FC2ブログ

引きの強さ

2013.08.24

ここ数日、夜間にゲリラ豪雨が発生し、水温が30℃を下回り始めたので

利根川の状況が好転しているかも?と考え、行ってきました。


ファーストエリアは前回と同じ中下流域のテトラ帯。

時刻は5:30、天候曇りです。

川の状態を確認すると、前回と違い魚達のライズが少なく全体的に

活性が低く感じられます。

まずは、ピーナッツ?千鳥で軽く流した後に、レインズスワンプの

ショート・スプリットショット・ワッキーに変更しテトラのアウトサイドから

広範囲に探りましたが長時間粘った割には、ギルアタックが数回と

アメナマらしき合わせ切れが1回あったのみだったので、場所を移動する事に。


次の場所は少し上流にある、流れの当りの弱い水中堤防を狙う事に

ルアーは、初めからレインズスワンプのショート・スプリットショット・ワッキーです。

水中堤防と平行にルアーをボトムバンプさせていると、ラインがスーッと横に走りました。

少し距離があったため、大慌てでラインスラッグを巻き取りフッキングし

無事1匹目のバスをキャッチしました。


30cmのスモールです。

この場所、思っていたよりも岸が藪になっていた為、場所移動する事に。


今度は、少し下流の本命のテトラ帯です。

何が本命かと言うと、陸ッパリがまず居ないポイントだから

プレッシャーが低いので本命と言う事です。

しかし、そんなに甘く無くノーバイトで終了。

そして次の場所へ。


今度は、上流のメジャーなテトラと水門が絡むエリアへ

メジャーエリアなだけあって、既に一番良い場所に先行者が

入ってます。

このエリアは、諦めてサクッと流して場所移動です。


最後に入ったエリアは、更に上流のテトラ帯です。

日も高くなってきたので、ここまでくると流石にメンタル面で諦めモードに

ここでも一番信頼しているレインズスワンプのショート・スプリットショット・ワッキー

で丁寧に探りますがノーバイト。

そこで気分を変える為にキッカーバグに重めの直リグでシャクリの

リアクション狙いにすることに。

すると、先程スワンプを通した同じ場所でラインが横に走るバイトが、

フッキングすると軽い、子バスかな?と思っていると

急に強く引き始め、少し慌てましたが無事キャッチ。


30cmぐらいのスモールです。

復路を同じリグで流して行くと、また直ぐにバイトがあり

強烈にテトラに潜り込まれましたが無事キャッチに成功です。


33cmのスモールです。

本日は、これにて終了です。(10:30)


どうやらスモールは30cmを超えると、急に引きが強くなるようですね。

同寸ラージ+5cmと同じ引きの強さに感じられました。

これを考えるとスモールの40UPて恐ろしいですね。

それにしても、今年の利根川はラージが居そうな場所でも

スモールばっかり釣れてしまいます。

川の中で何か大きな変化があったのでしょうか?


それと、今日は久しぶりにルアーを拾いました。


やけに四角いルアーです。

サイズとカラーからしてシーバスルアーかな?


ロッド:ウエダ Pro4 PB-60B(改) (パーフェクション)
リール:シマノ カルカッタ コンクエスト100 + Avail 
ライン:クレハ シーガーR18バス(フロロ14lbs)
ルアー:レインズ レインズスワンプ(エビミソ)
     ショート・スプリットショット・ワッキー
     エバーグリーン キッカーバグ3.5”(グリーンパンプキン・BK/GR)
     自作・直リグ

スポンサーサイト



100,000カウント

2013.08.21

本日100,000カウント達成です。

サブタイトルの通り自分の記録と、

ネットで釣り場の情報を提供してくれていた

先人への感謝の気持ちを込め、釣行記録を

載せ始めましたが、いつの間にか嘘か?本当か?

100,000カウント達成しました。

何時も下手な文章を読んでいただいてる皆様に感謝です。

゚.+:。(´∀`)゚.+:。ありがとう!



すっぽ抜け。

2013.08.17

昼間は猛暑で灼熱、夜は熱帯夜で蒸し暑い。

ならば、一番気温の下がる早朝なら快適に釣りができるかも?

と言う事で、早朝に利根川に出撃しました。


到着時刻は5:00で、予想通り涼しく快適です。

しかも、薮蚊が居ない。ヽ(・∀・)ノ

人一倍、蚊に刺される私としては嬉しい事この上なしです。


しかも今日は綺麗な朝焼けで、得した気分です。


ファーストポイントは、中下流域の水通しの良いテトラ帯です。

巨大なハクレン?青魚?アメナマ?が魚体を見せながら

あちらこちらでライズをしてます。

岸から1m以内でもライズを繰り返し、バスが怯えてしまうのでは?

と思うぐらいです。

まずは、ウェイクマンで表層を素早くチェックします。

しかし、ノーバイト。

次にポップRで岸際をネチネチとポップさせますが

やはりノーバイト。

今度は、水面直下をピーナッツ?千鳥で流すも

これまたノーバイト。

やはり、巨大魚のライズに怯えてテトラの中に入り込んでいるのかも?

と思い、レインズスワンプのショート・スプリットショット・ワッキーで

テトラをバンプして魚を探す事に。

レインズスワンプにして1投目のピックアップ時にバイトが

しかし、合わせを入れるも、すっぽ抜け。

もう一度、同じコースを通すとラッキーな事に、再度バイトが

今度は、上手くフッキングして、利根バスの強烈な引きを

楽しみながら無事キャッチです。


37cmのラージです。


ガッツリ丸呑みしてるので、活性が高い事が伺えます。

これなら、数が出るかも?と淡い期待を抱きながらキャストを続けると

またまた足元でバイトが、しかし合わせるも、すっぽ抜け・・・

次のバイトもすっぽ抜け・・・

この高活性のタイミングで私の悪い癖が (´;ω;`)ウゥゥ

そして、やっと次のバイトでフッキングに成功し

バスをキャッチする事ができました。


20後半のスモールです。

スモールならフッキング失敗しても仕方ない?

そして次のバイトはフッキングと同時に強烈な引きです。

上がってきたのは、目測35ぐらいのスモールです。

しかし抜き上げの瞬間、痛恨のフックオフ。・゚・(*ノД`*)・゚・。

ハンドランディングにすれば良かった・・・


しかし、今日はまだまだバイトとすっぽ抜けが続き

何とか、もう1匹追加に成功。


25cmぐらいのスモールです。

この後は、日が完全に昇りバイトが遠のいたので

場所移動することに。


日が昇ったら、この場所しかないと自信のあった

下流域のテトラ帯に来たのですが、予想外にノーバイトで終了。

その後、何時も気になっていた水路をチェックすると

25cmぐらいのラージがバイトしましたが、途中フックオフしてしまい

これにて本日は、終了することに(10:00)


今日はスモールの群れが入っていたのか?

多数のバイトを得られましたが、バイトの殆どがすっぽ抜けてしまい、

上手くフッキングしても途中でフックオフしてしまいました。

しかもラインブレイクが3回もあったし
(14lbsフロロがスパッと切れていたので、たぶんアメナマだと思いますが)

自分の未熟さが露呈してしまいました。

最後に、釣りするなら涼しくて明るい早朝が楽しいですね。( ´∀`)



ロッド:ウエダ Pro4 PB-60B(改) (パーフェクション)
リール:シマノ カルカッタ コンクエスト100 + Avail 
ライン:クレハ シーガーR18バス(フロロ14lbs)
ルアー:レインズ レインズスワンプ(エビミソ)
     ショート・スプリットショット・ワッキー


夏ばて?

2013.08.13

先日、多治見市の40.9℃を塗り替える41℃を四国が記録し

日本全国暑い日が続いており、太陽の出ている間に釣りに行こうと

いう気すら起きない。

そこで、気分爽快な夜釣りです。


場所は利根川中流域のテトラ帯。

時刻は22:30ぐらいからスタートです。

気分爽快な夜釣りのはずが、蒸し暑く既に汗だく・・・

しかし岸際を見ると今回はエビだけでなく、おびただしい数の

10cmぐらいのベイトが、魚の種類までは確認できませんが

凄い量です。

試しにライトを当てると、ナブラのような状態になるぐらい

凄い量です。

そんな状況の中、パニくったベイトをイメージして

表層をカブリスタのトゥィッチで流したのですがノーバイト。

次に、某ブログで見て真似て作った、ピーナッツ2千鳥を

投げてみましたが、やはりノーバイト。

そもそも、夜中にトゥィッチや千鳥の動きをバスが追いきれるのか?

と言う疑問もあるのですが。

次に、3”リングシュリンプ+ショートスプリットショットを投げ

ボトムバンプしていると、待望のバイトが、

しかし、バスにしてはジャンプしないし、

引きも弱い、上がってきたのは、こいつでした。


40cmのアメナマでした。

アメナマにしては、引きが弱かったです。夏ばて?

次にレインズスワンプのショート・スプリットショット・ワッキーに

ルアーチェンジしてバンプさせながら、テトラの上面を引いてくると

またまたバイト、今度はフッキングと同時にジャンプをしたのでバスのようです。

しかし、こいつも引きが弱い子バスなのかな?と思い岸に寄せてくると

予想以上のサイズ。


44cmのラージでした。

アメナマと言い、バスと言い引きが弱く、夏ばてなんですかね?

この後は、バイトも無く24:30で終了。


上で書いたピーナッツ2千鳥ですが、改造一回目で思った以上に

上手く動きました。

もう少し煮詰めれば、ワドルバッツ買う必要がないかも。

「ピーナッツ? 千鳥 改造」でググレば、私が参考にした

写真付きのブログを見ることができますよ。



ロッド:ウエダ Pro4 PB-60B(改) (パーフェクション)
リール:シマノ カルカッタ コンクエスト100 + Avail 
ライン:クレハ シーガーR18バス(フロロ14lbs)
ルアー:レインズ レインズスワンプ(エビミソ)
     ショート・スプリットショット・ワッキー


航跡にバイト

2013.08.03

シーバスも釣れない事だし、予定通りバスを狙いに

中流域のテトラ帯に移動です。

ここは、前回釣れた場所、今回も大量にエビが接岸していました。

時間は22:30ぐらいです。

まずは、貰い物のビックベイト、ロイヤルフラッシュJrを投げ

水面及び水面直下をスローリトリーブです。

夜だし、これくらいデカイ方が良いだろうと思い投げたのですが

1度だけ、ルアーの航跡にバイトがあったのみで終了。

しかし、ビックベイトにバイトがあったと言うことは、先が明るそうです。

次に、ピーナッツ?DRでテトラの頭をコツキながら

スローリトリーブしてくるもノーバイトで終了。

ビックベイトで出たので、簡単に釣れると思っただけに肩透かしです。

夜も更けて来たので、早めに1本釣りたく、3”リングシュリンプの

S・スプリットショットに変更。



テトラの隙間を、ボトムバンプで誘っていると、相変わらずギルアタックが

多くあるものの、本命のバスがバイトしてこない。

ギルが居れば、バスも居るはずと24:30まで粘るも、結局バスからの

バイトを得ることができず、終了です。


今シーズンは例年に比べ、なかなか釣れないですね。

でも、釣れている人は釣れているようなので

釣り方が合っていないのでしょう。難しいですね。

キスバイト

2013.08.03

今回も利根川で夜釣り、

しかし、いつもとはちょっと違いシーバス狙いです。

以前から1度はやってみたかったのですが、広い利根川

釣れる気がせず、なかなか思い腰が上がりませんでしたが

数週間前に利根川でメータオーバーの101cmが逆水門で

釣れたと言う情報を聞いた事だし

1時間だけやり、その後はバスを狙う事で重い腰を上げました。

場所は、逆水門とは全く関係のない中流域のポイント。

シーバスは100kmぐらい遡上するらしいので、

海からの距離的には全く問題ないはず、但し個体数が

極端に少ないとは思いますが。


これだけ、上流だとタイドグラフ見ても潮の影響が解らないので

無視して現地に21:30に到着。

まずは、お気に入りのK-TENのMをキャスト!

表層を棒引きしてくると、なんと1投目から

根掛り・・・ロープに引っかかったようでイキナリロスト 。・゚・(*ノД`*)・゚・。

スリムてカッコいいルアーで気に入っていたのに。

次にチョイスしたルアーは、K-TENのブルーオーシャン

因みにK-TENのブルーオーシャンが世界で初めて

全自動重心移動システムを搭載したプラスチックルアーだそうです。

この事は、シーバスを始めて初めて知りました。

しかし、そんなパイオニアなルアーを投げまくってもノーバイト、

諦めて車に戻ろうとしたら、キスバイトが(;゚д゚)

しかし、その後も投げまくったのですが、もう一度だけ

キスバイトがあり終了です。

そもそも、このキスバイトはシーバスなのか?他の魚なのか?

それとも、なんらかの魚の体に触れただけだったのか?

今後も機会を見てシーバスを狙ってみたいと思います。


因みにこれが、K-TENのBlueOceanの90mmです。

独特のボディー形状をしています。

残念ながら新品は、なかなか見ないですね。

中古屋では大量に見かけますけどね。


訪問者数
現在の訪問者数
現在の閲覧者数:
プロフィール

ぽとぽん

Author:ぽとぽん
「ぽとぽん」のブログに
お越し頂き、
ありがとうございます。

利根川本流を中心に
岸から狙うバス釣りに
ついて書いてます。

一匹必釣を目標に
上流は栄橋から
下流は小見川大橋まで
走り回ってます。

決して釣りが上手い
わけではありません。
連続ボーズも当たり前ですが
利根川でバス釣りする方に
少しでもヒントになればと
思っています。

宜しくお願い致します。

メモ
上流域
(栄橋-長豊橋)
中流域
(長豊橋-水郷大橋)
下流域
(水郷大橋-小見川大橋)

カテゴリ
リンク
最新コメント
RSSリンクの表示
月別アーカイブ