FC2ブログ

今年初の利根バスです。

2013.03.30

今週は少し冷え込んだ日が続きましたが、朝に一仕事終えたので

今日は、本気で利根川に挑戦しにいきました。(何時も本気ですけど)


場所は、中流域の?水中堤防とシャローエリアです。

まずは水温チェック。


見事に下がってます。11℃

しかし、魚は既にスポーニングモードのはず。

シャローに上がる為のコンタクトポイントであろう

水中堤防周りをキッカーバグのヘビダンで丁寧に探るもノーバイト。

数ヶ所、水中堤防を回っても無反応な為、次の場所へ。


今度もスポーニングを意識して中流域の?シャローにある半沈テトラ帯へ

テトラの隙間をキッカーバグのヘビダンでフォール&ステイ後に

ポンポンと少しホップさせながら探ってると、軽く押さえ込むバイトが

糸ふけを取り、フルパワーでフッキング&テトラから引き離すと

ぷりぷりのバスをキャッチです。


38cmとサイズが小さいですが、今年初の利根バスです。


ワームもしっかりと丸呑みしてます。


お腹も、見ての通りポンポンでした。

予想していた通り、スポーニングエリアに上がってきたようです。

この一匹が釣れたことで、魚の付き場が見えて楽勝と思いきや、

その後は全く無反応。


このまま粘るのも芸がないので、その他のスポーニングエリアと

成りえそうな場所を3ヶ所ほど回るも

バイトらしきものが2回ほどあっただけでノーフィッシュ・・・。

時間も無いので最後に、やはり利根川支流へ行く事にしました。

車で移動しながら次のルアーを何にするか考えていると

ネオアングラーが春は「スピナーベイト」でしょ!とシツコク言っていたのを

思い出し、デルタフォースに決定することに。

因みに利根川支流も水温11℃

スピナーベイトは底を引かず、中層を引いてくるよう心がけました。

底を引くと直ぐにゴミが絡むのと、スピナベを追ってくるような魚は

中層を動き回っているだろうとの判断です。

そして、数等目でイキナリ結果が出ました。

対岸のブッシュから引き出し、丁度川の真ん中あたりでバイトしてきました。


これまた小さい37cmのバスです。

オスなのか?あまりお腹は大きくありません。

その後も何度かバイトは有るものの、なかなか乗らない。

時間もなくなってきたので、戻りながらキャストしているとやっと

待望のフッキングに持ち込む事に成功!

しかし、やけに軽いバレたかな?と思ったけど、しっかりと魚は付いていました。


更に小さい30cmのバスです。

今日釣れた魚は全て引きが弱かったので、これじゃ殆ど引かないはずです。

辺りも暗くなってきたので本日は、これで終了です。


今日釣れたバスは皆しっぽを曲げ、引きが弱く

冬に逆戻りしている感じがしました。

そして、本日も利根川の恵みを頂く事ができました。


プチピーナッツDRとIK-400Rです。

このディープダイバー使い道ないな。


ロッド:ウエダ Pro4 PB-60B(改) (パーフェクション)
リール:シマノ カルカッタ コンクエスト100 
ライン:フロロ14lbs
ルアー:エバーグリーン キッカーバグ3.5”(リバーシュリンプ) ヘビダン
     エバーグリーン デルタフォース(シングルウイローのチャート)
スポンサーサイト



ジャパン・フィッシング・フェスティバル 2013


2013.03.24

フィッシングショーにネオアングラーと共に行って来ました。

フィッシングショーてなぜかワクワクしてしまいます。


デジカメを忘れ、携帯で撮影です。

しかも途中で携帯カメラが故障写らなくなってしまいました。


今年は、ネオアングラーと一緒だったのでトークショーをメインに楽しむことに、

まずは、エバーグリーンの菊元俊文のトークショーからスタートして、



村田基、今江克隆、関和学とミーハーぷり全開で聞きまわりました。

途中ノリーズのエアーフィッシング(プロの名前が解らない)なんてのも見ましたが(笑)

しかも、菊元プロのトークショーでは、ジャンケンビンゴでルアーセットをゲット。


ビックバイトフロッグ、ロイヤルフラッシュJr、キッカーバグ3.5”&4.5”、ボウワーム6”と

沢山入っていてビックリです。

しかも普段使わないルアーばかりで新しいチャレンジができそうです。

菊元プロありがとうございます。

昨年からエバーグリーンには何故か縁があるようです。

その他にイマカツカレンダーやステッカー、旅行代理店の釣りDVDを貰いました。

因みにネオアングラーもイマカツのジャンケンビンゴでシッカリと

ルアーをゲットしてました。


そして、昨年と同じく成田紀明プロを見つけ、今年は利根川バスについて

いろいろ質問してきました。

昨年もそうだったのですが、成田プロはしかっりと話を聞いて

親切に時間をかけ回答してくれるので、今回も遠慮なく

スポーニング後のバスの探し方や、大きいバス&小さいバスの釣り方

風が吹いたときの対応、更には超ローカルなポイントの話なんかも

する事ができ楽しく過ごせました。

これが、今回のフィッシングショーで一番楽しかったかもしれません。

成田プロ、親切に対応して頂きありがとうございます。



その後は、気になるメーカーに行き、スタッフにいろいろ質問をしたり

聞き入れてくれるか解りませんが、要望を言ったり兎に角

普段できない楽しい時間を過ごす事ができました。

しかし、横浜のフィッシングショーて出展メーカーが少ないですよね。

ABU、ダイコー、メジャークラフト、イマカツ、ゲーリー、デュエル、OSP等々

出展してないんですよね・・・。

出展料が高いのか?、大阪、名古屋ときて横浜では出展がキツイのか?

もう少し何とかしてもらいたいものです。



イマカツとの超ミーハー写真をネオアングラーの携帯で採ってもらいました(笑)

昔に比べイマカツの雰囲気が激変しましたよね。

昔ファンだったネオアングアラーでさえ、初めイマカツだと

気づかなかったようです。(笑)

意気消沈

2013.03.17

近頃、暖かい日が続き、いてもたってもいられなくなり

若干風が強いものの午後からバス釣りに行って来ました。


まずは、今年の冬&昨年の春に好調だった利根川支流から

若干の水位減&ササ濁り(冬のような透明感がなく、春らしい水の色になってきました)


水温は15℃ スポーニングに入っていても良い水温で

今回は期待が持てそうです。

しかし思うようには行かないものですね。

シャッド&ミノーのただ巻き、ストップ&ゴーでは無反応。

スピナベ&バイブレーションのリアクション系でも無反応。

終いにはワームを投げるも、やはり無反応。

冬に高活性だったバスは何処に?

しばらく粘っても完全ノーバイトの為

この場所は諦め、根木名川へ行く事に。


しばらく走り、根木名川に付くと、ボートが3艘浮いていました。

流石、有名ポイントなだけあります。

水温を測定すると、ここも15℃。

この場所では、前回「沖田プロ」から頂いた、キッカーバグを

ヘビダンで投げ、ズル引きor軽くトゥイッチ&ストップで

広範囲を探るもノーバイト。

やはり、なかなか釣れてくれないですね。

水温はいい感じなのに、釣れず意気消沈で

気分は諦めモードに突入です。

それならばと、利根川本流に行く事に。


利根川本流の中上流のリップラップ&水中堤防エリアに

昨年は震災の影響で入れなかったのですが

今年は大丈夫。

水温は15℃、本流も支流も水温に差はなし。なぜ?

半分諦めていたのでいいのですが、向かい風でキャストが厳しい・・・

そのおかげで、お気に入りのCCプレデターを痛恨のロスト・・・。

その後は、根掛りしにくい直リグで水中堤防とブッシュを丁寧に

打っていきましたがノーバイトで終了です。


暖かくなるにつれ、厳しくなってきているような?

また、釣れない釣りブログが続くのか・・・


それと、利根川での釣りの最中に

ずっと視線を感じていたので、ふと足元をみると


ルアーを拾っちゃいました。

しかも、同じ場所に2個も。


TDバイブレーションSPと謎のシャロークランクです。

今年は、何個拾えるかな?









完全沈黙です。

2013.03.02

またまた、バス釣り行って来ました。

結果から言うと、完全沈黙です。

それでも、読んでいただける奇特方はどうぞ。


前日の昼間は春一番が吹荒れ、夕方には春の雨が降り

これならば水温が急上昇し春バスも動き始め、確実に

釣れるだろうと踏んで、何時もの利根川支流へ

しかし、予想以上に爆風の北風が吹荒れ

釣りをするには、バットコンディション。

運良く、利根川支流は部分的に風裏となり

何とか釣りが可能なレベル。

しかし、前回は30cmぐらいの透明度があったのに

今回は濁りが入り透明度は無いに等しい。

しかも水温を計ると、思ったほど上昇していない。


水温11℃、1週間前に比べ2℃上昇 14:00

兎に角、爆風の為微細なバイトを拾っていくライトリグでは厳しいので、

サスペンドシャッド&ミノーやバイブレーションを使って投げまくりますが

前回のようなバイトは一切無し。

これでは埒が開かないので、常吉を投入するも

予想通り風のためラインが風で煽られているのか、バイトなのか

全く判断できず17:00で終了です。

春が近づくに従い、バイトが遠のいているような・・・




訪問者数
現在の訪問者数
現在の閲覧者数:
プロフィール

ぽとぽん

Author:ぽとぽん
「ぽとぽん」のブログに
お越し頂き、
ありがとうございます。

利根川本流を中心に
岸から狙うバス釣りに
ついて書いてます。

一匹必釣を目標に
上流は栄橋から
下流は小見川大橋まで
走り回ってます。

決して釣りが上手い
わけではありません。
連続ボーズも当たり前ですが
利根川でバス釣りする方に
少しでもヒントになればと
思っています。

宜しくお願い致します。

メモ
上流域
(栄橋-長豊橋)
中流域
(長豊橋-水郷大橋)
下流域
(水郷大橋-小見川大橋)

カテゴリ
リンク
最新コメント
RSSリンクの表示
月別アーカイブ