FC2ブログ

フィッシングショー 2014

2014.03.22

最近、まったく釣りに行けてない「ぽとぽん」ですが

年に1回のフィッシングショーには「ネオアングラー」と

一緒に行ってきました。

新製品の発表も無いフィッシングショーに行くより

釣りに行った方が良いのではとの意見もありますが

いろいろとメーカの人に直接聞きたい事もあったので。


さて、今年のフィッシングショーの第一印象は

ブースが少ない(出展メーカが少ない)、メガバス、ダイコウ、

ABU、アングラーズリパブリック等々、数えたらキリが無いほど

のメジャーメーカーが出展してませんでした。

それに比例するかのように、あからさまに昨年よりも来場者が

少なく感じました。


一番混んでいる時でこの程度です。

そのお蔭で、メーカーの方やプロの方とお話する事ができ

ゆっくりと製品に触れる事もできましたが。





まず、初めに富士工業へ行き新製品のトルザイトリングや

フレームについて、いろいろと聞きたい事を聞き、こんなフレームが

欲しいと伝える事もでき良い情報収集になりました。

ついでにダイワへ行きAGSガイドについても聞き込みしてきました。

ガイド販売したいけど、生産的に難しそうな事をいっていました。

全て社内設備を使いウォータージェットで加工しているようで

ロッドに搭載する量を作るのが精一杯だそうです。

早く、富士の市場独占を止めて欲しいものです。


それとバスマスタークラシックの優勝トロフィーが置いてありました。

こんな物がケースに入れずロッドと共に置いてありました。

ダイワの人に伺うと、正真正銘のレプリカだそうです。

そりゃ、そうですよね(笑)




それと、「伝統工芸士」の方が毛ばり(鮎用)を巻いていたので

ジックリと見入ってしまいました。

巻き方がフライとは全く違い実質片手で巻いて、

スレッドも殆ど使わず効率良く巻いているのには驚きました。

余りの凄さに、お声を掛けさせて頂いたら即興で渓魚用の

毛ばりを巻いて見せてくれました。

残念なのは、フライをやっていた頃に見れなかった事です。

そうそう、今年はバスメーカーが減りましたが代わりにフライブースが

増えてました。TMCやC&Fなんかも専用ブースをだしてましたね。




閉館の18:00頃になると、各ブースでこんな感じで集合写真を撮り始めていましたので

お好きな方は、閉館まで居る事をお勧めします。

イマカツはプラクティスの為不在でした。


さて、来年2015年のフッシングショーは開催時期が早くなるとの話もあるので

出展メーカーが増える事を期待してます。

それにしても、ジムの言いたい放題はいつ聞いても面白いですね。












スポンサーサイト



訪問者数
現在の訪問者数
現在の閲覧者数:
プロフィール

ぽとぽん

Author:ぽとぽん
「ぽとぽん」のブログに
お越し頂き、
ありがとうございます。

利根川本流を中心に
岸から狙うバス釣りに
ついて書いてます。

一匹必釣を目標に
上流は栄橋から
下流は小見川大橋まで
走り回ってます。

決して釣りが上手い
わけではありません。
連続ボーズも当たり前ですが
利根川でバス釣りする方に
少しでもヒントになればと
思っています。

宜しくお願い致します。

メモ
上流域
(栄橋-長豊橋)
中流域
(長豊橋-水郷大橋)
下流域
(水郷大橋-小見川大橋)

カテゴリ
リンク
最新コメント
RSSリンクの表示
月別アーカイブ