FC2ブログ

負の連鎖を切る (利根川 バス釣り)

2014.09.27

今日も朝から4連続ボーズの負の連鎖を切るため

リベンジに行って来ました。



6:00到着  風:強い  水質:淀んでいる  水位:通常

最初に行った場所は、前回反応のあった利根川支流Aの上流です。

前回と違い水質がイマイチよろしくない。

その影響か?前回居たベイトの群れも皆無。

ここで諦めても仕方がないので、スモラバ+ゲリグラ4”をセットして

対岸のブッシュ打ちをする事にします。

ベイトが居ない事から、魚は沈んているのか?と考え、

なるべく水深のある場所は、時間を掛け丁寧に打ちますがノーバイト。

前回、反応が良かったからと言って、このまま粘ってしまうと

ノーフィッシュに終わりそうだったので場所移動することに。



風:強い  水質:ふつう?  水位:通常?

次の場所は、利根川支流Bです。

ここは釣りできる場所が少なく、あまり好きではないのですが

昨年の今ぐらいの時期に、釣った記憶があったので来てみたのですが

これが正解でした。 (過去の記録て重要ですね)

岸際にスモラバを落とすと違和感が、暫くステイさせていると

スッーとラインが走って行く、それを見届けてフッキングしましたがすっぽ抜け・・・

再度、同じ場所にルアーを投入すると、今度は直ぐにラインが走って行きます。

前回の感じからして、直ぐにルアーを離さないだろうと考え、今度はラインが向う側に

走って行くのを見届けてからフッキングしました。

これが良かったのか? 無事フッキングできバスをキャッチできました。


30㎝のバスです。 祝連続ボーズ脱却 (*^ワ^*)

しかし、なんだか納得できない。 

私の狙っている魚は、このサイズではないのです。

バイトの出方からして、魚の活性は高そうだったので、そのまま岸沿いを

打って行くと、やはりラインだけ走るバイトが何度かあるのですが

上手くフッキングしない。

他の人が釣った魚を見ても30㎝ぐらいのバスでした。

どうやら小さいバスの活性が高いようです。

狙っているのは、このサイズではないので場所移動することしました。



風:強い  水質:クリアー  水位:少し低い

今度は利根川中流域のテトラ帯に来てみました。

岸沿いを歩いていると、10㎝ぐらいのベイトが沢山泳いでいるのを

確認できました、それならハードルアーでと言う事で、なんとなく動きの穏やかな

シャローラビットをラインに結び、テトラのアウトサイドから引いて来ますが

ノーバイト・・・

場所移動します。



風:強い  水質:普通  水位:普通

最後に利根川支流Aの下流域に行きました。

この場所は、夏場ブッシュが酷く人を寄せ付けない場所の為、

来る人の少ないロープレッシャーな場所になります。 

但しブッシュを掻き分け、入る事ができればですが。

しかし案の定、時期がまだ早かったようです。

ブッシュが酷くて、極一部しか入る事ができませんでした。

それでも、岸際をシャローラビットでボトムノックしないスピードで巻いていると

コッと言う、ボトムを叩いたような感触がしましたが、ラインも走らず

引き込まれる事もなかったので、そのままのスピードで巻いていると、

段々と巻き抵抗が重くなって来ているような?

魚なのかゴミなのか解らないので、とりあえずフッキングしてみると

突然ラインが引き込まれました。

久しぶりの強烈な引きを楽しみながら無事キャッチ成功です。


40cmです。 これは納得のサイズ (*´∀`)ノ

こいつを釣って本日は終了です。(11:00)



利根川支流Aのブッシュは本当に酷い、ブッシュも凄いけで

藪蚊も多く、沢山刺されて痒い。

デング熱になってしまうかも(笑)

やはり、この場所は晩秋になってから来るべきでしたが、すでにポイントとして

機能している事が確認できて良かったです。



ロッド:ウエダ Pro4 PB-60B(改) (パーフェクション)
リール:シマノ カルカッタ コンクエスト100 + Avail(CNQ1034)
ライン:クレハ シーガーR18 BASS(フロロ14lbs)
ルアー:自作スモラバ(ブラック&Wメロン)+ゲーリーグラブ4”(ブラック)
     ウッディベル シャローラビット(チャート系)

シャローラビットにはちょっとした思い出があり

潮来釣り具センターが現在と違う位置だった、昔の店舗の頃に剥き出し(中古?)

で売っていたのを購入し、裏の北利根で即ロストし凹んだ苦い思い出が・・・

30年近く昔の話です。


スポンサーサイト



連続ボーズ記録 (利根川 バス釣り)

2014.09.18

今日は、何年かぶりに私用で休みを取得しました。

予定よりも早く、私用が午前中で終わったので、午後から空き時間が。

そこで平日の釣りに行って来ました。

行先は、利根川支流Aです。

今日は利根川支流Aを時間をかけやるつもりです。


到着時間は14:00、天気:曇り、風:なし、濁り少しあり、

しかしアオコが浮いていないので前回よりは状況が良さそうです。

まずは、ピーナッツⅡで手広くサーチしてみます。

雰囲気は釣れそうなのですが、イマイチ反応がない

挙句には、キャスト後のピーナッツⅡのフックにラインが絡んでしまい

グルグル回るルアーを回収していると、物凄い勢いで

ルアーを追っかけてくる40㎝ぐらいのバスが見えました。

そのまま、足元までルアーを追っかけて来たのですが、バイトせず

これなら、トップで出るかも?と思い、ウェイクマンをキャストしますが

追っかけてくるバスは結局、居ませんでした。

そこで、今度はブッシュの奥を狙う為、スプリットショットを使ったテキサスリグに

キッカーバグを付け、ブッシュの奥へ打ち込みます。

スプリットショットを使うとペグ止めする手間が省けるので楽ちんです。

しかし、ブッシュを打っても、打ってもノー感じ。

魚はさっきの1匹しか居ないんじゃないの?て思うぐらいノー感じです。

それでもブッシュの奥を打って行くと、待望のバイトが ヽ(*´∀`)ノ

結構、ブッシュの奥に入れているので、力一杯フッキングしましたが

魚がブッシュに引っ掛かり、ぷらぷら状態&魚も暴れまくり

そしてフックオフ。

挙句には、そのまま根掛かりするし (ノc_,・;)ハア・・・

これを水中でやると、木化けて言うんでしょうね。

結局このバイトが最後で、17:00に終了です。


ただいま、連続ボーズ記録更新中です(笑)








毎年この時期になると (利根川 バス釣り)

2014.09.15

最近は釣りに行っても、どうにも上手く行かない。

でも、そんな事はお構いなしで、今日も利根川にバスを求め

行って行きましたが、寝坊してしまい現地到着は少し遅くなってしまいました。



初めに行った場所は、中流域のリップラップエリアと水門。

濁りあり、流れ少しあり、風少しあり、時刻は7:30

今回は、丁寧に攻める事を優先して、初めからスワンプクローラーの

ショートスプリットショット・ワッキーで打って行く事にしました。

丁寧にリップラップと水門周りを時間をかけ、打っては見たものの

見事にノーバイト・・・

場所を移動する事に


今度は、久しぶりに利根川支流Aの上流部へ来てみました。

現地に着いて川を見ると、アオコが浮いています。

この川でアオコが浮いているの初めて見ました。

とりあえず、スワンプで対岸の岸際を打って行きます。

所々にある水門も打って行きますが、反応が無い。

ゴージャスなブッシュに打ち込んでも、全くのノーバイト、魚が居ないのでは?

と思うほど反応がありません。

場所移動します。


今度は、利根川に戻り、中上流域のテトラ帯に入ってみました。

テトラのインサイドを打ったり、アウトサイドのブレイクを打ったりしたのですが

全くのノー感じ。

そして、このまま心も折れ、ノーバイトで終了です。(12:00)



完全に利根川のバスを見失いました。

毎年この時期になると、利根川のバスが急に釣れなくなる感じがします。

魚が移動しているのは間違いなさそうなのですが、何処に行ったのやら?

それと、今日はカラフルなバスボートを何船か見かけました。


誰なのか解りませんが、オールスターの季節なのでプラでもしているのでしょうか?

そして、バスボートを観察していると、どのボートもアシ際ばかりを打っていて、

リップラップやテトラ帯には近づきもしません。

この時期、リップラップやテトラは外れなのでしょうか?

怒涛のバイトラッシュ (利根川 バス釣り)

2014.09.06

最近だいぶ涼しくなってきて、そろそろ巻物で簡単に釣れるかな?

て思いながら、利根川にバス釣りに、ぷらっと行って来ました。

プラグで釣りたいので、フィーディングエリアになり得るだろうと思われる

リップラップエリアを中心に回る事にします。


開始時刻6:00 天気:曇り 風:無風 流れ:なし 濁りあり

最初に入った場所は、中流域のリップラップエリア

この場所は、久しぶりに来ました。

現地に到着して驚き、道がない(笑)

しかたがないので、藪漕ぎして川岸に出る事にします。

兎に角プラグで釣りたいので、ラパラのF11をブレイクラインまで投げ

引っ張ってきますが、ノー感じ。

水の動きが無いせいか、魚っ気もないので少しでも水の動きのある

水門周りへ移動します。


この水門も久しぶりに来ました、普段ならブッシュが凄く入る事が

大変な場所なのに、今日は草刈がされて楽々川岸にアプローチできました。

この場所、若干水の動きがあるような?ないような?

残念ながら、この場所でもノー感じで場所移動です。


次の場所も、リップラップエリアです。

この頃になると、少し水が下げ始めて水に動きが出てきました。

もしかすると、釣れるかも?と期待を込めながらF11を投げると

1投目でラインが走りました! しかし、そのままフックオフ。(_ _|||)

気を取り直して再度キャストすると、またまたバイト。

しかし、今度はキスバイトでフッキングできず・・・・

しかし、ここから怒涛のバイトラッシュが、エリア的には護岸されている

数百mに渡り、バイトが続きます。(勿論バイトのある場所ない場所がるのですが)

しかも、全部フッキングできず、ルアーを銜えてラインが走るのに

フッキングできない。フッキングできても数秒走られた後フックオフするし。

ラージマウスバスでない事は確実です。

たぶんスモールマウスバスだろうと思い、ルアーを小さなハスティー1に

変更しても、やはりフッキングできない。

こんな、訳の解らない魚を相手に2時間程度、バイト数にして少なくとも

4-50バイトはあったと思います。(大げさではなく)

そして、ついに魚の正体が判明しました。

泳いでいるルアーをハクレンが追いかけて来て、バイトする瞬間を目撃しました。

ある意味、今までフッキングできなくて良かったのかもしれません。

ハクレンを釣るのは、あきらめ(笑)

ルアーをスワンプワッキーに変更して、所々にあるブッシュや杭を打っていると

待望のバスからのバイトが、今度はフッキングも決まり、良い引き込みもします。

しかも、太いラージマウスバス、40後半はありそうです。

確実にキャッチする為、少し泳がせていると、痛恨のフックオフ・・・・・ハァ━(-д-;)━ァ...

このまま続けても釣れなそうなので、終了(10:00)することに



最近、何かがおかしい・・・

魚が掛かっても取り込めない病に掛かってしまいました。


魚の写真がないので、代わりに朝一で入った場所の写真です。

昔はシッカリした道があった場所ですが、今は完全に道がなくなってます。

川岸も野バラだらけで、殆ど移動できない状態になってました。

だれか草刈してくれないかな~(笑)




ついに来ました、この日が (利根川 バス釣り)

2014.08.31

8月も今日で最終日。

今週は、釣りに行く予定ではなかったけど、少し時間が空いたので

利根川へバス釣りに行って来ました。


場所は、中流域のリップラップエリア

時刻14:00 天候:曇り 風あり 流れ少し強い 濁りあり



今回もミドストからスタートでが、今までの失敗を生かし

少しパワーのあるロッドに変更してみました。

水中堤防、ヘラ台、リップラップ、ブレイク等々とにかく

広範囲に投げてみたのですが、バイトがない。

今までなら、多少なりともバイトがあったのですが、今日は全くノー感じ。

まさにミドストです。

表層、中層がダメなら、底ベタをズル引きする事にします。

ベイトタックルに、いつものスワンプをセットし水中堤防をズル引きしていると

久しぶりにバイトが (*^ワ^*)

シッカリとフッキングも決まり、勢いよく魚が走り回ります。

この動き、間違いなくスモールです。しかも良いサイズ。

強烈な引きを楽しんでいると突然、魚が反転、

そして真っ黒なスモールが大ジャンプ!

ベイトロッドでフッキングも決まっていたし、気を抜いていたせいもあり

不意を突かれてしまいました。 ロッドテップを下げる間もなくフックオフ。(_ _|||)

まるで、魚に見透かされたいたようです。

そして、この1パイト、1バラシで本日は終了(16:00)です。



ついに来ました、この日が、ノーフィッシュの日がやって来ました。

最近、ずっと好調で15回連続キャッチしていただけに残念です。





訪問者数
現在の訪問者数
現在の閲覧者数:
プロフィール

ぽとぽん

Author:ぽとぽん
「ぽとぽん」のブログに
お越し頂き、
ありがとうございます。

利根川本流を中心に
岸から狙うバス釣りに
ついて書いてます。

一匹必釣を目標に
上流は栄橋から
下流は小見川大橋まで
走り回ってます。

決して釣りが上手い
わけではありません。
連続ボーズも当たり前ですが
利根川でバス釣りする方に
少しでもヒントになればと
思っています。

宜しくお願い致します。

メモ
上流域
(栄橋-長豊橋)
中流域
(長豊橋-水郷大橋)
下流域
(水郷大橋-小見川大橋)

カテゴリ
リンク
最新コメント
RSSリンクの表示
月別アーカイブ