はなし。

場所移動です。


利根川支流B

水質:少し汚い 水位:かなり減水 風:なし 天気:晴れ 流れ:逆流

今度は、スローな釣りを諦めスピンムーブでの超早巻き1本で行く事にします。

しかし、かなり減水している為、スピンムーブではロッドを立てても

直ぐに底を叩いてしまい、ゴミが少しでもルアーに引っ掛かかると

バランスを崩して超早巻きができない。

そこで、潜りの浅いカブリスタ90SP-SRに変更して投げるも、

イマイチ水深が合っていない感じが・・・

今日は、そのまま何も起こらずタイムアップ(12:30)



ベイト、見えますか?

今日行った3ヶ所の支流のどこでも、こんな感じでベイトが

水面をノンビリ泳いでいました。

大抵はベイトの外側や後でバスが睨みを利かせていたりするのですが、

1匹も見つける事ができませんでした。

いったい、何処に行ったのやら?


検証終了 (利根川 バス釣り)

2014.11.09

前回、釣行時の超早巻きが気になり、検証も兼ねて

ちょっとだけ釣りに行って来ました。


まず、行った場所は利根川支流A。

そろそろ釣れ始めても良い頃だと思い、チェックを

兼ねて来てみました。

時刻:13:30、 水位:減水大 水質:濁り 風:無風 天気:曇り

よくよく考えてみると、この場所、超早巻きすると簡単に

底を叩いてスタックしてしまう。

超早巻きの検証できないや (笑)

そこで、普通に巻物で流してみます。

F11、ステイシー60、スピンムーブ、ピーナッツⅡ、デルタフォース等々

色々と試したのですが、1バイトのみで終了。

エリア的に既に巻物では厳しいのかな?と考えつつ場所移動です。


次の場所は、利根川支流Bです。

水位:減水大 水質:濁り 風:無風 天気:曇り

予想はしていたものの、先ほどの場所と同じく、

利根川に繋がっている為、この場所も結構減水してます。

超早巻きした際に底にスタックしないか、恐る恐るステイシーを

投げてみます。

ギリギリ、底に着くか、着かないかて感じのようです。

後は、ロッドワークで底を打たないように調整しながら巻くのみです。

岸際、沖など超早巻きでガンガン巻きます。

一通り投げたら、5mほど移動して広範囲に投げるの繰り返しです。

もちろん、移動したら元居た方向にも投げます。

すると、「グンッ」とバイトが、そのまま巻合わせをして無事キャッチです。


38cmのバスです。

同じポイントでも違う方向から引くと、釣れると言う典型的なパターンでした。

本日は、納得のサイズが釣れたので、これで検証終了し帰る事に(15:30)



この超早巻き、行った事ないけどオフショアの青物釣りみたいで無性に楽しいですね( ´∀`) 

ただ、これに慣れてしまうと、他の釣りが遅すぎて、耐えられなくなりそうで怖いです。

特に、これからは超スローな釣りに以降する季節ですし。


ロッド:ウエダ Pro4 ST-58B-L (シューティーL)
 (長い事、出番待ちをしていた巻物専用ロッドです、吸い込み方が違いますね)
リール:シマノ カルカッタ コンクエスト100 + Avail(CNQ1034)
ライン:クレハ シーガーR18 BASS(フロロ14lbs)
ルアー:ラッキークラフト ステイシー60SP(黒金)

超早巻 (利根川 + 水郷 バス釣り)

2014.11.03

3週間ぶりにバス釣りに行って来ました。

前回から季節も進行して完全な晩秋な感じで

巻物シーズンも終盤て感じですかね。

そこで今日は巻物メインで行きます。


最初の場所は、利根川支流Bです。

到着時刻10:30

水位は通常で水の状態は良さそう、流れもそこそこ

あって期待できそうです。

まずは岸際をステイシーで流しますが、ノー感じ。

所々にある水門は、ステイシーで打った後に

フォローでカットテールのネコリグを入れてみましたが

ノー感じです。

魚、居ないのかな?


今度は、利根川支流Aに来てみました。

殆ど人が入って居ないようで、藪が凄い・・・

ここでは、ステイシーとデルタフォースを使用して

流してみましたが、ステイシーにキッスバイトが

1回ありましたが、フッキングできませんでした。

何故か、この季節でも藪蚊が多いので耐えきれず移動します。


次の場所に行く途中、「ネオアングラー&Jr君」と合流してから

利根川下流のテトラエリアに到着です。

水位は少し多いかな? 水色は冬のようにクリアで居れば簡単に

釣れそうな雰囲気です。

ここでは、スモラバとスワンプのSSSワッキーを使用して、テトラ打ちを

しましたが、ノー感じ。

凄く釣れそうな感じなだけに残念です。


次の場所は、北利根の階段エリアです。

この時点で巻物での釣りは諦め、2.5”サターンテールの

プリットショットでブレイクを丁寧に釣る事に変更です。

しかし、微妙なバイト?が有ったような?違うような?

で結局ノーフィッシュで、この場所を後にする事に。


ラストポイントとして、横利根に行きました。

横利根に着いて早々に「Jr君」がギルをキャッチ!

良い笑顔で、本当に嬉しそうです。

今日一日の状況から、喰わせと巻物の釣りは難しいと判断して

リアクションの釣りを試す事にしました。

使用ルアーはステイシーで、ブレイク上を私の感覚では

有り得ないぐらいの、超早巻で引いてみる事に、

イメージとし昨年の’13オールスターDVDの山木プロ並の早さで巻いてくると

「コッ」と時々バイト?らしきものがあったのですがフッキングできず、

そして何度かのバイトの後、待望のバスをキャッチです。


サイズは15㎝ぐらいと小さいですが、超早巻でも釣れると言う

新たな発見をした貴重な1匹となりました。

本日はこの1匹で終了です。(17:00)


ロッド:ウエダ Pro4 PB-60B(改) (パーフェクション)
リール:シマノ カルカッタ コンクエスト100 + Avail(CNQ1034)
ライン:クレハ シーガーR18 BASS(フロロ14lbs)
ルアー:ラッキークラフト ステイシー60SP(黒金)




訪問者数
現在の訪問者数
現在の閲覧者数:
プロフィール

ぽとぽん

Author:ぽとぽん
「ぽとぽん」のブログに
お越し頂き、
ありがとうございます。

利根川本流を中心に
岸から狙うバス釣りに
ついて書いてます。

一匹必釣を目標に
上流は栄橋から
下流は小見川大橋まで
走り回ってます。

決して釣りが上手い
わけではありません。
連続ボーズも当たり前ですが
利根川でバス釣りする方に
少しでもヒントになればと
思っています。

宜しくお願い致します。

メモ
上流域
(栄橋-長豊橋)
中流域
(長豊橋-水郷大橋)
下流域
(水郷大橋-小見川大橋)

カテゴリ
リンク
最新コメント
RSSリンクの表示
月別アーカイブ