FC2ブログ

キーワードのエビ

2013.07.20

先週までの連日の猛暑が嘘のように、今週は秋のような

涼しさが続いてます。

本当なら明るい時間帯に行きたいのですが、そうも行かず

今回は久しぶりの夜釣りです。

勿論、狙うは利根川のバスです。


まずは、中流域の水門とテトラの絡むエリアに22:00到着。

この場所、昼間なら人気のエリアですが夜はガラガラ。

風は微風で若干の水位増でテトラの頭しか水面に出ていません。

夏の夜釣りの定番と言えばトップと言う事で、アピールの強い

ウェイクマンをチョイス。

兎に角、遠投してゆっくりと一定速度で棒引きしてきます。

闇夜にウェイクマンの「カシャカシャ」と言うバズベイトのような

独特の音が響きわたります。

ウェイクマンを投げ続け丁度、水門の流れとテトラがぶつかる

辺りを引いていると、「ガシャン」と言うルアーがテトラに当たったような音が、

それを無視して、そのまま引き続けると、また「ガシャン」と言う音が

すると今度は急激にロッドが絞り込まれ、十分に荷重が乗ったところで

フッキング。

どうやら、このルアーがテトラに当たったような音は、バイト音だったようです。

この魚、引きが強い!結構大きそうです。

場所がテトラ帯なので潜り込まれない様に、強引に寄せ

足元に来たところで弱らす為にいなします。

この時ライトを点け魚を確認すると、40後半のバスである事を

確認。。゚ヽ(゚´Д`)ノ゚。 ヤッターン♪

しかし、まだパワーが有余っているようなので、暫らくいなしていると

痛恨のフックオフ 。・゚・(*ノД`*)・゚・。


フックが伸ばされてます。後から気が付いたのですがフロントフックも伸ばされてました。

強引に寄せ過ぎたのが原因のようです。

トレブルフックはシングルフックに比べ伸びやすいですよね。

その後は、トップに出るならばと、グラブのスプリットショットで流すも

ノーバイトなので場所移動することに。


今度は、少し下流の「M清」と遭遇したテトラ帯へ移動することに

今度もウェイクマンでサーチするもノーバイト。

ふと、水面を照らすと大量のエビが接岸している事に

気が付きました。

そこで4”リングシュリンプのスプリットショットに変更し

エビが逃げるようにボトムバンプの繰り返しをすると

ギルアタックが出始めました。

そしてある事に気づき、そこで粘っていると、木の枝に根掛りした

ようなバイトがあり、フッキング。

今回も強烈な引きだったのですが、テトラ帯なので強引に引き寄せ

足元でいなしてから無事キャッチに成功。゚ヽ(゚´=Д=`)ノ゚。ヤッターン


46cmのグットサイズです。(でも、バラした奴の方が確実にデカかった・・・)

その後、同じパターンで投げ続けると今度はスモールなスモールをキャッチ。


20cmのスモールです。

その後も、まだ釣れそうな感じがしたのですが、ワームの在庫切れで0:40頃終了です。


因みに今回のキーワードのエビですが接岸していたエビは、極小のエビでした。


解りますか?中央と中央下付近に縞々の1cmぐらいのエビが見えます。

右側には赤い眼が写っています。


赤い眼が沢山写っているの、解りますか?

この写真以上に沢山接岸していました。

このエビ、不思議なことに同じテトラ帯のはずなのに

大量に居る場所、居ない場所、その中間の場所がハッキリと

分かれていました。

そして、不思議なことにギルアタックが中間の場所のみ発生したので

ギル=バスと考え、粘ったところ今回の結果となりました。

エビの行動を考えるとミドストで狙った方が釣れたかも?

最後に、利根川に夜釣り行かれる方は、薮蚊対策をしっかりと

して下さい。昼間居ないのに夜になると出てきますよ。


ロッド:ウエダ Pro4 PB-60B(改) (パーフェクション)
リール:シマノ カルカッタ コンクエスト100 + Avail 
ライン:クレハ シーガーR18バス(フロロ14lbs)
ルアー:レインズ 4”リングシュリンプ(スカッパノン)
     ショートスプリットショット


スポンサーサイト



釣れ釣れ状態

2013.07.13

昨日、仕事で帰りが遅くなり、昼に眼が覚めると

家には誰もいない。

私に気を使い、夕方まで出かけるとのこと。

それならばと、利根川にバス釣りに行くことに

例年なら、釣れ始めてもいい頃、期待も含め

中流域のテトラ帯に14:30頃到着です。

早速、流れの効いた水門回りを狙うことに

ここ数日の猛暑日、この流れに居ないはずは無いと

それに、ゴミ取り用のネットが良い具合に流れの

影響で膨らみシェードを作っている。

このネットの中に何を入れるか?通常のリグなら

簡単にスタックしそうなので、ノンスタックの強い直リグ

で行くことに、ワームは沖田プロに頂いたキッカーバグ。

流れに乗せ、ネットの中をトレースするとラインがスッーと

走り、1投目から待望のバイトが、すかさずフッキングすると

やけに走り回ります。この動き間違いなくスモール。

無事キャッチすると、グットなスモールでした。


自己記録更新の30cmスモールです。

スモールが居ることが解ったので周辺を

3”サターンテール+スプリットショットに変更して粘るも

ノーバイト。

水門周りは諦めテトラをバズベイト、スピナベ、シャロークランクを織り交ぜ

食い気のあるバスを探しましたがノーバイト。

復路は、丁寧に穴打ちをする事に、そろそろエビが出てくる頃なので

やはり直リグ+キッカーバグで探りを入れますが、時折ギルアタックが有るのみ。

そんな時に突然、携帯が鳴り「M清」からの電話です。

M清:今何してる?
ぽとぽん:利根川でバス釣ってる。
M清:ははは(笑い声)

しかも、この笑い声がやけにリアルに聞こえる、しかも隣から

声の方向を見ると、「M清」が隣で釣りしてるし(笑)

草が邪魔で良く見えず、隣に居るのに気づかなかった。

どうやら「M清」は会社の友人と3人
(何時もブログを見てくれているそうでありがとうございます)

で来ているらしく、その中の釣りが上手いと前々から聞いていた

方に「しゃくじ」さんに話を聞くと数日前に、利根川で50UPを釣ったとのこと

しかも、今日もここに来る前のポイントで45UPをばらしたとも。

やはり、私が釣れないだけで上手い人は釣っているんですね。

少し、お話をさせて頂きこの後、用事があるとの事で

引き上げていかれました。

その後もテトラ打ちを続け、時々あるギルアックが本当にギルで

ある事を確認する為、ギルをキャッチ。


やはり期待を裏切らず15cmのギルでした。

このエリアを諦め、最後に水門周りをやろうと移動すると、

「M清」達が居ます?

用事が有ると言って帰ってから1時間は経ってると思いますけど・・・

話を聞くと、この水門周りでスモールが釣れ釣れ状態とのことで

既に、6本キャッチ。

しかも、釣りが上手い方(名前を聞き忘れました)「しゃくじ」さんが目の前で

グットサイズなスモールを釣り上げました。

この後、本当に時間が無いとの事で、「M清」達は私に場所を

譲ってくれる形で帰って行きました。

勿論、私はこの場所でやったのですが

良くある事で、リグや動かし方まで教えて頂いたのに、

私と魚の波長が合わず、1バイトのみで17:00に終了です。


ロッド:ウエダ Pro4 PB-60B(改) (パーフェクション)
リール:シマノ カルカッタ コンクエスト100(改) 
ライン:クレハ シーガーR18バス(フロロ14lbs)
ルアー:エバーグリーン キッカーバグ3.5”(リバーシュリンプ)
     直リグ(自作)

密かに連続ボーズ更新中。

2013.06.16

先週スモールが釣れた利根川の同じ場所に、リトライするために

午後からチャレンジしにきたものの、若干の濁り&少し強めの流れ

の為、狙ったピンポイントにノーシンカーグラブを送り込むことができず

ノーバイト、ノーフィッシュで終了。

しかしながら、魚のライズが見られたので全体的に魚の活性は

高そうな感じでした。



2013.06.23

今回は、ラージのアフター狙いで定番の縦ストを狙いに

朝一から利根川の佐原メジャーテトラ帯&水中堤防へ行きました。

結果は、縦スト(水中堤防)は無反応。

しかし、テトラを「ピーナッツ?DR」でランガンしていると

時々ショートバイトがあるのですが乗らず、

1度だけ、ひったくる様な強烈なバイトが有ったものの

思わず、大合わせしてしまい、すっぽ抜け・・・(´д`ι)

唯一取れそうなバイトだっただけに残念。

因みにバイトの全てがアウトサイドのテトラにルアーが触れた

瞬間にバイトしてきました。

テトラのアウトサイドにサスペンドしていたバスが

イレギュラーアクションを起こしたルアーにリアクションで

バイトしていたのかも?

しかしながら、結局この日もノーフィッシュのまま

午前中で終了することに。



2013.07.07

魔の6月が過ぎ、そろそろ例年なら釣れ始める時期か?

そこで、少し早いかも?と思いつつも利根川最下流のテトラ帯に

朝一から行くことに。

しかし、その前に前回とは違う佐原の水中堤防へ行きました。

この場所、震災の復旧工事で相当さわがわりしています。

下流側には新しくテトラも入っていますが「う〜ん」イマイチ。

結局この場所はノーバイト。

その後、予定通り最下流のテトラ帯へ行くものの

風が正面から吹きつけ、釣り難い・・・。

しかも、その波風を避ける為かアメナマがテトラの中に

潜り込んでいました。

その数、尋常じゃないです。

テトラの隙間を悠然と泳ぎ回っていたり、ルアーを落とすと

慌てて飛び出してきたり、ほぼ全てのテトラといって言いぐらい

居ついてます。

これじゃ、バスが入り込む隙間はありそうに有りません。

その為か、今日もノーバイトで10:00に終了です。


こんな感じで密かに連続ボーズ更新中だったりします。

さて、私に釣れるバスが現れるのは何時のことやら、

しかしながら、過去のブログを確認すると、そろそろ釣れ始める

はずなので頑張りたいと思います。

因みに3連続ボーズと言うマイナスが続くと

変わりにプラスな事もあるわけで、久しぶりにルアーを拾いました。ヾ(o´∀`o)ノワァーィ♪



メガバスのDEEP-X200Tです。









訪問者数
現在の訪問者数
現在の閲覧者数:
プロフィール

ぽとぽん

Author:ぽとぽん
「ぽとぽん」のブログに
お越し頂き、
ありがとうございます。

利根川本流を中心に
岸から狙うバス釣りに
ついて書いてます。

一匹必釣を目標に
上流は栄橋から
下流は小見川大橋まで
走り回ってます。

決して釣りが上手い
わけではありません。
連続ボーズも当たり前ですが
利根川でバス釣りする方に
少しでもヒントになればと
思っています。

宜しくお願い致します。

メモ
上流域
(栄橋-長豊橋)
中流域
(長豊橋-水郷大橋)
下流域
(水郷大橋-小見川大橋)

カテゴリ
リンク
最新コメント
RSSリンクの表示
月別アーカイブ