FC2ブログ

スナッグレス・ネコリグ

2013.01.14

昨日の結果が残念だったので、今日も行こうかと思っていましたが

この雪じゃ行けません


近くの公園で撮影してきましたが10cm以上積もってますね。

まだまだ、積もりそうです。

千葉県でこんなに積もるとは、珍しいのではないでしょうか?


さて本題のスナッグレス・ネコリグ

このリグ、2012年4月号のバサー誌で初めて見たのですが

その時のインパクトは凄かったですね。

昔、主流だったストレートフックのリグり方を、フックを小さくして

ズレ防止の突起を付け、ワームの中央にセットしているだけ。

今までも、このようなフックを見かける事はあったのですが

このズレ防止の突起が、今までのようなエッヂが無く

キャスティングでワームを切り裂く心配が無い。

この単純な発想、私はできなかったですね。

これが「川村光太郎」の凄いところなんでしょうね。

脱帽です。


このフック、雑誌の記事を見てから販売されるのを待ちました。

1ヶ月が過ぎ、2ヶ月が過ぎ、しかし、販売されない。なぜ?

何か大きな問題でもあるのか?

しかし季節は待ってくれません。いい加減、2012年のハイシーズンに

突入しそうだったので、待ちきれず作ってしまいました。


簡単ですがスナッグレスネコリグ用フックの自作方法を紹介します。


まず、使用する道具です。

左から

フックはフッキング重視でストレートポイントの

「がまかつ」の「管付丸セイゴ」14号です。

フィニッシャー(糸止めです。詳しくはフライフィッシングで検索下さい)

ストッパー用のナイロン(ダイソーのヘアーブラシのブラシ部分です)

スレッド&ボビン

バイス(台座しか写っていませんが)

瞬間接着剤(写真に写っていません)

たまたま、私はフライフィッシングをやっていたので、道具一式を持っているのですが

ここまで揃えなくても、ダイソーに行って代用品で揃えても良いと思います。

例えば、バイスの代わりに万力、スレッドの変わりに裁縫糸、瞬間接着剤もダイソーで

フィニッシャーは慣れれば道具なしで出来ますし、瞬間接着剤で最後に固めるので

ハーフヒッチを覚えればOKです。

それと、フックはショートシャンクのワイドゲイブが良さげなので要検討ですね。

某ブログで良さそうなフックを紹介していたので、今度買ってみようかなと思います。

但し、入り数が100本単位のようなので、使いきれるかな?


まずは、下巻きをします。

こんな感じでアイより離れた位置からスタートします。

もっと、離れていても良いです。


いきなり、ストッパーが乗った写真になります(笑)

ヘアーブラシのナイロンを2つ折りにしてシャンクの背側の

下巻きをした上に置き、3-5周スレッドでキツく止めます。

止めた後に、余ったナイロンを斜めにカット。

斜めにカットするのは、スレッドの載りを良くする為と

ワームへの刺し易さ、見た目の為です。

写真は、ここまで進んだ状態です。


またまた、写真が飛んでフィニッシュしてます(笑)

上記でカットしたナイロン部をスレッドで隠して滑らかにします。

それが完了したらフィニッシュです。

フィニッシュ後にスレッドに瞬間接着剤を染込ませ完成です。


因みに、スケールと写真を撮っていますが、この位置関係が

結構重要になってきます。

私の場合は、アイからストッパーの根元までを5mm、

使用するワームの径を考えて5mmにしていますが

もっと広く取っても良いかもしれません。

ストッパーは長さを2mmにしています。

自分に合うように、いろいろ試してみると良いと思います。


ワームにセットした状態です。

フックを斜めにセットし、ストッパーはワームに貫通させてから

広げるのがコツです。

それとバーブ付の方が外れ難いです。

それでも私はバーブレスにしてますが、本末転倒?


と言う事で、2012年の話でした。

勿論、2013年も使っていきますよ、ショート・スプリットショット・ワッキーリグで。
スポンサーサイト



 ○| ̄|_ ×2 

2013.01.13

前回かなり良い手ごたえを感じたので、今日こそは

なんとしても初バスを釣り上げたいと思い

水温が上がりきる午後15:00からネオアングラーと共に

行って来ました。


まずは、新規ポイント開拓兼ねて根木名川へ

ポイントに付いてみると、若干の流れもあり、なかなか良さそうな

雰囲気を漂わせています。


今日は朝から晴天無風の影響の為か水温9℃と少し高め 

この場所、水深2mは有りそうな感じですが、岸際はやけに根掛りします。

4”カットテールのネコリグでトゥイッチ&ステイで探っていると、

ぐぅ〜と言うバイトが、すかさずスイープフッキングすると、

なかなか良い引きを見せます、グットサイズかな?と思いながら足元まで寄せると

白くて細い魚体が見え、バスでは無いなと思った瞬間、

魚が暴れ川に帰っていきました。

ボラ?マルタ?ニゴイ?魚種までは判りませんでしたが

引きは楽しめました。

その後は、バイトも無く本命場所へ移動することに


本命場所は勿論、利根川支流です。

水温8℃ 前回に比べ2℃高いです。

到着して1投目、ネコリグに早速コツンとバイトがあり

スイープフッキングすると、そのまま合わせ切れ・・・

どうも、魚と上手く噛み合わないです。

その後も、時々コンッと言うショートバイトが来るものの

フッキングする事が出来ませんでした。

そんな中、突然ネオアングラーがキタッー!でかい!と叫びだしました。

ネオアングラーを見ると確かにロッドが満月に絞り込まれており、

相当な引きのようで、慌ててドラグ調整をして対応してました。

結構良いサイズのようで、なかなか浮いてきません。

もしかしたら50UPかも?と期待しながら見ていると、

なんと45くらいのアメナマが浮いてきて、2人共ガックリ ○| ̄|_×2

一応キャッチしようと、ラインを手繰り寄せている途中にフックオフ。

この時期にアメナマとは2人共ビックリです。

ここ数日の好天で動き出したのでしょうか?

もしかすると私の合わせ切れもアメナマだったのかもしれません。

本日は、これにて終了です。

あと少しで手が届きそうな初バスですが、やはり冬バスは簡単にはいかないですね。

 
魚の写真が無いのでネオアングラーのタックルを

私のタックルと同じで年季が入ってます。

スピニングリール以外、10-20年前のタックルですね。







  ○| ̄|_

2013.01.06

今日の空は薄曇りですが風も無く穏やかな日和だったので

正月休みを締めくくる為、前回のリベンジに行ってきました。


場所は前回と同じ、利根川支流

12:00に到着 水温6℃


周辺の水田には、昼間だと言うのに

まだ、氷が張ったまま・・・見ているだけで寒くなってきます。

ただし、前回と同じく水温は6℃で安定しているようなので

少しは期待が持てそうです。

ルアーはSPシャッドとストレートワームのスプリットショットの2本立てです。

シャッドは細かくジャーク&ストップさせながら、リアクション&ステイで

喰わせるつもりで投げましたが無反応。

スプリットショットは軽くジャークしてのリアクションと

ロングステイでワームをサスペンドさせ、探っていきますが

これまた無反応。

13:30になり、飽きてきたので次の場所へ移動。


久しぶりに、通称T字路に到着。

水温7.5℃

足場が踏み固められていて、結構頻繁に人が入っている感じです。

今まで釣り人が、殆ど来ないような場所だったのですが

某DVDの発売以来、昨シーズンは、この周辺で釣り人を

頻繁に見かけるようになりました。

メディアの影響て凄いですね。

そもそも、このT字路は水深が浅いため、冬に来るつもりは

無かったのですが、タイミングよく「ネオアングラー」からTELが入り

様子を見てきて欲しそうな感じだったので、着てみたものの

勿論ノーバイトで颯爽と場所移動することに。


次の場所は、メジャー場所の利根川、佐原テトラへ

水温7℃

流石メジャー場所です。

ざっと見渡した感じで、先行者が利根川側に4名、水路側に4名も居ます。

そんなに釣れるのかな?

私は利根川側のブレイク絡みのテトラを自作メタルバイブの

リフト&ホールで細かく刻んで行く事に、

具体的に言うと、1歩毎に2キャストして移動の繰り返しです。

1度だけ、バイト?らしきものが有っただけで終了です。

他の人は、ワッキーのシェイク、シャッドのジャーク、メタルバイブのリフト&フォールで

攻めていましたがノーバイトのようでした。


こんな感じで、日が暮れて来ましたので

最後にもう一度、夕マズメ狙いで利根川支流へ行く事に


16:00 水温7℃(昼間より、少し上がってます。)

今度は、時間もないのでダウンショットにサターンワーム2.5”

1本勝負にかけることにしました。

アクションは着底後、軽く2回トゥイッチ後にロングステイさせ

喰い付くタイミングを与えの繰り返しです。

すると、ロングステイ中に明確なプルッと言うバイトが

大きくスイープフッキングさせると、フッキング中にドラグが

出て行きます・・・?

やってしまいました、あまりにもスピニングを使っていなかったので

保管するためにドラグを緩めたままに。

前回からドラグゆるゆる状態・・・

大慌てでスプールを抑え、後ろに下がりながら

再度フッキングさせると30cmぐらいのバスが水面でバシャバシャと跳ね

川に帰って行きました。やっとの冬バスだったのに orz

気持ちを改めドラグ調整をして再度トライすると

またまた、ステイ中にツンと言う小さなバイトが有ったので

少し待ってから大きくスイープフッキング、今度は綺麗に決まりました。

今度のは先ほどより大きそうで、調整したドラグが出て行きます。

丁寧に寄せて浮かすと、30後半サイズのようです。

バスを浮かせた所で突然暴れだし痛恨のラインブレイク、どうやら口奥にフッキングして

いたようです。

冬バスを2回もバラスとは・・・ ○| ̄|_  

その後も日が暮れるまで、アタックしましたがノーバイトで終了です。


しかし、2回もバスの顔を見ることができ、

得るものがありました。

次回に期待です。

今年の目標

2013.01.04

明けまして、おめでとうございます。

2013年もスタートして、早速釣り初めに行ってきました。


場所は、利根川支流です。

この場所はハードボトムで川筋が曲がっていて

尚且つ、プロテクトエリアになっている絶好の場所

ただし、水深が浅いのがネックですが、そんな場所です。

家を出るときは、あまり気にならなかったのですが

ポイントに到着してみると、風の影響を受けにくい

支流でも暴風で凄い事に、しかし空だけは晴天です。


ポイントの真上を飛行機が、良い天気です。

10:00 水温6℃

ハードルアーで釣れると良いなと思いながら

冬定番のシャッドでスローに探り、自作メタルバイブのリフト&フォールで

リアクションを狙うも沈黙したまま・・・

ストレートワームのダウンショットで軽くジャークさせながら

引いてくると、バイト?らしきものが2回程あったけどフッキングせず

マス針のチョン掛けなので、バスならばフッキングしているし

バスじゃなかったかも?

流石に同じ場所で粘るのも飽きてきたので、次の場所へ




ここなら風裏になるし良いかなと根木名川の「菊元牧場」周辺を

しかし、無反応で14:00前に終了。

流石に冬は簡単に釣らせてもらえません。


この水門の向こう側は、激荒れの利根川です。
根木名川にいたボートは無事帰れたのかな?

次回は風の無い日に行きたいですね。



さて、話は変わり今年の目標は、ベイトだけでなく

スピニングも使って50UP釣ることかな。






訪問者数
現在の訪問者数
現在の閲覧者数:
プロフィール

ぽとぽん

Author:ぽとぽん
「ぽとぽん」のブログに
お越し頂き、
ありがとうございます。

利根川本流を中心に
岸から狙うバス釣りに
ついて書いてます。

一匹必釣を目標に
上流は栄橋から
下流は小見川大橋まで
走り回ってます。

決して釣りが上手い
わけではありません。
連続ボーズも当たり前ですが
利根川でバス釣りする方に
少しでもヒントになればと
思っています。

宜しくお願い致します。

メモ
上流域
(栄橋-長豊橋)
中流域
(長豊橋-水郷大橋)
下流域
(水郷大橋-小見川大橋)

カテゴリ
リンク
最新コメント
RSSリンクの表示
月別アーカイブ