FC2ブログ

大多喜城

2012.11.18

久しぶりに城跡に行ってきました。

今回は県内で有名な大多喜城(大多喜藩)、名前は良く聞きますが

実際どんな城なのか全く知りません。

そこで少しググッてみました。

幕末には老中や若年寄を勤めた松平家が収める

2万石の藩で戊辰戦争の際には、幕府軍として指揮を

とった名家だったようです。


そんな大多喜城に実際行ってみると、遺構らしき物が無い・・・

駐車場から本丸に行く途中に「薬研掘り跡」と書かれた看板があるものの

どれが堀なのか解らず撮影なし。

現存する遺構としては、本丸から下を見ると見える

学校内(二の丸跡)の「大井戸」と「薬医門」だけのようです。

「薬医門」は、本丸からだと頭がチョットだけしか見えません。

無論、天守は模擬天守で内部は資料館となってました。


大多喜城の模擬天守です。

天守台には、石垣が使われており石の無い千葉県まで

運んでくるのは、当時は大変だった事でしょう。

資料館には、縄張りの模型があったので撮影してきました。





模型だと、解りやすくて良いですね。

模型を見ると2万石の藩にしては、広すぎる感じがします。

2万石で、この規模を維持するのは大変だった事でしょう。

模型を見ると水堀もあり、「二の丸」には立派な御殿が有ったようですし

せめて「苗木城」規模なら、少しは現実味があるのですが、

しかし、それでも厳しいと思いますが、それを思うと1万石で

城を持つ「苗木藩」は、相当苦労した事でしょう。

スポンサーサイト



坂田城

2011.02.19

通勤途中で何時も気になっていた

梅祭り(坂田城跡)の看板。

家族で梅を見に行こうとの名目で

城攻めです。


この坂田城、なんでも秀吉の北条攻めの際に

北条方へ援軍で、出ている隙に落城したとのこと。

城の規模としては、かなりの大きさがあります。

山一つ丸々、城となっていたようです。

今現在は、本丸と2ノ丸以外は、全て畑となっています。
(半分が梅林です)

しかし、城内は全て畑になっていても、城の周りの

土塁及び空堀が綺麗に保存されていました。





特に、写真の本丸と2ノ丸は手付かずのままで

下草も刈り取られている為、当時の面影が良く残っています。

これで、杉の木も無ければ更に良いのですが。



因みに、これが縄張りの地図になります。

この地図で気がついたのですが、3の丸と4の丸の堺には

櫓台があったんですね。現地では気付きませんでした。

この3の丸から急に防御が強固になった感じかします。

きっと、3の丸がメインの部分だったのかな?

4の丸には腰曲輪もあったようです。


因みに、この日の梅はこんな感じでした。


全体には、2分咲きぐらい?

↓坂田城の場所はここです。↓

土浦城

2010.12.04

今日は、12月なのに快晴で凄く暖かい日だったので

家族総出で土浦市の土浦城、別名亀城(きじょう)へ

久しぶりの城めぐりに行くことに。

家から1時間半程度の道のりを牛久大仏や筑波山を

見ながら、快適なドライブであっと言う間に到着しました。


ここも、街中にある城跡らしく本丸と2の丸の一部が残るのみ

昔の水城の面影は、全くありません

堀の周りを囲んでいる石垣も、まさに今積みましたと言わんばかりの

近代的なもの・・・

ただ、現存建築物も有り、写真の本丸表門の櫓門や複数の門は

当時の物だそうです。



写真の右奥に見える櫓は、再建とのこと。 それにこの櫓、本丸側に窓が付いています。

始めて見ました。

その他に遺構としては、本丸を囲っている堀と土塁があり、この土塁も今までに

見た事が無いくらい低い感じです。人の身長よりも低い、きっと堀と土塀で

守っていたので高くする必要が無かったのかも?

雰囲気は、同じ街中にあるせいか大垣城に似ているような?


昔は、見事な水城だったことでしょう。

上が昔の縄張りです、下が現在の状態本丸と2の丸の一部が合体し

全体が公園となっています。


臼井城

2010.09.12

久しぶりの城ネタ

印旛沼のほとりにある小山に作られた平山城の臼井城跡です。

アクセスがとても楽で車で本丸の真下まで行けます。


(二の丸入り口には、説明文と縄張りの解る看板があります。)


本丸、二の丸共に整備され公園としてなっていて

城の遺構としては、関東の城らしく石垣がなく空堀と土塁が残るのみです。


(本丸の様子で、印旛沼側は結構な斜面になってます。)

特に二の丸を囲っている空堀は、なかなかの大きさがあります。

二の丸は芝生が植えられ、整地されていました。

本丸とは、土橋で繋がれおり本丸も整備され綺麗になっています。

また、本丸からの眺めが良く、印旛沼が見渡せ、昔は印旛沼に囲まれた

平山城だったのではないでしょうか?<
(本丸からの眺めです)

歴史的には重要な城だったらしく、そこそこ規模もあり

江戸時代まで使われていたようです。
(城は好きですが、歴史は?なので怪しいでが・・・

末森城

2010.01.09

毎年恒例の愛知県名古屋市千種区にある

城山八幡宮に初詣に行きました。

個人的にこの神社に行くのが結構楽しみなのです。

なぜかと言うと戦国時代の織田信長の父、信秀が築城した

「末森城」跡だからです。

因みに織田信秀は、この城で病死したそうです。


神社にある地図を見ると城跡の縄張りが良く解ります。

神社の部分が本丸になっているようです。

本丸のサイズからして、とてもコンパクトな城ですが

戦国の城は知っている範囲では、大抵このぐらいの大きさです。

少人数で守るには、適したサイズなのでしょう。

また、この城跡はシッカリと空堀が本丸を囲むように一周残っています。

こんな街中に良く、残っているものだと感心です。


当時は、もっと深いであろう空堀です。

二の丸跡には、愛知学院大学の歯学研究棟があります。

こんな変わった形の建物です。



少し調べたところ、昭和3年当時に建設された昭和塾堂と

いう総合社会教育施設だったそうです。

今日、行った時も学生が出入りしていたので

まだ現役で使用されているようです。



犬山城

2009.07.25

一年ぶり?ぐらいに犬山城へ行ってきました。

これで、犬山城へ来たのは、5回目ぐらいになると思います。

つい最近(5年ぐらい前?)までは、個人の所有物でした。

しかも、国宝の城です。

持ち主は、確か「成瀬」さんと言う女性の方だったと思います。

「成瀬」と言う 名前からすると 歴代城主の方なのでしょう

補修費や税金が高額の為 今は、法人経営に代わってしまいました。

そんな城を今回は、初めてちゃんとしたルートで登城しました。
(今までは、神社ルートばかりを通っていました。)

因みに、神社ルートにある お稲荷さんには、重・軽石?があります
(願いがかなうなら、石が軽く感じるやつです)

お城の方はと言うと、切り堀や、石垣が本丸の周りに少し見る事ができます。

枡形があったと思われる形状も残っていますが、櫓や門は、再建が 1つづつあるのみで

姫路城を見た後では、寂しい感じがします。

しかし、こんなに近くに国宝のオリジナル天守があるだけでも幸せですね。


犬山城 天守

姫路城

2009.07.11

朝4:00に起床し高速で4時間かけ
兵庫県は、姫路に行ってきました。
もちろん、姫路城が目的です。
(今年の秋には改修が始まるので、その前に行ってきました)

流石、世界遺産の姫路城!
城郭の規模が違います。
それに、天にそびえ建つような感じで
今まで見た事のない感覚でした。

過去には、姫路城以外の国宝城である
松本城、犬山城、彦根城は、見に行った事があるのですが、
それとは、比べ物にならないくらいの凄さです。

松本城、犬山城は、天守+堀程度しか残っていませんし
私のお気に入りの彦根城は、縄張りが結構残っているのですが櫓や土塀が物足りない
(それでも、多い方だと思いますが)


それに比べ姫路城は圧倒的に櫓や土塀の数が多く縄張りもシッカリ残ってます。
これを見ると当時の城郭とは、どうゆうものか実感できました。

そして当時の権力者の凄さが伝わってきます。
重機なしで建てたさせるのですから凄いですよね

それと、天守内に入ると 
ある事に気づくと思います。それは、
階段が登りと下りの2つあるのです。
これには、驚きました、観光客が多いため下り階段を増設しているみたいでした。
世界遺産にこんな改築をしていいの?と思ったりもしましたが
階段が1つだけだと松本城みたいに大渋滞が発生すると思うので
見る方としては、嬉しいような悲しいような・・・




姫路城-搦手側
あまり写真で見る機会が少ないと思うので


天守最上階から左が大手門側


大手門外のお土産屋の通りから
(大手門側は、一大観光地となってましたので食事等に困ることは無いと思います)



今日の一言
一度は、行こう姫路城

流石に日帰りはきつかった・・・
(姫路城滞在時間3-4時間、他の場所に寄らず日帰りw)

岡崎の城跡

2009.05.23

今回は、野暮用で岡崎市へ行ってきました。
そのついでに城巡りを

岡崎城には、過去に行ったことがあったので
事前に行ったことの無い城跡をNetで探すと
「西大平藩陣屋跡」と言う場所を見つけることができました。
厳密には、城跡ではないですが
高速からも近いし ここへ行くことに決めました。

ここは、江戸町奉行で有名な「大岡越前守」が藩祖の陣屋だそうです。
「大岡越前守」が亡くなる数年前に、1万石に格上げされ大名になったと聞いた事は、
あったのですが、まさか岡崎市に陣屋あるとは、知りませんでした。

住宅地の中を少し走ると隠れたように門と土塀が現れます。
隣にある小学校を目指して行くと良いと思います。

この陣屋跡で特に見るものは、ありませんでした。
門と土塀は、最近建てた物のようですし
中に入っても、何もありません
唯一それらしき 井戸が残っているだけで面白みに掛けます。
後は、お稲荷さんと草しかありません。
行かれる方は、覚悟して行って下さい。

それと隣の小学校は昔、陣屋の一部だったのかも知れません。
旧東海道も直ぐ近くを通っており改めて このような建物は、
主要街道沿いに建てているのだと思いました。
(ただ1万石程度で何ができるかは、???ですが)






西大平藩陣屋跡
それと私の記憶が正しければ、「大岡越前守」は、一度もここに来たことが無いはず







どうも消化不足だったので岡崎城へも行ってしまいました。

本丸と二の丸の一部が残っており空堀、堀、石垣等が結構残ってますが
オリジナルの建物は、ありませんでした。
この城跡も東海道の直ぐ側に立てられており、今では、1号線が二の丸の前を通っています。

本丸には、再建天守と神社(結構りっぱ)、売店があります。
結構広い本丸だと思います。

二の丸には、資料館と駐車場、売店があります。
ここは、だいぶ広いです。
きっと御殿があったのでしょう

個人的には、全体的にパッとしていないので物足りない感じです。
きっと、木々がうっそうと茂ってるのが原因なのかも知れません。
(縄張りが見渡せないとイマイチなんですよね)



岡崎城天守もちろん再建天守です。
良く見ると半分から上の石垣は、積みなおしてる?




こんな感じの石垣が残ってます。
木陰でおっさんが昼ねしてますね(笑)

小牧城

2009.03.21

天気も良かったので子供を連れて
小牧城へ散歩です。

この城は、街中にぽつんとある丘の上にあります。(平山城てやつ?)
街中の城としては、小牧山を囲むように土塁が残り、
小牧山の曲輪(木々に埋もれてますが)、外堀も残ってます。
土塁から内側が公園となっていて休日には、
家族連れを多く見かけます。
それに無料駐車場(2時間)もあります。

ただ、残念なのが天守が・・・
これは、仕方が無いのかもしれませんが
いつも思うのですが、こんな天守を立てるのなら無い方が
それよりも、山全体を丸裸にして縄張りの作りを見やすくした方が良いのでは?






土塁 (画面左の方が土塁、写真には写ってませんが右側に小牧山があります)





小牧山山頂にある小牧城天守 

大垣城

2009.01.24

雪舞う中、大垣城へ

大垣市の中心地にある平城跡の為か
内堀も土塁も見た範囲には、それらしい物が無く
本丸と二の丸が公園になっており
本丸跡に模造天守が立てられていました。
遺構らしい物と言えば、
天守周りにある石垣と外堀と思われる川ぐらいでしょうか?
昔は、水堀を幾重にも張り巡らせた城だったらしいのですが…
面影は、まったくありません

模造天守内は、定番の展示館になっており
鉄砲、弓、槍の模造品を直接手に触れる事ができるようになってました。
これは、素晴しいと思いましたが後少し、盗難防止?の紐を長くしてくれれば
更に良いと思います。

因みに、街中を走っていても 建物に隠れてお城は、まったく目立ちません
初め裁判所に気がとられスルーしてしまったぐらいですから(笑)

正直、次回城目的で訪れる事は、無いと思います。


訪問者数
現在の訪問者数
現在の閲覧者数:
プロフィール

ぽとぽん

Author:ぽとぽん
「ぽとぽん」のブログに
お越し頂き、
ありがとうございます。

利根川本流を中心に
岸から狙うバス釣りに
ついて書いてます。

一匹必釣を目標に
上流は栄橋から
下流は小見川大橋まで
走り回ってます。

決して釣りが上手い
わけではありません。
連続ボーズも当たり前ですが
利根川でバス釣りする方に
少しでもヒントになればと
思っています。

宜しくお願い致します。

メモ
上流域
(栄橋-長豊橋)
中流域
(長豊橋-水郷大橋)
下流域
(水郷大橋-小見川大橋)

カテゴリ
リンク
最新コメント
RSSリンクの表示
月別アーカイブ