FC2ブログ

ロクマルオーバー (利根川 バス釣り)

2014.07.26

今日は完璧な夏日で日差しが刺すように痛い。

熱すぎて、陽が出ているうちは、釣りに行く気にもなりません。

と言うか、無理して行ったら倒れそう(笑)

こんな時は、涼しい夜釣りにかぎります。

そう言う訳で、今日はバスを求めて利根川へナイトフィッシングへ行きました。


場所は、少しでも流れのある中流域のテトラと水門が絡むエリアです。

時刻は22:30です。

もちろん、人っ子一人、居らず貸切です。

やはり夜とは言っても、少し湿度は高いですが、適度に風が

吹いているので快適に釣りができそうです。

こんな時は、やっぱりトップでしょ!て事で、ウェイクマンをロングキャストして

テトラのアウトサイドから、ゆっくり引っ張って来ましたが、何事もなく終了。

次に選んだのが、ゲーリーグラブ4”のショートスプリットショットです。

今度は、少し沈めてスイミングさせてみます。

トップに出なくても、ちょい沈めれば出る事もあるかも?

との思いでしたがノーバイト。

次は、この季節は、エビ!エビに間違いないと考え、テトラのアウトサイドまで

ロングキャストして、逃げるエビを意識して、大きめにボトムバンプしてみます。

すると、ラインが「グーッ」と引っ張られてる感じが伝わってきたので、

大きく強くフッキングすると、異常に重い引きに変わりました。

これは、確実にバスなら50UP!と確信できる引きです。

しかし、引きが強すぎる感じもあるので「アメナマ」の可能性も捨てきれない。

とにかく、無理にリールでゴリ巻きすると、フックが伸びそうなので、

ロッドのトルクを利用して、ゆっくりと寄せます。

運が良い事に、この魚、テトラに潜ろうとせず横方向に逃げてくれます。

そのまま、岸際まで寄せてくると、突然の猛ダッシュ!

それをロッドのトルクで耐えましたが、

その時、見えた魚影が細長いアメナマ? (*´Д`)=3ハァ・・・

しかも、岸に寄せてから大暴れ、これは完璧にアメナマの動き。

そして、やっとの事キャッチできました。

























キャッチできたのは、バスでした。しかも
利根鈴木66 2
シーバスです。 

利根川で釣れましがシーバスです。 川スズキてやつです。

シーバス狙いの時は、なかなか釣れなかったのに、外道でかかるとは(笑)

しかも

利根鈴木66 20140726
ロクマルオーバーの66cmの見事な、シーバス改め、スズキです。

このサイズなら「スズキ」釣りましたでOKですよね?

ここまで、グッドサイズだと外道でも、凄く嬉しいですね。\(^ ^)/

引き続き、同じリグを投げ続けると、またまたラインが「グーッ」と引っ張られる

感じが・・・またシーバス?と思いながら、力強くフッキングすると

今度は、先ほどよりも軽い感じですが、今度はテトラに逃げようとする動きをみせます。

これも、ゆっくりと岸に引き寄せ無事キャッチに成功です。


利根37 20140726
今度は、37cmのラージマウスバスです。

サイズ的にイマイチですが、やっと、目的の魚が釣れたので

本日の釣行は23:30で終了です。


1時間と言う、短時間の釣行にしては、出来すぎなくらいの良い結果でした。

しかし、ボトムバンプしていたルアーに、シーバスてバイトするんですね。

てっきり、シーバスはベイトばっかり捕食しているものと思ってました。

そもそも、私がエビを意識してルアーを動かしていただけで、魚から見たら

エビに見えなかったのかも、しれませんが。


ロッド:ウエダ Pro4 PB-60B(改) (パーフェクション)
リール:シマノ カルカッタ コンクエスト100 + Avail(CNQ1034)
ライン:クレハ シーガーR18 BASS(フロロ14lbs)
ルアー:ゲーリー 4”グラブ(チャート/チャート&ライムフレーク)
         ショート・スプリット・ショット
スポンサーサイト



商売で釣りする人 (水郷エリア バス釣り)

2014.07.20

今日は「ネオアングラー」と共に、昨年の陸パリ大会で頂いた

「LBS水郷岸釣りガイド券」を使い、水郷エリアのガイドを依頼しました。

とても楽しみです。

今日の天候は空模様が怪しいものの、曇り空の微風で絶好の釣り日和。

ただ前日に降った、夕方からの大雨が気になりますが、どうなることやら、

ガイドからは事前にスモラバの「プロズチューンデバイス」とゲーリーの「テナガホッグ」を

準備して欲しいと言われたので、シッカリとボックスに入れたのを確認して

集合場所の佐原にある、プロショップK’sの駐車場に7:00に合流し、

今日のスケジュールを打ち合わせしてスタートです。

打ち合わせと言っても、「お任せします」の一言で終了ですが(笑)

スタート時間が意外とゆっくりなのは、遠くからのお客さんを

意識して何ですかね?それとも普通なのかな?


ちなみにガイドは、水郷のロコアングラーで

「ランカー師匠の霞釣遊記」、LBSの「須田さん」です。
http://plaza.rakuten.co.jp/kasumilunkers/

毎週のように水郷エリアで陸パリガイドをしては、毎回のように

お客さんに40UPを釣らせると言う、凄腕の持ち主です。

自分で釣るならまだしも、お客さんに釣らせるとなると、相当なもんですよね。

噂では、某有名プロ達もガイドを頼んだとか?


移動中は、魚を釣る為の胆について興味深い説明をして頂きながら移動をします。

そして気が付くと最初のポイントに到着しました。

まず最初に案内して頂いたポイントは某超メジャー河川、メジャー過ぎて

結構魚がスレてます。

正直ここですか?大丈夫ですか?て感じの私でも知っている超定番場所です。

まず始める前に、このポイントの胆をレクチャーしてくれました。

で、そのレクチャー通り実施すると、プルプルッと心地よいバイトがあり

開始早々いきなり釣れちゃいました。

水郷ガイド 1
なかなかのサイズ、私はこの1匹で早々にお気楽モード突入(笑)

この魚が釣れて、もう少し粘ると思いきや、直ぐに場所移動です。


次のポイントは、先ほどと同じ水系の場所です。

ここでも、開始前にポイントのレクチャーをしてくれます。

レクチャーの結果、一級ポイントは、まだ釣れていない「ネオアングラー」に譲り

私は、ちょい外れた場所をレクチャー通り投げ続けると、また釣れた・・・嘘でしょ?

水郷ガイド 2
今回は小さかったかな?

今度は、1級ポイントの「ネオアングラー」にヒット+ジャンプ=バラシ

今のはデカかった確実に40後半、もったいない。

「ネオアングラー」も結構凹んでます(笑)

続いて、少し外れた場所で釣っていたガイドの「須田さん」にヒット。

私達を優先して場所を開けてくれていたので、ランディングの難しい場所で

掛けてしまい、沖の方で魚を泳がせながら、慌てる事無くランディング場所に移動し、

余裕で40UPをキャッチです。

その後、場所を休ませるのを兼ね、「須田さん」と話し込んでいると

「ネオアングラー」に、またまたヒットです。

今度のも大きそうです。それを見た「須田さん」慌ててネットを持って

駆けつけます。

しかし足元のアシに絡まり、キャッチできない。

そこで、すかさず「須田さん」からアドバイスが入り、無事キャッチに成功です。

水郷ガイド 6
またまた、40UPのバスです。

そして、次の場所に移動です。


次の場所は、これまた小場所で見た目最高でもイマイチな場所とのこと。

見た目最高な場所なので必ずいると思い、慎重に縦ストを釣っていくと、

やっぱり釣れた。

水郷ガイド 3
かなり小さなバスが釣れました、魚が小さいからイマイチな場所?

これを釣って、すぐさま移動です。


次の場所も、一見通り過ぎてしまうような小場所です。

しかし、こんな小場所でも40後半が出ているとの事、

日差しも強くなってきたので、日陰にカバーが重なる場所を

慎重にアプローチするとツッーとラインが走ります。

フッキングすると結構、力強く走り回り楽しませてくれました。

水郷ガイド 4
アベレージサイズですね (^―^)

またまた、次のポイントへ移動です。

1匹釣れたら粘らず移動の繰り返しです。


今度もTVや雑誌でお馴染の超メジャー河川のポイントです。

超有名過ぎて、釣り人多し!

まずは、ここでもレクチャーからスタートです。

残念ながら、この場所では私も「ネオアングラー」もバイトを得ませんでしたが

「須田さん」が40UPをキャッチしました。

そして、時間も無いのでラストポイントへ


この場所も超~メジャー河川です。

その為、釣り人がいたる所で竿を振ってます。

まずは、恒例のレクチャーからです。

このポイント、夕方になると魚が集まってくるそうです。

本当かな?と思って投げていると、女性の釣り人が、あからさまに40UPと

解る魚を片手に後ろを通り過ぎて行きました。Σ(゚д゚;)

しばらくすると、今度は小学生?がバスを片手に通り過ぎて行きます。

本当に魚が集まっているようです。

無心にキャストを繰り返していると、隣の「ネオアングラー」に30クラスが

ヒットしました。

その後に私にも、モゾモゾとしたバイトがあり、30クラスがヒットしてくれました。

水郷ガイド 5
終わり良ければ直良し、これで二人とも気持ちよく、終了です。

最終的な釣果は、私5匹、「ネオアングラー」2匹、「須田さん」2匹の計9匹、

その内、40Up×3

回ったポイント、10ヶ所以上。

個人的には、水郷エリア=釣れないと言うイメージが強かったのですが

ガイド&レクチャーして貰う事により、まだまだ釣れる事を確認できました。

ただし、「須田さん」のガイドによるところは大きいですが。


ガイドの感想としては

兎に角、ポイントやタックルに対して精通しています。

特に、ポイント及び攻略方法については、異常なくらい詳しくて、どうやって

情報を集めたのか知りたいぐらいでした。

また、言われ通り実施できれば、高い確率で釣る事ができ、

これぞ、商売で釣りする人のレベルの高さを実感しました。

そして、移動や食事の合間も興味深いトークをしてくれるので飽きる事無く

楽しく過ごす事ができました。

もっともガイドをして頂き感動したことは、包み隠さず全てを教えてくれた事です。


最後に陸パリで、なかなか思ったように釣果が伸びない方は、

お金を払ってでも、一度ガイド頼んで釣ってみる事をお勧めします。

ガイド料金は、ボートによるガイドに比べ格段に割安ですし、

必ず得るものがあると思います。


ロッド:ウエダ Pro4 PB-60B(改) (パーフェクション)
リール:シマノ カルカッタ コンクエスト100 + Avail(CNQ1034)
ライン:クレハ シーガーR18 BASS(フロロ14lbs)
ルアー:プロズファクトリー プロズチューンデバイス(グリパン)
       トレーラー:ゲーリー テナガホッグ(グリパン)
     レインズ リトルレンズホッグ(えびがに) ショートスプリットショット






PB-60Bをアップデート

2014.07.17

バス釣りで愛用している、ufmウエダのPro4 PB-60B(パーフェクション)

元々、このロッドは15年ぐらい?昔のロッドです。

その為、グリップやガイドを交換して、軽さと高感度を追及した仕様に

作り直し、使用していました。

しかし、使っていくうちに不満点も出てきており、富士工業から丁度それを解消する

ニューガイドが販売されたので、PB-60Bをアップデートする事にしました。

アップデートした内容は、ティップセクションのガイドを今年、富士工業から販売開始

されたトルザイトリングに変更しました。

トルザイト比べ
同じNoでもトルザイトの方が、Sicより内径が大きいのが売りですが、

実際に比べてみました。

左からSicのNo4.5、トルザイトNo4.5、SicのNo5の順です。

カタログに乗っている内径数値は

左から2.5、2.86、3.0の順です。

写真だとイマイチですが、実物を見ると違いが良くわかります。


因みに交換の目的は、ティップセクションのガイドを変更することにより、

ラインの抜けを良くする事です。

しかも、ガイド重量を極力おさえて。

結果的には、現状使っている「Lガイド」の方が「KTガイド」より軽いので、

いくらトルザイトリングが軽く作れても、重量増は免れないと思っていますが、

気付かない範囲だと思うのでOKです。


距離    0   120   120  135  155  170  190   200  225
サイズ  4.5   4.5   4.5   4.5   4.5  5.5    7    8    8
旋回    0    0    0    0    0   0    0    90  180
ガイド   KT   KT   KT   KT   KT  KT   KT   KT  Y(高足)
リング  TOR    TOR  TOR   TOR   TOR   Sic   Sic   Sic   Sic


トルザイトティップ
トップガイドは、今回も「折れたティプ風」にしました。

スレッドは、メタルスレッドの青にしました。

この方が、ティップが見やすいかな?と思って。

訪問者数
現在の訪問者数
現在の閲覧者数:
プロフィール

ぽとぽん

Author:ぽとぽん
「ぽとぽん」のブログに
お越し頂き、
ありがとうございます。

利根川本流を中心に
岸から狙うバス釣りに
ついて書いてます。

一匹必釣を目標に
上流は栄橋から
下流は小見川大橋まで
走り回ってます。

決して釣りが上手い
わけではありません。
連続ボーズも当たり前ですが
利根川でバス釣りする方に
少しでもヒントになればと
思っています。

宜しくお願い致します。

メモ
上流域
(栄橋-長豊橋)
中流域
(長豊橋-水郷大橋)
下流域
(水郷大橋-小見川大橋)

カテゴリ
リンク
最新コメント
RSSリンクの表示
月別アーカイブ