FC2ブログ

嵐の前は爆釣 (利根川 バス釣り)

2014.10.12

気圧の変化を察知して、食溜めをする為か

嵐の前は爆釣になると言われます。

ここ数日、前回の台風と同じ経路を

超大型台風19号が日本縦断すると、

ニュースで大きく取り上げられており、関東に影響がでるのは

13日の夕方からとのこと、それなら12日の午前中だったら

安全だろうと、爆釣を期待しバス釣りへ行って来ました。



まずは、利根川の上下流域にある超有名水門周りに6:30に到着です。

土手の上から水門を確認すると、バスボート数艇に陸パリが多数居たの

で川岸に降りる事無く、場所移動しました。



次は上下流域にある、水中堤防とテトラが絡むエリアを覗いてみると

今度は、バスボートとヘラ師が大勢居座っており、投げる場所がない・・・

出発時間が遅かった事を後悔しながら、場所移動です。



次の場所は、利根川支流Bです。

護岸された岸際をステイシーでトレースします。

今日は、少し水が多いようで全くボトムノックしません。

要所には、フォローでスモラバを投入しましたが、全くのノー感じ。

その内、上流からバスボートが降りてきて、少し話をすると

今日はTBCの最終戦との事、だからバスボートがやけに多かったんですね。

相当水深が浅いはずなんですが、バスボートてかなり上流まで

入って行けるのですね。



次は利根川支流Aの上流部

やはり増水してます、しかも水質が悪い、水面に浮いた泡が消えません。

いわゆるターンオーバーてやつですか。

そうゆう時はリアクション狙い?で、動きの派手なMIミノーを投げましたが

全くのノー感じ、だったので、また場所移動です。



今度は、中中流域のテトラ帯です。

利根川本流も増水気味ですね、しかし水質は意外とクリアで悪くない。

スワンプクローラーのSSワッキーリグで穴打ち&アウトサイドを打って

行きますが全くのノー感じ。

ここまで見事に反応がないと、ジグ打ちも面倒になりステイシーで

流して行きますが、ノーバイト・・・

この時点で今日はボーズを覚悟しながら、ラストポイントに移動です。



ラストホープとして選んだ場所は、利根川支流Aの下流

ヘビーブッシュを突き進む覚悟です(笑)

足元付近まで水が上がって来ているので、スピンムーブシャッドをキャスト後

テップを岸際のブッシュの中に入れ、岸際をトレースすると

「ゴンっ」とバイトが、しかし乗せる事ができず、その後はバイトもなく

本日は、この1バイトで終了です。(11:00)



この時期は、やはり難しいですね。






スポンサーサイト



訪問者数
現在の訪問者数
現在の閲覧者数:
プロフィール

ぽとぽん

Author:ぽとぽん
「ぽとぽん」のブログに
お越し頂き、
ありがとうございます。

利根川本流を中心に
岸から狙うバス釣りに
ついて書いてます。

一匹必釣を目標に
上流は栄橋から
下流は小見川大橋まで
走り回ってます。

決して釣りが上手い
わけではありません。
連続ボーズも当たり前ですが
利根川でバス釣りする方に
少しでもヒントになればと
思っています。

宜しくお願い致します。

メモ
上流域
(栄橋-長豊橋)
中流域
(長豊橋-水郷大橋)
下流域
(水郷大橋-小見川大橋)

カテゴリ
リンク
最新コメント
RSSリンクの表示
月別アーカイブ