FC2ブログ

やっと

2010.11.14

自称ネオアングラーこと友人Mと寒さが増してきた

利根川にバス釣りです。

今回は試したい事があってテトラ群へ6時に到着

しかし、この時期にも関わらず先客が既に2名

反対方向にも4名程が・・・皆さん気合が入ってます。


試したい事とは、テトラの沖側の壁に魚が着いているか

確認をしてみたいのです。

取りあえず、シャロークランクを沖に投げ

浮いているかも知れないバスをチェックする為

片道投げ倒してみることに、すると乗りはしないものの

ショートバイトが2回も

これは、意外と釣れるかもと思い、帰りはスプリットワッキーに

チャンジして底と壁を丹念に狙うことに

すると予想が的中しバイトしかしフッキングミス・・・ワームだけなくなり

暫くして、バイト今度は根に潜られバラシ・・・

そんな事を4回程、繰り返しやっとキャッチしました。


20cmぐらいの子バスでした

このサイズじゃ、フッキングもなかなか決まらないわけです。


当りも遠のいたので、今度は横利根川に行くことに

しかし、釣堀の如くヘラ氏が沢山いて釣りをするスペースが無い為

またまた、利根川の同じようなテトラ群に場所移動

ここで、ネオアングラーがテキサスでやっとキャッチ。


サイズは同じく20cmぐらい

その後は、当りも無くなり時間切れで撤収です。


今回の狙い方は、正解だったようです。

当りの回数も多く(子バス?)

同じようなルアーと狙い方で隣の方が40upを釣り上げていました。

しかし、こちらは20cmなのに、いったい、何が違うんだろうか?

兎に角、冬に向けての良い結果がでました。


タックル
ロッド:ウエダ Pro4 SGB-62B (スーパーグラビング) 
リール:シマノ カルカッタ コンクエスト100 14lbs
ルアー:スワンプ・クローラー(ショートスプリット・ワッキー)


スポンサーサイト



ダメだ・・・

2010.11.07

3時間程、時間が取れたので昔、良く通った

利根川の支流の最上流ポイントに行くことに。

移動時間が1時間+αなので実釣2時間無い、短時間勝負。


ヘラ釣りをする人も居ない為か、藪が凄い事に

しかし、そんな事も気にせず藪コギをして釣り開始です。

取りあえず、行き止まりまでの往路は

魚を探す為、スピナーベイトとシャロークランクで

ランガンをするがノーバイト・・・これだけで既に1時間オーバー

帰路は、初挑戦の「ネコリグ」を使うことに

使い方が良く解らないので、シェイク+ショートストロークのズル引き

を試すが、全く反応なし・・・

そして、終了。

またまた、ボーズです。

ボラの子供が沢山いて巻物で釣れると思ったんですがね


川の状況は、昔に比べ、水が汚い感じがして

水位も岸ギリまでありました。

そして、どこから下ろしたのか?ジョンボートが2艘も・・・

ボートで釣ってる人を見たのは、初めてです。

釣れたのかな?





遂にボーズ

2010.10.17

友人Mと午後から久しぶりにバス釣りに

利根川、佐原のメジャーテトラ群へ行く事に

その前に佐原のK’sに寄って友人Mがお買い物

ついでに利根川の状況も確認。

思いっきり秋パターンで魚が、うろうろしている為

ランガンが良いらしいとのこと。

まっ、いつもランガンなんで関係無いんですけどね。


利根川に着いてみると若干、水が増えている感じ

テトラの上をシャロークランクでチック、何も起きないので

今度は、テトラの隙間を縫ってクランクを通すが変化なし

そこで、テキサスの穴打ちに変更するも異常なし。

2人で打っても、何の反応も無いのでテトラから

下流の水中堤防へ移動することに。


水中堤防に到着後、少し不安ながらも水中堤防なら

大丈夫だろうとスピニングのショートスプリットワッキーで

杭周りを狙うと、ぐーっと押さえ込むような当りが

少し、食い込ませてからスイープで確実にフッキング

すると、一気に杭に絡まれ痛恨のラインブレイク

その後は、一切当りもなく終了。

勿論、2人でボーズ。


ラインブレイクしたのは、結構よさげなサイズだったので

非常に悔やまれます。

魚的には、バーブレスにしているので大丈夫と信じたいけど。

ヤッパリ利根川は、ベイトが安心。

これにて連続釣果も終了。




タックル
ロッド:ウエダ Pro4 SSS-610B (スプリット・ショット・スペシャル)
リール:シマノ バイオマスター2500MgS  4Lbs
ルアー:スプリットショット+スワンプクローラー (ワッキーリグ)








江川

2010.10.02

今回は1時間半程、印旛水系の江川へバス&ギル狙いです。

江川と言えば、印旛水系でも超人気ポイントで

ここだけ、未だにバスブームが続いているような場所です。

ポイントとしては、橋から河口(護岸の終わり)までの

約100m程度で川幅も10m程度、しかも水深が激浅なのに

来る人の量が半端じゃないです。

土手の上に車がビッシリです。


こんな感じで釣りをしています。(河口側も同じ感じです)


今回バス&ギル狙いと言うのは、超ハイプレッシャーの江川で

テンカラを試したかったのでバス&ギルにしました。

因みにテンカラなんて、やった事がありません

竿は昔フローターをしていて拾ったノベ竿を使い、あとはフライの経験を

生かし、適当にリーダーシステムを作って見ることに

ターンしやすいように20Lbsをダブルラインにして竿の半分ほど作り

後は、20Lbs、14Lbs、10Lbs、4Lbsとサイズを落としていき

リーダーシステムの完成です。

これに6Xのティペットを接続してラインシステムの完成。


では、実釣です。

不安だったリーダーは、シッカリとターンしてくれてます。

ただ、竿が重い・・・

スズミの幻竜中硬16と書いてあります。

16?16尺?4.8m?重いはずです。

しかも風に煽られます・・・

拾った竿なので文句も言えませんが、ついでに用途も違うし。


まずは、アダムスパラシュートの#16から

幾ら流してもギルの反応が殆どなし

以外にもバスが様子を伺いに来る方が多いぐらい

軽くフライを沈めて引いて来ると


可愛い15cmクラスのバスが釣れました。

沈めた方が反応が良いみたいなのでMSC#14にチェンジ

沈めた途端、反応が良くなり必ず魚が追ってきます。

時々、こんなのも釣れましたが


ブルーギル10cm

今日は、このパターンで適当にそこそこ釣って終了です。

サイズを除けば十分満足な結果になりました。
(サイズは、全て15-20cm)


この江川、超人気ポイントなだけあって魚影も非常に濃いです。

偏光で水面を見ていると、15-20cmの20-30匹程のスクールが

何組も回泳していました。それプラス居つきバスも居たので

サイズを無視すれば凄い魚影です。

回遊バスは、群れの数匹がフライに反応して追ってくるパターンが

多かった感じがしました。

それに対して、居つきバスは、全てのバスが追って来ますし

ライズしているのも居つきバスが多かったです。

タイトに居ついているバスと川の真ん中でステイしているバスでは

反応が多少違いましたが、ほぼ同じ反応でした。

それと、ここのバス&ギルは、フライを良く見てます。

何度も目の前でUターンされ、食いついても放すのが異常に早いです。


タックル
ロッド : スズミ 幻竜 中硬 16
リーダー : 適当に作製
ティペット : 6X
フライ : アダムスパラシュート#16  MSC#14

空回り

2010.09.05

今週末も何とか釣りに行けました。

ただ、家に9:00までに帰るのが条件で

そうなると朝3:00起きで出発です。

場所は、前回と同じ利根川の香取にあるテトラ群です。

ポイントに付いたのは、日の出時刻と同じ4:00

しかし既に8人程人が入ってます・・・流石メジャーポイント

人を避けるために少し離れた場所からスタートです。

取りあえず、ポッパーを投げますが反応なし

次にバズベイトを投げると、又してもバズベイトの後にアタック

しかし、反応が続かないのでシャロークランクにチェンジしましたが

これも反応なし、時間は既に6:00過ぎ。


そろそろ作戦変更でエビパターンに

ヤッパリ、テトラはエビでしょう!

と言うことでラバージグを結び、偏光を取り出そうとしたら

偏光を持って来るのを忘れてた・・・

沖のテトラが見えない・・・これは非常にマズイです。

しかたないので水中のテトラが良く見えるように、護岸の一番上まで登り

そこからキャストをしますが、やり難い

しかし、なんとかこれで1本キャッチできました。


微妙なサイズの38cm利根バス

この後もラバージグで粘るも反応なし、ついでにラバージグ2個ロストしてストック

が無くなったので場所移動です。


今度は、少し下流の水中堤防へやって来ました。

ここにもオカッパリが入っており、しかもボートまでいます。

水中堤防ならベイトパターンと思いシャロークランクをチョイス

シャロークランクを水中堤防のリップラップのエッヂに沿わせ

投げていると直ぐに反応が、結構いい引きです。

しかし、ジャンプ1発でばれましたw

間違いなく 45は堅いサイズです。

その後、反応も無く時間もないので

ワッキーに変更してスイミングで探ることにしましたが

反応はあるのにバラシばかりで

4ヒット4バラシの結果に、どうも上手く歯車が噛み

合っていないようで、これで終了です。


ここのところ利根川、好調です。

上手い人なら2桁、確実なのでは?


タックル
ロッド:ウエダ Pro4 SGB-62B (スーパーグラビング) 
リール:シマノ カルカッタ コンクエスト100 14lbs
ルアー:ラバージグ1/4oz

危なかった

2010.08.29

釣り三昧も今日でたぶん終了。

来月からは、何日行ける事やら?

そう言う訳でボーズ知らずの利根川にバス釣りに行きました。

時間は、15:00-17:30

場所は、香取の有名ポイント、しかし行くのは初めて

兎に角、広い場所なので手早く、シャロークランクでチェックです。

永遠と投げます。たまにスピナベを投げ、時にはバイブレーションを投げ

しかし全く、ヤル気がなさそうです。反応がありません。

ベイトがテトラの隙間に沢山いるので、バズベイトを引いてると

バズの後ろにアタックしてきました。モチロンフックが無いので乗りません・・・


仕方が無く、テキサスでテトラ周りを丹念に探ると

待望の当りが、しかし気を緩めていた時だったのでフッキングできず

その後も当たりが有るのが、ナゼか毎回、気を緩めていた時だった為

フッキングできず・・・ 

そんなこんなで、夕暮れどきに

使いたくなかったけど、ワッキーリグにチェンジ!

ベイトでワッキーです しかも14lbsライン・・・

丹念に杭回りを探ると、やっとヒットしました


30cmの子バスですが、嬉しいです。

危うく、ボーズになるところでした。



夕焼けが綺麗だったので


タックル
ロッド:ウエダ Pro4 SGB-62B (スーパーグラビング) 
リール:シマノ カルカッタ コンクエスト100 14lbs
ルアー:スワンプ・クローラー(ショートスプリット・ワッキー)

今夜も釣り

2010.08.20

久しぶりに仕事が早く終了した為

利根川へ釣りです。

今日は、まったりとアメナマ狙いです。


利根川に到着してみると

殆ど風が無く、なぎ状態

これならトップにでるかも?

と思い、1時間ほどバス釣りをすることに

岸際には、大量のベイトが接岸しており

期待が高まります。

まずは、バズベイトでヤル気のある奴を釣ろうと

投げまくりましたが、ヤル気のある奴が居なかったようです。

次にペンシルベイト、これまた反応なし・・・

大好きなシャロークランク、ロスト・・・

諦めてワームに変更、3/16oz+グラブのテキサスリグです。

ヘラ台周りに絡めて落とすと、直ぐに反応が


36cmのバス

そのまま、次のストラクチャーへ投げると


28cmの子バスです。

その後、グラブのスイミングで流して20cmの子バスを追加しました。

夜なのにサイズが伸びませんでした。

釣り方が悪いのかな?


因みにグラブのスイミングで、こんなのが釣れました。

ヨシノボリ科の魚でしょうか?

サイズが26cmとデカイです。


謎の魚?

名前解る人、募集です。

見返りは、ありませんが(笑)


タックル
ロッド:ウエダ Pro4 SGB-62B (スーパーグラビング) 
リール:シマノ カルカッタ コンクエスト100
ルアー:3/16oz+4"ゲーリーグラブのテキサスリグ



2012.05.05

大利根博物館に「謎の魚」らしきものが展示されていました。

どうやら「謎の魚」の正体は、「カワアナゴ」と言う魚らしいです。

生息数は多くは無いそうです。

暑かった〜

2010.08.16

今日もバス釣りに利根川へ行きました。

時間は、炎天下の12:00-15:00

一番暑い時間帯です。

あまりの暑さに熱射病になるかと思うくらいでした。

実際、釣りをしている最中に頭痛がして

慌てて、日陰に非難しスポーツドリンクをがぶ飲みした。

本当に危なかったかも?

でも、今は無事、家に居ます。


今日はダメだと思い、新規ポイント開拓を兼ね上流へ

と言っても長門川のあたりですが、自分的には上流です(笑)

ところが、この辺りの水の悪い事、悪い事、よどんでいて

釣れる気がしません。

直ぐに、いつもの下流へ移動です。

下流側は、水が生きてます。

同じ利根川でも、こんなに違うの?てぐらいです。


15年ほど前に良かったポイントに入りビックリ

ポイントが泥で埋まってます。

ヤッパリ、川って変化が激しいんですね。

取りあえずシャロークランクを日陰や水通しの良い場所を

狙って投げますが何も反応がありません。

諦めかけ、適当に投げているとヒットしました。

可愛い子バスです。


バス30cm 当時は、こんなサイズ釣れなかったのに(笑)

その後、あたりも無かったので場所移動です。


今日の本命ポイントへ到着、良い感じです。

このポイントのバスは、シャロークランクを追いきれないと思い

ラバージグへ変更です。

フォール中心で打っていくと、予想通り釣れました。


35cmのバスです。

ただ、この後が続かず今日はこれで終了となりました。


この場所でも一応シャロークランクを投げると

何度かバスが追ってくるのが見えたのですが、

追いきれていない感じでした。

サイズは30cmぐらいでしたけど


タックル
ロッド:ウエダ Pro4 SGB-62B (スーパーグラビング) 
リール:シマノ カルカッタ コンクエスト100
ルアー:シャロークランク、ラバージグ

ダブルヘッダー その2

2010.08.15

昼間の用事も済ませ。

またまた、利根川に到着です。

時間は、17:00

今回はバス狙いです。

暗くなるまでの2時間が勝負です。

何せ、ライトを持ってきていませんから

夕方になると完全に風も止み、良い感じです。


取りあえずは、確実に1本とラバジを投げますが

1度、バイトがあっただけで後が続きません。

辺りが暗くなり始めたのでバズベイトにチェンジして

手当たり次第キャストすると

ブレイクと杭が絡んだ場所でヒットです。

力強い引きでブレイクに逃げ込もうとしましたが

強引に引っ張りだし、プロポーションの良いバスをキャッチ。

(14lbsに変えておいて良かった)


寸法を測定し、カメラの準備をしていると

バタバタ、ドボン!と嫌な音が・・・オートリリースです。

今回のバスはとても綺麗だったのでフィッシュホルダーを

外して撮影しようと思ったのがアダとなってしまいました。

今シーズン初バズだったのに・・・

この後、19:00まで粘りましたがダメでした。w


画像が無いのも寂しいので

曲がったバズベイトでも乗せておきます。


こんなに曲がっていたなんて、家に着くまで気付きませんでした。

因みに釣ったサイズは40cmでした。

タックル
ロッド:ウエダ Pro4 SGB-62B (スーパーグラビング) 
リール:シマノ カルカッタ コンクエスト100
ルアー:バズベイト

数釣り

2010.08.07

綺麗な朝焼けです。

朝4:00から利根川にバス釣りへ

ポイントに到着すると、先行者が3人も・・・

しかし、ポイントは広いので気にしない

取りあえずバスベイトで流すも反応なし

波もないので、今度はペンシルベイトを、しかし反応なし

やっと、ペンシルにアタックしてくるもフッキングせず

その後、スピナベ、クランク、バイブレーションと手持ちの

ハードルアーを投げるも、何事もなし時間は既に6:00近く、終了予定の7:30が

泣く泣く、ワームに手を伸ばし・・・ 前回、良かったフォッグ系をチョイス

第1投目、イキナリ釣れました


30cmの子バスです

その後も、こんなサイズが釣れ


これまた30cmの子バスです

30cmを3匹程釣った所でようやく


少し大きい37cmのバスです

その後も30cmクラスのバスを2匹釣ってタイムアップです。

オカッパリで6匹釣ったのは、琵琶湖以来かな?

そもそも、琵琶湖は別格ですけどね


今回のバスは、少し離れた場所を通るルアーには無反応で

目の前にタイトに通過したルアーだけにアタックしているようでした。

場所は、この時期定番の水通しの良いシェードのできるストラクチャーです。

しかも、オカッパリできる場所は決まっているので

想像できる方も居るのでは?



タックル
ロッド:ウエダ Pro4 SGB-62B (スーパーグラビング) 
リール:シマノ カルカッタ コンクエスト100
ルアー:フォッグ系テキサス3/16oz

スーパーハッチ

2010.07.19

利根川に5:00に到着

到着早々、ビックリ、カゲロウのスーパーハッチです。

渓流で出会いたかったです。

夏場になると大量にハッチする白いカゲロウ

サイズは、#12ぐらいと大きめ


白いのが全てカゲロウです。これと同じ数が空を飛び回ってました。

そのハッチにつられ、魚のライズが凄いこと

ベイトが表層に集まっていたので、それを意識して

バズベイトを投げてみました。 しかし、バズは直ぐにこんな感じ・・・


カゲロウだらけです。

もう一つ驚いたのが、減水です。(1mぐらい減水?)

大雨対策で水門を空けたのかな?


いつもなら、偏光かけてやっと見えるテトラが丸見え、水深30cm・・・これじゃ釣れない
普段は、護岸の白い跡まで水があります。

釣りが出来そうな場所をランガンするが全て干上がってる・・・

最後に望みをかけ、あるポイントへ時間は既に10:00過ぎタイムリミットが・・・

ここのポイントは、反応が良く2匹バラシです。抜き上げる際に空中でサヨナラです。(推定40)

そして、ようやく1匹キャッチできました。


40cmの利根川バスです。

それにしても、益々釣りが下手に・・・今回も消化不良です


タックル
ロッド:ウエダ Pro4 SGB-62B (スーパーグラビング) 
リール:シマノ カルカッタ コンクエスト100
ルアー:フォッグ系テキサス1/4oz

消化不良

2010.07.04

前回、利根川の下見したポイントに釣行です。

ただ、15:00-16:00と時間が限られ、メッチャ暑い時間帯と

釣れるか心配でした。

川の状況は、夜降った雨の影響か30cmぐらい?増量&少し濁りがあり

流れも若干ありです。

無風だったので、何となくバズベイトで流してみましたが反応なし

次は、スピナベで流すが、これも反応なし

残り時間も30分となってしまったので、仕方なくジグヘッドワッキーにして

数投目、待望のヒットです。

サイズは小さいですが・・・・


25ぐらいかな?

なんだか最近、消化不良の釣りばかりです

タックル
ロッド:ウエダ Pro4 SGB-62B (スーパーグラビング) 
リール:シマノ カルカッタ コンクエスト100
ルアー:ワッキー

2010.06.20

強風の中、15:00〜利根川へ

物凄い強風で、いつもなら沢山居る鯉師も居ないほどです。

そんな中でスピナベを投げまくりましたが、障害物の感触がつかめず

いつの間にか根掛してロストしてしまいました。w

風裏へ場所移動してやるも

本日は、ノーフィッシュで終了です。

本当に酷い風でした。

釣れなかった代わりに、気になっていた場所を

数ヶ所チェックできたので満足です。

こんな時でもないと、新ポイント開拓しないもので


それと、帰り道に根木名川上流の新〇あたりで

フローターをしている人を発見しました。

あの辺でもバスは、釣れるけど

フローターを出して どの程度、釣れたか気になります。


初夜釣り

2010.06.12

利根川で今シーズン初の夜釣りです。

場所は、前回スモールを釣った場所と同じ場所

開始は遅めの10時過ぎからとなりました

バズベイト、クランク、バイブレーションで流しましたが当りなし

40分程経過後、友人Mと合流

なんと、息子用の3980円のスピニングセットを持ってきた(笑)

それを使って、ワッキーで流していると

突然、魚の跳ねる音とドラグ音が・・・

釣られました、46cm・・・


3980円のスピニングセットと46cm

私の方は、と言うと

ワッキーで、30cm程のニゴイと20cmのバス、スピナベで30cmのバスと1バラシで終了です。


20cmのバス

バス釣りに、道具は関係ないようです。

タックル
ロッド:ウエダ Pro4 SGB-62B 
リール:シマノ カルカッタ コンクエスト100
ルアー:ワッキー、スピナベ

何か違う・・・

2010.06.06

15:00〜17:30まで利根川にバス釣りに行きました。

前回、霞でボーズだったので気合だけは、入ってます。

今日は、雰囲気が良かったのでシャロークランク1本勝負です。

釣り始めて、しばらくすると待望の1匹目が釣れました。

サイズは20cmのこいつです↓


何か、このバス違いませんか?

よ〜く見ると

なんとスモールマウスバスなんです。

利根川で釣れちゃいました。

あまりにもビックリしたのでメジャー付きで撮影しちゃいました。

スモール釣ったの初めてだし、わざわざ野尻湖まで行かずに済みました。

そもそも野尻湖、行くつもりも無いけどね。

釣った場所は、公に出来ないので

長門川〜佐原大橋の間とだけ言っておきます。

この後は、40を釣って終了です。

しかし、写真は無しです。

40の写真を撮ろうとしたら、バッテリー切れで・・・残念w

流石に半年以上、無充電だとバッテリーが上がる見たいです(笑)

タックル
ロッド:ウエダ Pro4 SGB-62B 
リール:シマノ カルカッタ コンクエスト100
ルアー:シャロークランク

土浦港 釣れね〜

2010.05.30

昨日に引き続き、友人Mと またまた14:00から

昨日の漁港〜土浦港を回ったのですが

タイトルの通り 釣れずに坊主でした。



最後に行った、土浦港は

正直どうやって釣ったら良いのか 私には解りませんでした。

多分、バスはボート下でサスペンドしているのでしょうが・・・

それにしても 土浦港は人が多いですね。

霞ヶ浦

2010.05.29

友人Mと今度は、霞ヶ浦へバス釣りです。

いろいろ有って、14:00〜の釣行となりました。

場所は、大山スロープです。

5月にしては凄く寒く、風も強い日だったのでスピニングでの

スプリットショットで攻め

20cmと30cmの子バスを釣ることができました。


20cmの子バス


チョット サイズアップの30cm

この間、友人のMは釣ることが出来ず 場所移動です。

次に向かったのが大須賀津にある漁港

ここで、友人Mが40cmをキャッチしたところで、本日は終了です。

タックル
ロッド:ウエダ Pro4 SSS-610B
リール:シマノ バイオマスター2500MgS
ルアー:スプリットショット+4”ストレートワーム

八間川 45cm

2010.03.22

今日もバス釣りです。

風が吹く前にと午前中の釣行です。

場所は、いつの間にか有名?になった八間川

なぜ有名に?あんなに小さなフィールドなのに・・・

ヘラでは、昔から有名でしたが


今日も昨日に引き続きハードルアーで押し通しました。

そしたら釣れましたバイブレーションで45cmが



ニゴイですけどね。

シッカリと口にフッキングしてました。

それと、こんな大きな鱗もかかりました。

60mmあるバイブレーションが殆ど隠れてしまいます。

この鱗の持ち主は、いったい?



タックル
ロッド:ウエダ Pro4 SGB-62B 
リール:シマノ カルカッタ コンクエスト100
ルアー:TDバイブレーション(サスペンド)

そうそう、今回バスは釣れませんでした。



2010 初バス

2010.03.21

今日は、天気は良いのだが先週に引き続き風が強い為

川系は諦め、風があまり当たらなそうな

坂田ヶ池へ、前回のリベンジに行きました。

当然、ルアーはサスペンドシャッドです。

遊歩道側を30分程流したら、33cmと30、27cmの計3本が

釣れたので満足して終了です。


33cm

釣った魚、全てが岸ギリギリでヒットしました。


タックル
ロッド:ウエダ Pro4 SSS-610B
リール:シマノ バイオマスター2500MgS
ルアー:サスペンドシャッド(スピンムーブシャッド?)

折れました・・・

2010.03.14

利根川支流にバス狙いに行ってきました。

この支流では今時期、丁度スポーニングバスが入って来る時期のはずなのです。

そこでサスペンドシャッド1本勝負で15:00にスタートしました。

しかし、いくら投げても魚の気配すらありません

しかも、釣り始めてから直ぐに風が吹き出し寒いし・・・

ここで心変わりして、サスペンドシャッドを諦めスプリットショットをやることに

そそくさとリグってスプリットショットをカシめたときにバキッといい音が

プライヤーが折れました、ついでに私の心も折れノーフィッシュで終了です。


折れた、ダイワのフィールドプライヤー-R 103H です。






訪問者数
現在の訪問者数
現在の閲覧者数:
プロフィール

ぽとぽん

Author:ぽとぽん
「ぽとぽん」のブログに
お越し頂き、
ありがとうございます。

利根川本流を中心に
岸から狙うバス釣りに
ついて書いてます。

一匹必釣を目標に
上流は栄橋から
下流は小見川大橋まで
走り回ってます。

決して釣りが上手い
わけではありません。
連続ボーズも当たり前ですが
利根川でバス釣りする方に
少しでもヒントになればと
思っています。

宜しくお願い致します。

メモ
上流域
(栄橋-長豊橋)
中流域
(長豊橋-水郷大橋)
下流域
(水郷大橋-小見川大橋)

カテゴリ
リンク
最新コメント
RSSリンクの表示
月別アーカイブ