FC2ブログ

脱・坊主スパイラル

2011.06.19

梅雨の合間を縫って、毎度の事ながら日の出と

共に利根川にバス釣りです。

今回は残念ながら1日曇りの為

日の出を見ることはできませんでしたが。


使用タックルは、前回に引き続きスピニング+PEラインの

セッティングで挑戦。

ただし、前回を反省してフロロ10lbsをリーダーとして

使用することに。


初めに入ったポイントは、前回反応のあった

テトラがらみの水門エリアです。

水質は濁っているが、凪ぎだったのでグラビングバズで

広範囲を探っていると、テトラの横を通った瞬間、ガボッと音がして

水しぶきが上がりました。

本当に水しぶきが上がっただけで、ミスバイト・・・

その後は、ノーシンカーグラブのまま底を感じるぐらいのスピードで

ズル引きすると、明確な当りがあるもののスッポ抜け。

しかし、懲りずに投げ続けると、やっと20cmをキャッチです。


1年ぶりのスモールマウスバスです。

今年も昨年と同じ時期に利根川でスモールが釣れました。

何か理由がありそうな感じがします。


次のポイントへ移動。

この水門はベイトが沢山、居るものの

相変わらずドブ臭くスグに移動。


今度は、更に下流のリップラップ+テトラエリアへ

グラビングバズで流すもノー反応。

ネコリグでテトラの面をリアクションで探ると、当りはそこそこあるものの

スッポ抜けばかり、やっとフッキングしたと思ったら

15cmぐらいのが飛んできて、そのままオートリリース。

その後も当りはあるが、フッキングできずに9:00になりタイムアップ。

まだ、子バスしか動いていない感じですね。

アフター回復組みは、何処に居るのやら?


因みにPEにリーダー付けたら、格段に使いやすくなりました。

リーダー接続も昼間なら時間も掛からずできるので
(それでも面倒ですが)

このまま、暫らく使いたいと思います。


ロッド:ウエダ Pro4 SSS-610B(スプリット・ショット・スペシャル)
リール:シマノ バイオマスター2500MgS
ライン;PE16Lbs(1.2号)
リーダー:フロロ10Lbs(1.5m)
ルアー:4”ゲーリーグラブ(ブラウングレープ) ノーシンカー


スポンサーサイト



やってしまった・・・

2011.06.04

梅雨の合間の好天、釣りに行かないわけはない。

またまた、懲りずに利根川へバス狙いです。

いつもどおり、午前の早い時間には

帰宅しないといけない為、日の出と共に

釣行です。


日の出時刻(4:25)

今回は、心外ですが坊主逃れのスピニングタックルを

使用して確実な1匹をと思ったのですが、坊主でした・・・


今回の坊主の原因は明確に判明しているのでOKとしておきます。

原因は、ラインがPEだったからです。

このPEライン食わせ物で魚の当りは、とても明確に解るのですが

代償として魚がワームを離すのが早いです。

これによると思われる、すっぽ抜けが2回ありました。

(魚が小さかったのかも知れませんが)

そして、一番困ったのがラインに傷が入っていたと思うのですが

急激なテンションを掛けるとラインブレイクするのです。

PEラインは傷に弱いと聞いていましたが、ここまで弱いとは

思いませんでした。

これが4回ありました。

フロロラインの時は、殆ど無かったのでPEの影響だと思われます。

更に、ダメだしで非常に根掛りし易いです。

久しぶりに大量のリグを無くしました・・・

フロロで軽く根掛りした程度の感触で、PEだとガッチリ根掛りしてます。

PEに伸びが無いのが原因で、力の逃げ場がなく深く根掛りしてしまうようです。

私がPEに慣れていない事もあるでしょうが、非常に使い難かったです。


因みに利根川は少しずつ回復して来ているようです。

バス以外の魚の動きも活発になってきており、小さなベイトも沢山泳いでいます。

メダカぐらいのサイズですが、それを狙って子バスがライズしていました。


見やすいように加工していますが、至る所で泳いでいました。


2011.06.07

PEについて思い出したので追記です。

PE以外と感度が悪いです。(上で言っている事と矛盾している?)

正確には、感度が良い時と悪い時があります。

魚が引っ張っている時のようにラインにテンションが掛かっている時は

非常に感度が良いのですが、ラインが弛んでいる時は非常に感度が悪いです。

私の場合、ラインを弛ませて使用する事が殆どなので・・・正直困ります

私の予想では、ラインが柔らか過ぎるのと軽すぎる事により振動が吸収されて

いるのでは?と思いますがどうでしょうか?


訪問者数
現在の訪問者数
現在の閲覧者数:
プロフィール

ぽとぽん

Author:ぽとぽん
「ぽとぽん」のブログに
お越し頂き、
ありがとうございます。

利根川本流を中心に
岸から狙うバス釣りに
ついて書いてます。

一匹必釣を目標に
上流は栄橋から
下流は小見川大橋まで
走り回ってます。

決して釣りが上手い
わけではありません。
連続ボーズも当たり前ですが
利根川でバス釣りする方に
少しでもヒントになればと
思っています。

宜しくお願い致します。

メモ
上流域
(栄橋-長豊橋)
中流域
(長豊橋-水郷大橋)
下流域
(水郷大橋-小見川大橋)

カテゴリ
リンク
最新コメント
RSSリンクの表示
月別アーカイブ